TOP >作品データベース >パターソン

パターソン

みんなの感想/評価
「パターソン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    55
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
4,553
ポジティブ指数93
公開日
2017/8/26
原題
Paterson
配給
ロングライド
上映時間
118分
解説/あらすじ
ジム・ジャームッシュが「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」以来4年ぶりに手がけた長編劇映画で、「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバー扮するバス運転手パターソンの何気ない日常を切り...
Photo by MARY CYBULSKI (C)2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
    まだ、レビューが投稿されていません

    この映画に関するTwitter上の反応

  • pussy_cocker
    ジム・ジャームッシュ監督「パターソン」鑑賞。 「あなたには才能がある」やら「私には夢がある」やらうっといことほざき、カップケーキ作り、部屋の壁ペンキで塗り変え、洋服カスタムする妻。地下室で詩を書く寡黙な夫。 虫唾が走る。こんなお洒落クソ夫婦の日常なんか知ったことか。不愉快の極み。
    いいね
  • blockhead_kenta
    ジャームッシュの「パターソン」。これ、同じシナリオを別の監督が撮ったら全くつまらん映画になってるだろうなぁ。
    いいね
  • hiddengolden
    「パターソン」めちゃくちゃおもしろかった。監督のオフビートな感じがいままであまり好きじゃなかったけど、この映画はその感じがとても良かった。パイのくだりから金返せエピソードの流れとか最高だったし、永瀬くんの登場から役柄からすべて良かった。妖精かなんかかと思った
    いいね
  • kazu19451
    【極私的映画鑑賞記】 9/12「パターソン」① 「日常」という言葉は一般的には、何も起こらない、退屈な、つまらない、といった形容詞とともに使われる。が、この映画は、そのことに異議を唱える。バス運転手である主人公は、運転中に乗客たちの会話に耳を傾け、彼らのむき出しの欲望に触れる。
    いいね
  • yoshishiko
    映画梯子の最後は桜坂劇場で『パターソン』。日々は習慣の繰り返しでしかないけど、そんな中でも、少しづつ変化と驚きがあることを気づかされる作品。退屈な日々も愛おしくなる(気がするー)締めがこれで良かった^ ^
    いいね
  • dancewithsky
    『パターソン』観ちゃうと大半の映画監督は「もっとちゃんとしないとダメだな……」と思ってしまうのでは。そんなことないかな。。
    いいね
  • susan0smith1985
    『パターソン』、とにかくワンコがかわいくて。かわいくて。 大切なもの、自分の芯となるものを失う喪失感。茫然自失。 同好の士との出逢い、それに勝る喜びはない。 死にかけた心が蘇る気持ち。 枯れ果てた野に恵みの雨が降り、再び芽が出て花が咲く。 とても退屈で、恵みに満ちた日々。人生。
    いいね
  • warawazanonasbi
    ジャームッシュの他の作品観てないから何とも言えないけど、「パターソン」は何でもない日常の画でもハッとするくらい構図とか綺麗なのが多くて、ワナビーたちがジャームッシュっぽい日常系を真似しようと思ってもこの画を作れなきゃただの退屈なものになるだろうなあ。
    いいね
  • tsubu1988
    『パターソン』まじでつまらない。前作と引き続きまじでつまらない。
    いいね
  • Mekapiku
    先週、パターソンという映画を見たけど、僕には退屈な映画だったらしく、生まれて初めて映画館で寝た。。。
    いいね
  • hamn_eri
    お友達に誘って頂いて、映画『パターソン』観てきた。こんな、退屈で美しい作品を観るのは久しぶり。ニュージャージー州パターソンに暮らすパターソンさんが紡ぐ日々と詩。愛情とおかしみ。路線バスから見える街並み。随所に現われる双子。穏やかで静かな気持ちになる作品だった。
    いいね
  • saisighs
    映画「パターソン」。淡々としているけど「かけがえのない大切な日常」、みたいな陳腐な言い方をしないでそれを表現しようとして作られた映画だろうに、ものすごく多くの人が「かけがえのない大切な日常」とずばずば書いてたりするので、もうそれいいから、と思うけど、それ言わずに感想書くの難しい。
    いいね
  • pankosolely
    そんなに探してないんだけど、今のところもの作りする人のための映画のハードさ番付だと ↑ハード セッション 風立ちぬ ミッドナイトインパリ シェフ三ツ星フードトラック パターソン ↓ソフト という感じである 出来不出来とか良い悪いとか面白い面白くないは関係なしで
    いいね
  • sen_ti_nel
    『パターソン』見てきた。なんか、メインテーマの詩そのものみたいな映画だった。地味だけど、観察や描写がきめ細やかで優しい。どこか浮遊感のあるような日常と、わずかに滲む狂気。そして、世界が破綻しそうになるその時に、ほんのわずかな一語で目の前がパーッと晴れる、みたいな。
    いいね
  • OSupercell_DMP
    パターソン 率直な感想は退屈ではあったんだけどそれがある上であの映画の良さがじんわりと沁みてくる
    いいね
  • _necoze_
    「パターソン」いいんだけど期待しすぎてしまった。
    いいね
  • utsu_shun
    『パターソン』、気持ちが豊かになる映画だった。詩人でもあるバス運転手の何気ない一週間を切り取っているのだが、退屈な日常の中でも日々刺激的な出来事は起こり、傍観者としては見飽きる事がない。切り取られた一週間以外の春夏秋冬を想像すると、優しい気持ちになってくる。犬の演技が最高だった。
    いいね
  • aiueonakaneko
    『パターソン』は面白い・面白くない以上に、必要か・必要じゃないかだと思う。
    いいね
  • 7521ry7521
    映画「パターソン」。退屈な映画だった。静かで温かな退屈。振り返ると美しい。
    いいね
  • Kowalski71
    新宿武蔵野館にてジム・ジャームッシュ「パターソン」鑑賞。メタ映画。イ・チャンドンの「ポエトリー」と好対照。映画が成立する条件は何か。鑑賞者が感情移入できなくても主役は主役として存在できる。そもそも登場人物たちにはヒエラルキーはない。予定調和を想起させては鮮やかに裏切る嬉しい映画。
    いいね
    もっと見る Loading...