TOP >作品データベース >20センチュリー・ウーマン

20センチュリー・ウーマン

みんなの感想/評価
「20センチュリー・ウーマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    62
  • 普通
    11
  • 残念
    0
総ツイート数
5,051
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/3
原題
20th Century Women
配給
ロングライド
上映時間
119分
解説/あらすじ
「人生はビギナーズ」で自身のゲイの父親をモデルに描いたマイク・ミルズ監督が、今度は母親をテーマに描いた物語。1979年のサンタバーバラを舞台に、15歳の少年ジェイミーとシングルマザーのドロシア、...
(C)2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kmrks
    『20センチュリー・ウーマン』(20th Century Women)鑑賞。エル・ファニングの不思議ちゃんがマンネリ。アレな男性にはウケるけど。 #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『20センチュリー・ウーマン』(20th Century Women)鑑賞@爆音映画祭。014 アネット・ベニング良かった。気の強い母とグズグズした子供というよくある構図。 #eiga
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『20センチュリー・ウーマン』マイクミルズの家族物語第2弾は母親を軸に、幼馴染と近所のオネーさんと70年代のそれぞれの女性を生き生きと描いたところに感動する。そして、ここでもエルファニングの足がこの上なく綺麗に撮られている。
    いいね

    良い
  • masurrey
    『20センチュリー・ウーマン』見た
    いいね

    普通
  • polalain
    『20センチュリー・ウーマン』ベニングママが良かった。監督自身と母の実話で彼らをとりまく登場人物も個性的で、この作品のエルファニングは好きだったな。印象に残る会話が多々。幸せかどうか考えたら鬱になる母の台詞。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『20センチュリー・ウーマン』少年の成長物語を狂言回しにして、少年すなわちマイク・ミルズ監督に影響を与えた女性達の生き様を魅力的に描き出した。CMディレクターやグラフィック・デザイナーでもある監督のポップでパンクな映像表現も面白い。
    いいね

    普通
  • rheneas7
    『20センチュリー・ウーマン』偉い!
    いいね

    良い
  • kazu_play2
    『20センチュリー・ウーマン』なんだかヨーロッパ的な匂いのするアメリカ映画。子どもにとっていい成長やいい影響というのは答えが無いから難しいし面白い。
    いいね

    普通
  • frodopyon
    <20センチュリー・ウーマン>自家用車が炎上という衝撃的な場面から始まる作品。テロかと思ったら、 ⇒ http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=84558355
    いいね

    良い
  • akeake10
    『20センチュリー・ウーマン』マイク・ミルズ監督作品らしくお洒落で綺麗な映像。登場人物たちは皆こだわりを持って体制に阿らない生き方をしてるんだけど、だからといって幸せという訳ではないのね・・・主演のA.ベニングがとてもカッコいい。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『20センチュリー・ウーマン』@ 塚口サンサン劇場観。思春期の少年、息子を抱えその思いと擦れ違い噛み合わない母親の思いを中心とし性の諸事情を抱えた男女五人の「壱つ屋根の下」!この妙に痛くもどかしく懐かしさの感触を経て少年は大人に人々は巣立つのだろう。青春の懐古な壱頁。参女優絶品!
    いいね

    良い
  • saman3deka
    『20センチュリー・ウーマン』字幕 鑑賞日: 2017年06月10日
    いいね

    良い
  • mahimahi57
    『20センチュリー・ウーマン』鑑賞。あぁ素晴らしい。もう画の質感からして良い。傑作。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『20センチュリー・ウーマン』ホームコメディだよね。日本のTVドラマにしても面白そうだ。母親は誰がいいのかな。風吹ジュンかな。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『20センチュリー・ウーマン』アネット・ベニングのオカンがいい味出している。目元が涼しげでまっすぐ生きてきたという感じ。息子のジェイミーは羨ましすぎる。パンク娘の社会勉強とカウンセラー娘の性教育。セックスはなしだけど夜になると部屋に忍び込んで横で添い寝してくれるだけで十分だ。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『20センチュリー・ウーマン』これも教育ママの映画だけど性教育なのか。近所のカウンセラーの娘とパンク娘に息子を立派な男にしてくれてと頼む。母親はシングルマザーで仕事と息子を育てることで目一杯だった。題名は「大恐慌時代の女」という意味で、日本だと「昭和の女、戦時生まれのオカン」か。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『20センチュリー・ウーマン』今が幸せかって?そんなこと考えるとうつになるわってサラッと言える母親はなんか好き。音楽に対するそれぞれの価値観、粋な写真を使った展開、ユーモラスな会話と好きな要素がいっぱい詰まっていました。
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『20センチュリー・ウーマン』音楽や服飾などの絵づくりは素敵なのだけれど、ストーリーに起伏が無いので空回りしてしまう。結局何が言いたかったのと。エルファニングが美しいのは相変わらず。
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『20センチュリー・ウーマン』彼女らが20世紀を代表する女性なのかどうかは解らんけれど、それぞれの立場での彼との絡みの中でそれぞれが成長していく様というか、感情が表現されていて、さらには窓から入ってくるにムラムラするよね。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【20センチュリー・ウーマン】アート作家らしい色設計とトリッキーな映像表現、音楽の使い方が良く、役者達の"自然な格好良さ"にはため息が出ます。話は私的なものですが、母の愛や成長の輝きなど、普遍的なものが画面から滲む場面もありました。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    2921movies / tweets
    advertisement

    follow us