TOP >作品データベース >はじまりへの旅

はじまりへの旅

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
84%
  • 良い
    75
  • 普通
    12
  • 残念
    3
総ツイート数
3,645
ポジティブ指数92
公開日
2017/4/1
原題
Captain Fantastic
配給
松竹
上映時間
119分
解説/あらすじ
ビゴ・モーテンセンが大家族の父親役を演じ、森で暮らす風変わりな一家が旅に出たことから巻き起こる騒動を描いたロードムービー。現代社会から切り離されたアメリカ北西部の森で、独自の教育方針に基づいて6...
(C)2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yukitsui
    『はじまりへの旅』子どもたちの将来を考えるとどうかと思うけど、自己流の教育方針で子どもたちをしっかりと育てているのも父の愛ゆえになんだね。家族がバラバラになり、自分の価値観を押し付ける教え方が間違っていたことに気付き反省する父に涙。
    いいね

    良い
  • shamalmaru
    『はじまりへの旅』心の豊かさを育む以上に大事なことなんてあるのだろうか。家族を愛し、意思を尊重し、協調性を育む。Sweet child of mine で泣いた。もっと早く出会いたかった名作。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『はじまりへの旅』ヴィゴがアカデミー主演男優賞にノミネート。最初驚きはするものの視点の移り変わりが自然に行われていて誰もが考えさせられるのではないだろうか。愛の在り方、絶対はないということ。さあ、立ち止まったら次は歩き出そう!
    いいね

    良い
  • mina97ssi
    『はじまりへの旅』ベン(父)と祖父や叔母の言ってること 両方に一理あって、どっちが正しいとか決められなくて…着地点は「ここなんやなぁ〜」 三女サージの可愛らしさ💕笑って、泣けて… やっぱり良作🎬
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『はじまりへの旅』/教育や育児について色々と考えさせられる内容だけど、この父親のやり方がかなり偏っているので賛否分かれるところ。間違っているとも言えず、かと言って正しいとも思わない。学校で学べないこともあるけど、その逆もあるもんな。
    いいね

    良い
  • taro_ufufu
    『はじまりへの旅』って、残された人がどう生きるかだと思う。お葬式は故人の意志とは関係ないと考えてる。故人がどうして欲しいって思っても、残された家族は「それじゃ納得できない!」って思うのもありだし、「故人の意志を尊重」したいってのもありだ。残された人がどう生きるか、ただそれだけ。
    いいね

    普通
  • tomozo0831
    『はじまりへの旅』続き>H・フォードの「モスキートコースト」を思い出したのは、次男がリバーに似てたから。でもこの映画の父親は愛がある。独自の教育は世間から見れば変人だし、子供達の将来を考えると厳しいけれど、見終わった後の幸せ感は何?
    いいね

    良い
  • tomozo0831
    『はじまりへの旅』続き>H・フォードの「モスキートコースト」を思い出したのは、次男がリバーに似てたから。でもこの映画の父親は愛がある。独自の教育は世間から見れば変人だし、子供達の将来を考えると厳しいけれど、見終わった後の幸せ感は何?
    いいね

    良い
  • ikeo0
    『はじまりへの旅』序盤の超自然生活が楽しかったので祖父家のあたりでアメリカ万歳な展開になるのかと少し身構えていたが世界的に評価された作品がそんなに浅いはずがなかった。自己主張と寛容のバランスが生きる知恵ということか。無知は恥じたい。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『はじまりへの旅』鑑賞。社会と隔絶して生活し独自の教育を受けてきた子どもたちが社会と触れる展開は、カルチャーギャップコメディ。だが、あまりにも家族の言動が離れすぎていて見ていられなくなった。子どもたちの自我が芽生えていくことを考えれば、結末の着地点には納得。
    いいね

    良い
  • maispacemailife
    『はじまりへの旅』を観た。パッケージからポップな内容イメージしてたんだが意外と違った。私は当たり前に疑問抱かないひとが苦手だから普通に生活しているひとがそれ以外を変人扱いすることに苛立ちを覚えると同時に、どんなに理想的な生き方であっても極端さは歪さに繋がってしまうのだと感じた。
    いいね

    良い
  • tezurumozuru
    『はじまりへの旅』昔、アドベンチャーファミリーていう映画があったけど、それをハードにした感じ!?親が子の人生にどこまで関わるかは難しい問題。sweet child of mineがあんなに美しい歌詞だとは思わなかったな。
    いいね

    良い
  • miyabi0705
    『はじまりへの旅』結局は父親であるベンがオトナになる話なのね。巻き添えを食う形になった子供たちはホント大変。良くも悪くも「現実」を認識した分、文字通り大人しくなったベンに、一方ではちょっとガッカリも。わがままな鑑賞者でスミマセン。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <はじまりへの旅>バスに家族で乗っていて、ベンと長男がジェスチャーで会話する場面好きだ。 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=83753360&comm_id=2326772
    いいね

    良い
  • 96mazyo3
    根本の問題も最初から父親が弁護士等に相談してれば終わってた話だし、結局の所父親が最低過ぎ。それを「子供達も喜んでるからOK!」で終わらせる脚本、頭に蛆が湧いてるとしか思えない。冒頭で見せつけられる自己流教育も一切役立たずで失笑モノ。
    いいね

    残念
  • 96mazyo3
    『はじまりへの旅』最低。子供に自己流の教育を押し付けた父親とその子供達の物語。「全ては悪気の無い過ち」という言葉から解る様に教育とは何なのかをテーマにした作品だが、結局父親が反省せずに子供達に犯罪行為を一任させて終わりとか正気か?
    いいね

    残念
  • frodopyon
    <はじまりへの旅(3)>子供達にめっちゃ理屈っぽい台詞を言わせてるけど、理屈抜きに好きな作品。音楽が良いよねぇ。なんとなく始まる家族全員でのセッションとか、旅に出発する時にかかる、スコットランドの民族音楽とか。気分が上がるなぁ♪
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    46本目『はじまりへの旅』(@tenpara_tw)。V・モーテンセン演じる父親がカッコよかった。時代錯誤的なその姿勢は現代教育へのアンチテーゼとも言えるが、旅の結果新たな価値を受け入れ変容する家族の在り方もまた微笑ましかった。
    いいね

    良い
  • Settantatre
    『はじまりへの旅』なにしろ子どもたちがかわいくて、困った父さんのビゴ・モーテンセンがまたかわいい。シニカルかつ奇をてらった設定でありながらも、自然な在り様でほわっと笑わせてくれるバランスがいい
    いいね

    良い
  • araoji
    『はじまりへの旅』を観る。 サバイバル的自給自足の生活をする家族が、ある目的の為に旅をする物語。 魚もさばけないがオイラ的に理想的な生活を送る家族で、こう云った生活に憧れがある。 その中でのかぞくの結びつきがとてもいい。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...