TOP >作品データベース >カフェ・ソサエティ

カフェ・ソサエティ

みんなの感想/評価
「カフェ・ソサエティ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    38
  • 普通
    8
  • 残念
    0
総ツイート数
4,522
ポジティブ指数86
公開日
2017/5/5
原題
Cafe Society
配給
ロングライド
上映時間
96分
解説/あらすじ
ウッディ・アレン監督が1930年代ハリウッド黄金時代を背景に、きらびやかな社交界(カフェ・ソサエティ)に身を置くことになった青年の恋や人生を描いたロマンティックコメディ。映画業界で働くことを夢見...
Photo by Sabrina Lantos (C) 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tatshead7
    【カフェ・ソサエティ】監督が何度も描いてきた"過去への執着"の話ですが、今作はアレンとヴィットリオ・ストラーロの初デジタル作品ということで、巨匠2人にとっては新しい旅の始まりというのも興味深い作品でした。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【カフェ・ソサエティ】人生はサイテーだ。何ひとつ思い通りにはならない。しかし、そんな人生を実は面白がってもいるウディ・アレンの捻くれっぷりがまたしても楽しい作品でした。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『カフェ・ソサエティ』@ 109箕面観。邦画ならドロドロの昼ドラ風を社交場に集う着飾り纏い装う多々の人々のその中心でロマンスを道化る壱人の男と弐人の女を華やかに…男ってのは…高齢の監督だからこその恋の酸いも甘いをその背景と共に煌びやかに。血生臭いパートは笑いに。第参の幕が…
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『カフェ・ソサエティ』小粋なジャズに乗って紡ぎだされる楽しくも切ない物語にウットリしました。パートナーに何も不満はないのに、目移りして他の人を想ってしまう人間の愚かさや儚さもピリッと伝わりました。女優陣はみなさん素敵。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『カフェ・ソサエティ』選ばなかった道。繋がなかった手。夢はその中にあって私たちを時々切なくさせるのだ。映像も音楽もテンポもまさにウディスタイル。凄いキャストだがみんな出演出来て嬉しかっただろうなぁ。殺人もいいアクセント。さすが名人。
    いいね

    良い
  • ponchansss
    『カフェ・ソサエティ』次々にエピソードが紡がれていって、一気に観て最後に余韻に浸る。そこまできてああいい映画だったと思わせる。夢は夢のままで。今を生きる恋人たちの姿に、あのミュージカルより好みだったと酔いしれる。ヤクザな兄貴も良し!
    いいね

    良い
  • misoco00
    『カフェ・ソサエティ』夢は夢のまま…って大人の余韻なんだろうけど中途半端に感じてしまった。もっとゲスくていいのに。クリステン・スチュワートはリボンやピンクの少女モチーフ似合わないね(・ω・)後半のセクシーでゴージャスな装いがお似合い
    いいね

    良い
  • aniyan_otakoji
    六本木で『カフェ・ソサエティ』。ハリウッドに馴染めないニューヨーカー、(毎度の事ながら)ウディ・アレン自身の話ね。昔のアメリカの空気に酔いつつ、選ばなかった道、過ぎ去った時への想いがじわじわ染みてくる映画。巨匠が3時間くらいかけて描きそうな題材を90分程度でさらりとまとめる潔さ。
    いいね

    良い
  • Yokoteen
    観賞記録。『カフェ・ソサエティ』
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <カフェ・ソサエティ>ジェシー・アイゼンバーグが神経質そうで早口でちんまりしていて、と、ウディ・アレン似。そのせいか美女2人からモテるなど腑に落ちない感じ満載♪ 「ホビット」のバーリン(ケン・ストット)が親戚役。威厳がないなぁ^^
    いいね

    良い
  • 0265sky
    『カフェ・ソサエティ』→続き あの時代の何もかもが凝縮されて詰め込まれたような作品。 そして、本作の魅力の一つは、時代を象徴するジャズでもあるでしょう。 サントラも素晴らしく洗練されております。
    いいね

    良い
  • 0265sky
    『カフェ・ソサエティ』洗練されていてコミカルでシニカルな、やはりウディアレン作品。ジェシーが好きなので、なおたまらない。舞台がハリウッドとNYで別れた分、気持ちボヤけた気もするけれど、そこの対比ありきなので良いのかな。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『カフェ・ソサエティ』人生って「ちょっと満たされない腹八分目ぐらい」がちょうどいいんじゃないかなと思った。仕事、恋愛、結婚、家族。その全てが100%満たされた人生なんてなくて、みんなどこか足りない何かを求めて行きてるんだな
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『カフェ・ソサエティ』@ tohoシネマズ新宿♪夢や志しも環境には抗えないのも分かるし、今にいくら満足しててもかつて選んだかもしれない別の未来を見てみたくなる気持ちも分かる。ついつい欲が出ちゃうもんね…(>_<)
    いいね

    良い
  • TokyoDeafActor
    『カフェ・ソサエティ』驚いたのは監督の安定さ 伊の映像の魔術師も健在であること そしてWヴェロニカの美しさ 昔のハリウッドでは普通かもしれないがユダヤ系の多さにもびっくり 美術も衣装も素晴らしい ビーチの砂の色も素敵 聾芸人より
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『カフェ・ソサエティ』華やかな30年代のLAやNY。キラキラしたファンタジーという雰囲気。でもやっぱりウディさん。ちょっと毒が入ってる。本作のミューズであるクリステン・スチュワートとブレイク・ライブラリーがゴージャズ。 #映画
    いいね

    良い
  • flowermurmur
    『カフェ・ソサエティ』 でもブレイク・ライブリーよりクリステン・ステュアートの方がいいってのは納得いかない(笑)。 家族の色んな話が盛り込まれてるんだけど、どれも最後にどうなるのかはっきりしないまま 「えっ?」 って思ってるうちに終わった。あれがウディ・アレン節?
    いいね

    良い
  • flowermurmur
    『カフェ・ソサエティ』 愛するヴォニーは自分のおじの不倫相手だった。諦めて違う女性を選んだボビー。でもやっぱりヴォニーが忘れられない。そして思いがけない再会。ヴォニーの方も同じ想いなのは、おじにキスされたおでこを無意識に拭いてる仕草に出ちゃってる。これけっこう好きかも。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『カフェ・ソサエティ』コメディだけどスタイリッシュで、一寸ブラック。 見所はとにかくウディ・アレンじゃないと出せない味。どんな味かはもう観てもらうしかない。感想にもへったくれにもなってないけど、この雰囲気を説明できる表現力が無い。
    いいね

    良い
  • nieve822
    【カフェ・ソサエティ】今の生活に大きな不満がなくとも、人は選ばなかった過去に想いを馳せる。人生は美しくも儚くほろ苦い。1930年代のハリウッドとNYを舞台に繰り広げられる恋模様にアレンのスパイスが効いていて◎
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3274movies / tweets
    advertisement

    follow us