TOP >作品データベース >人生タクシー

人生タクシー

みんなの感想/評価
「人生タクシー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    63
  • 普通
    6
  • 残念
    0
総ツイート数
1,835
ポジティブ指数95
公開日
2017/4/15
原題
Taxi
配給
シンカ
上映時間
82分
解説/あらすじ
イランのジャファル・パナヒ監督が、タクシーの乗客たちの様子から、厳しい情報統制下にあるテヘランで暮らす人々の人生模様をドキュメンタリータッチに描き、2015年・第65回ベルリン国際映画祭で金熊賞...
(C)2015 Jafar Panahi Productions
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 96mazyo3
    政府により監督禁止令を出された有名監督がタクシー運転手に扮しイランの実情を描いたモキュメンタリー映画。画に変化は無いが、タクシーに乗り込む人々の会話から色々な事を考えさせられる映画。映画にすべきテーマは何処にでもあるのだ。
    いいね

    良い
  • ohtaniya74
    映画『人生タクシー』鑑賞@川崎市アートセンター アルテリオ映像館。イランという国の現実をドキュメンタリータッチで描いた映画。これが上映禁止になる理由が説明されても理解不能。それでも映画を作るパナヒ監督に拍手を!
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『人生タクシー』いつもニコニコしてる運転手は度量が広いなあ、と思ったが、彼の素性を知り、改めてこの映画の意味を考えた。車の後部座席(時折助手席)は人生を乗せてるだけなのに、それはイランの社会を照射し、確かに、「映画」になってるなあ。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『人生タクシー』イランで生活する市井の人たちを描き出す監督の意図は成功で、最後の最後がとてもシニカルに終わる点も含めてどんな人も普遍的な人間としての生活をしてるなーとしみじみ感じる。特に姪役の子が饒舌でませててチャーミング。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『人生タクシー』いろんな国の映画を見られてわたしは幸せだなあとしみじみ……監督が若者に勧めた映画が気になりますね。。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『人生タクシー』パナヒ監督は常に口角が上がっていていい人そうだなあ~。事故に遭った夫婦、「間に合うか、死ぬか」のおばあちゃん姉妹には笑ったし、あと利発な姪っこちゃんがとびきりかわいい!!
    いいね

    良い
  • draemori
    4本目、『人生タクシー』 政府の政治的な判断で映画製作を禁じられた監督が「あ、これ映画じゃないです」って撮影した作品のテイで作った映画。おしゃべりな姪っ子がかわいい。
    いいね

    普通
  • Yokoteen
    観賞記録。『人生タクシー』
    いいね

    良い
  • aienkien1959
    『人生タクシー』映画を撮れないパナヒさんが「映画じゃないもの」を作ったら、枠組みを広げて立派に「映画」が成立していたという感じ。イラン人の皆さんがすごく元気でおしゃべりでめちゃくちゃ面白い。姪っ子さんのおしゃまぶりは特筆もの。必見。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『人生タクシー』@ テアトル梅田観。「人生は…」的な比喩の作品だと思ったら…気分であっちへこっちへ見知らぬ人を乗せ相乗りやこちらは知らない他人に愚痴に文句に笑いに時間は守る順位があって何年振りの知人とはそっけなく…狭いながらもカメラ越に見るそれはまさに「人が生きる」さながらだ。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『人生タクシー』鑑賞。キアロスタミが好きな自分だがようやく初パナヒ。窮屈な車内から見えてくるイラン社会とパナヒの映画作家魂。映画は自由でありリアルであり大いなる作りものである。映画という存在の持つ魅力、パワー、可能性を改めて知ったような興奮に包まれる。嗚呼、素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『人生タクシー』イランのタクシーって相乗りするの!?乗車した女性、最後の一人を除いてめんどくさすぎる(そしてイメージを遥かに超えて雄弁)!!などカルチャーショックの連続。どんな状況下にあっても作品を創り続けるパナヒ監督に心から拍手。
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『人生タクシー』意識消失した乗客のときもあったけど、車内だけで問題提起するってすごいね。相乗りのように窓叩きながら乗ってくるお客に私は一番驚きましたが。
    いいね

    良い
  • TokyoDeafActor
    『人生タクシー』を観る前の予備知識はドキュメンタリー しかし鑑賞途中でモキュメンタリーだと気づく それでもかなりリアル ●棒とか●リつながりのストーリーすごい お嬢さん上手拍手 監督の健闘を祈る 映画好きな聾芸人より
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『人生タクシー』ドキュメンタリー仕様のフィクションでコメディーのようでしっかり風刺も効いている。イランの日常会話が面白くも深く、そして恐ろしい。そんなお国柄を嘲笑い、観客にニコニコしながら悪戯するような監督の器量に救われる。#映画
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『人生タクシー』これめっちゃ自虐はいってるよね?乗って来る客が放つ言葉に笑っちゃった。パナヒの姪っ子役?の子 が、まーよくしゃべる!そしてすごくかわいい!で純粋な疑問からけっこう深いとこついてたり。これ見るとパナヒさんが抑制の下で楽しんで撮ってるように見える。実際どうなんだろ?
    いいね

    良い
  • garancear
    『人生タクシー』予備知識なしで見たがモキュメンタリーの名品だった。タクシーの乗客の言葉や振舞いは、意味としてはイランの社会政治体制への辛辣な批判だが、全体のトーンはユーモラス。自らを縛る統制にも笑いで対抗するようだ。姪っ子含め女性達が怜悧で弁が立つ。 #映画
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『人生タクシー』ただ少年は金を返しに言ったが相手にされず、そのまま戻ってきてしまう。タクシーの中でいろいろな出来事があるのをドキュメンタリー風に撮っているが、それも映画だった。最後のオチも含めてアイデアも面白いし、難しい映画ではないのに何よりも映画批評になっている。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『人生タクシー』それでタクシーの中で宿題の映画を撮っているのだった。結婚式の情景を撮っていたら、ゴミ拾いの少年がやってきて、落ちていた金をネコババする。娘の監督が怒って映画が上映できないから少年に金を返してきてという。それであなたもヒーローだしお金上げるからと。ヤラセ映画の現場。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『人生タクシー』イランで上映出来ない映画を箇条書きに述べる。それではリアリズムは撮れないのとか言うのだった。実際に親戚の娘の家にアフガンの若者がやってきて結婚を承諾してくれと言ったが親戚に袋田叩きにあったとか(これは娘の話で映像なし)。家族の禁止にあって傑作が上映出来ないと。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...