TOP >作品データベース >パターソン

パターソン

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    93
  • 普通
    9
  • 残念
    1
総ツイート数
5,719
ポジティブ指数93
公開日
2017/8/26
原題
Paterson
配給
ロングライド
上映時間
118分
解説/あらすじ
ジム・ジャームッシュが「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」以来4年ぶりに手がけた長編劇映画で、「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバー扮するバス運転手パターソンの何気ない日常を切り...
Photo by MARY CYBULSKI (C)2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mona45295768
    『パターソン』詩的な言葉の響きが美しく、流れている音楽も静かで、途中何度かうとうとしてしまったけど、つまらないというわけではなくて、映画の温度が心地良いからだ。恋人、バー、マッチ、詩、会話、すべてがいい感じに調合されている。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <パターソン(5)>日常の些細な出来事を淡々と綴った作品で、当たり前だけど、観る度に同じことが起きることに安心する。曲がりくねったあまり広くない道路を、大きなバスが丁寧な運転で進んでいく様子が、パターソン本人に似ていて、愛しくなる。
    いいね

    良い
  • maytofive
    『パターソン』不思議な映画。中盤まではパターソンの行動のリフレインや独得の間合い、そして同居女性のフリーダムっぷりに結構笑っちゃったんだけど、終わってみれば美しい余韻を残す一片の詩のごとき味わい。何気ない事象を慈しむ彼の詩に惹かれた
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <パターソン(4)>月曜日に出掛ける時、静かにそっと玄関を閉めるパターソン。マーヴィンと散歩に出かける時は、『パタン』と普通に閉めているので、やっぱりローラが目を覚まさないように気を遣っているんだなぁ♪ 4人の詩人、誰もが素敵だね。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <パターソン>一番笑ったのは、いつもなぜか傾いているポストボックスの謎。 ⇒ http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=85275465
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『パターソン』目黒シネマ
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <パターソン(3)>観るたびに、より好きになる♪ 妻の名前は"ラウラ"なのね。パターソンが夕食後にバーに行くのは、妻はアルコールを口にしないから? 彼女はベジタリアン? キヌアと芽キャベツとカップケーキと、ピザ? ・・・んな妄想^^
    いいね

    良い
  • Movie_oftheDead
    『パターソン』同じようで少しづつ違うパターソン氏の日常は、劇中のモチーフである詩に習って韻を踏んでいるようであるし、そう考えると、この映画自体が詩のようなものであって、そこで穏やかで美しい彼らの日常が詠われているようにも思えてきた。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <パターソン(2)>やっぱり、大好き! パターソンが作る詩が画面に載るのが嬉しい。アダム・ドライバーの低く深い声を、単語を確認しつつ聴ける。彼が唯一怒る場面、『お前なんか嫌いだ』って相手から離れたとこで囁くの。どんだけ優しいんだ。
    いいね

    良い
  • tomoz119
    『パターソン』犬飼いたいっ、て待て。そういう事じゃない。マッチ箱ほどの価値も感じてない日常の中の所々に美が感じられるようになってからだ。ヒントはもらった。あーはんからでさえ感じられる程の達人になったら犬飼おうかな
    いいね

    良い
  • hachimusica
    バス運転手として日々を送る主人公の日常を描いただけの映画ですが、その地味さと独特の間が素晴らしい。映画に見慣れた我々が探しがちな伏線を軽やかに無視した、至って普通の生活。寡黙な主人公の内面を饒舌に語る詩の数々が印象的です。
    いいね

    良い
  • ta2mix910remix
    『パターソン』my映画館2017#106> これぞジム・ジャームッシュ監督ってな格別な後味に、Uh-huh(笑) パターソン市のバス運転手のありきたりの8日間を描いただけだが・・・もちろんジャームッシュ流に詩的に愛おしく。
    いいね

    良い
  • Stigrin
    『パターソン』新宿
    いいね

    良い
  • ohtaniya74
    映画『パターソン』鑑賞@アミューあつぎ映画.comシネマ。パターソン市に住むパターソンさんの日常映画。大きな事件は起こらないが、それがいいのだ。ペットのブルドッグ、マーヴィンがある意味、主演に見えた(笑)
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『パターソン』癖になる顔アダム・ドライバー目当て。端からみればバス運転手の単調な1週間が、詩人のパターソンからみると滝のある街の風景が美しく映り絵になる詩的な毎日。イングリッシュ・ブルドッグのマーヴィンは実は雌の保護犬なんだとか。
    いいね

    良い
  • koring95
    『パターソン』同じようで少しずつ違う毎日を切り取った詩のような映画。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『パターソン』バスの運転手であり詩を紡ぐ日々。全体うつくしい絵でした。よかったです。わんこかわいい。日本人の詩人はインテリですね。そしてあんな可愛らしい奥さんが居て羨ましいと私が思うのだった。恥じる気持ちになったわ 還暦越えて。。
    いいね

    良い
  • haitaka1231
    『パターソン』なんか我ら夫婦を見てるような映画だったw
    いいね

    良い
  • snow200
    『パターソン』鑑賞後、新しい紙の臭いがするノートが欲しくなった。PCやスマホに入力するのではなく、万年筆で言葉を紡ぎたくなる。日々何もないようだが、違いがある日常を愛でる、感情や言葉を大切にしたくなる、そんなポエトリー映画。
    いいね

    良い
  • mahimahi57
    『パターソン』鑑賞。別に大事件は起きないけど、細々としたちょっとした問題が起きるのが日常だよなって思うよね。日常なんて淡々としたものなのかもしれないけど、それが愛おしくもあるんだよな。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...