TOP >作品データベース >午後8時の訪問者

午後8時の訪問者

みんなの感想/評価
「午後8時の訪問者」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
79%
  • 良い
    66
  • 普通
    13
  • 残念
    1
総ツイート数
1,314
ポジティブ指数93
公開日
2017/4/8
原題
La fille inconnue
配給
ビターズ・エンド
上映時間
106分
解説/あらすじ
「ロゼッタ」「ある子供」でパルムドールを受賞し、カンヌ国際映画祭の常連として知られるベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督作品。ある日の夜、診療受付時間を過ぎた診療所のドアベル...
(C)LES FILMS DU FLEUVE - ARCHIPEL 35 - SAVAGE FILM – FRANCE 2 CINEMA - VOO et Be tv - RTBF (Television belge)
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • araoji
    『午後8時の訪問者』を観る。 診療終わりに訪ねてきた女性の死体が見つかり、その身元を調べようとする女医の物語。 女医として優秀で優しいが、人間関係で起こった事件に対応しなかった自らを責める姿が、トゲの様に引っ掛かってくる。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『午後8時の訪問者』(La fille inconnue)鑑賞。049 外国籍の人が増えた日常を描いているが、作り方がサスペンス。すぐそこにある日常。 #eiga
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【午後8時の訪問者】登場人物たちが胸の底に押し込めた真実。そのどれもが誰にも言えないけれど、誰かに"聞いて欲しい"もので、亡くなった少女の声を"聞かなかった"主人公が彼らの本音を聞くことによって救いがもたらされる構成に感動しました。
    いいね

    良い
  • koba84Q
    『午後8時の訪問者』自ら救わなかった命への慚愧から事件に関与してく過程はサスペンスフルなんだが、結局社会派というのかフランス社会の閉鎖性垣間見る。奥まった診察室から終始診療所の狭い入口を通し外部を探ってるという描写。狙いにいらつく
    いいね

    普通
  • nani1tenda
    『午後8時の訪問者』日々の激務をこなしつつ、事件の真相を追う主人公。束の間の一服シーンでは思わずお疲れ様と声をかけたくなる。周りからほっとけと言われても、最後までやり遂げる強い意志を持った彼女はとても尊敬できます。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『午後8時の訪問者』ザ・ミニシアターってテイストで個人的には好きな部類なんだけど、サスペンスタッチで盛り上げた割にはクライマックスが尻すぼみで、やや残念。もうちょっと単館系かエンタメのどっちかに振り切ってほしかった。
    いいね

    普通
  • HayashiNoOto
    『午後8時の訪問者』ミステリー系の映画だと思って観賞したものの、それどころではない作品でした。1人の医師の姿を通して描かれるのはフランスのみならず世界中の人が抱える心の闇と脆さ。終始漂う不安な空気の中、主人公の逞しさに救われました。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『午後8時の訪問者』淡々と真相究明する姿と自身の医師の仕事を全うする姿が全てのこの映画。音楽や派手なアクションシーンなどはなくても、彼女の真の人間性や生きる道しるべがわかり共感。確かに地味ではあるがラストは救われる思いがした。
    いいね

    良い
  • Warbird215
    『午後8時の訪問者』期待してたけど自分は好みではない映画でした。もう少しひねりが欲しかった。
    いいね

    普通
  • Limawano55
    『午後8時の訪問者』所々寝てしまった、後悔。レンタルでちゃんと見直さないと。解決や達成の話ではない。ある意味色のない生活だった彼女の日々に血が通った。でも彼女の意志の強さがそれを生みだした、すごいひと。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    午後8時の訪問者・表情のないまま生きているような若い医師と研修医とのやりとり。不協和音ながらも一生懸命に過ぎて行く時間だが果たして自分は何をしていたのか。突き動かされる彼女は社会の人々とかみ合わない。見えてくる者の中、温かさはある。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『午後8時の訪問者』別に事件を解決したいわけじゃない、ただただ自分が救えたかもしれない少女の名前を知りたいだけのジェニーの行動が知らず知らず犯人を追い詰め、思わぬ形で物事が解決へと動いていく。温かいハグに涙がこみあげた。
    いいね

    良い
  • haripote40
    『午後8時の訪問者』主人公の女医の表情の乏しさが、これまでの彼女の人生を物語ってるようだ。彼女が診療所で診察する患者たちは彼女の対極で生きてきた人たち。きっちりドアを閉めるシーンが印象的。鍵の閉め方が変化していくのは演出? #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『午後8時の訪問者』時間外のブザーを無視したことから始まった物語。恩師の診療所を任され、研修医を指導し、新たな職場も決まっていたある意味エリートな彼女が、1人の名も知らぬ女性の死をきっかけに人に寄り添うことの意味を学んでいく #映画
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <午後8時の訪問者>うおー、ラスト5分前で意識が飛んだ^^; なので勝手に妄想すると、ジェニーは少女の服装から“属性”を類推し、社会からどういう扱いを受けるか想像できたから彼女を個人として識別できる名前を知りたかったのかな。なんて。
    いいね

    普通
  • chiaki_hayashi
    『午後8時の訪問者』②ジェニーは墓を用意し、せめて名前を刻みたいと少女の写真をスマホで街の人々に見せて回る・・・。タルデンヌ兄弟の前作『サンドラの週末』のヒロイン(マリオン・コティヤール)は、挫けて自殺しようとするほどのか弱さを見せながら、最後に自身の尊厳を守り抜く選択をした。
    いいね

    良い
  • chiaki_hayashi
    映画『午後8時の訪問者』①こんなふうに堅固な意志の力をもつヒロイン像が造型されたこと自体に、何よりも打たれる。郊外の小さな診療所。診療時間を過ぎて鳴った呼び鈴に、医師のジェニーは応じなかった。翌日、身元不明の死体となって発見されたのは防犯カメラに映っていたアフリカ系の少女だった。
    いいね

    良い
  • amgswb2013
    『午後8時の訪問者』鑑賞 罪と罰、些細な事が大きな引き金となりその事が様々な人物を苦しめると言うコンセプトは分かるが 如何せんこのテーマに対しての着地点が「結局そこ?」なのは残念だった ただ細かい点における反省の描写は好き
    いいね

    普通
  • e_sotihh
    『午後8時の訪問者』単調で眠くなってしまった… テーマは深いんだけど。
    いいね

    残念
  • aoyadokari
    『午後8時の訪問者』女医の視点でドラマが進んでいく。ひとえに女医を演じるアデル・エネルの女優力に尽きる。それと女医を通して見せる社会の様々な人々の姿、それに向き合う女医の真面目さがラストには報われる。極めて真面目な映画だけど退屈はしない。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    coco 映画レビュアー
    GD_momoco
    1634movies / tweets
    advertisement

    follow us