息の跡

みんなの感想/評価
「息の跡」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
705
ポジティブ指数100
公開日
2017/2/18
配給
東風
上映時間
93分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
東日本大震災の津波により流されてしまった岩手県陸前高田市の住宅兼店舗の種苗店を自力で立て直し、営業を再開した佐藤貞一さんを追ったドキュメンタリー。津波で住宅兼店舗を流されてしまった佐藤さんは自力...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
    まだ、レビューが投稿されていません

    この映画に関するTwitter上の反応

  • nihaku
    『息の跡』素晴らしかったな。被写体のおじさん、感じのいい人ではぜんぜんないんだけどたいへん見上げた人物でこちらが恥ずかしくなるほど。またそれをしっかり捉えてるカメラがまじでやばい
    いいね
  • ni_ssy
    映画「息の跡」のこと。まだじわじわくる。佐藤さんって、僕は苦手な印象なんですけど、映画を通じて好きになってる。佐藤さんが作った本が、ある程度売れてるのは良かった。読まれないままの本に意味はないとまでは言わないけど。そして、この映画も、ちゃんと色んな人に届いてるのも良かった。
    いいね
  • ni_ssy
    息の跡② でも、震災に関する手記をあえて英語と中国語で書き始めるのは、かなりエキセントリックな行動だ。ちょっとした狂気、にも見えた。「風の波紋」のトークショーで知った今作。その際、あるネタバレを知ってしまったけど、知らなければ、その”狂気”の理由に、最後は少し泣いたかもしれない。
    いいね
  • fuca1meme
    ようやく『息の跡』観れた!とても良かった。馬鹿みたいな感想だがすごく元気になれた(笑)ちゃんと元気の出る映画というのは珍しいのでは。なんとなくケーブルホーグのバラードを思い出した。佐藤さんと監督の小森さんの会話がとてもいい。鑑賞後は元気が出たのでとりあえず梅田から難波まで歩いた。
    いいね
  • suisenteikyohji
    小森はるか監督の「息の跡」。佐藤貞一さんが地域のご神木の年輪を推定するシーンがある。「たとえ樹齢が千年でなくてもいいの。拝む対象だからね。」(大意)と話す佐藤さん。「息の跡」を観て「鄙に賢人あり」と思った所以の一つがこのシーンなのだった。素晴らしい考え方だと感じ入った。#息の跡
    いいね
  • 12842987
    本日観た小森はるか監督の映画「息の跡」には、私が一昨年出した『海が消えた 陸前高田と東日本大震災』(ハーベスト社)で紹介した「高田松原を守る会」の鈴木善久さんも少し登場する。陸前高田に縁のある人々にとって、高田松原が大震災により消失したことは心のふるさとがなくなったことに等しい。
    いいね
  • george_a_namero
    『息の跡』2017暫定ベスト。
    いいね
  • dokitomo
    今日はポレポレ東中野で『人生フルーツ』と『息の跡』。『人生フルーツ』は津端夫妻の暮らし方といつでも仕事ができる準備をしていた修一さんに惹かれました。『息の跡』は、佐藤貞一さんという希有な人物と、彼の言葉をすくいとり人々の記憶に残る記録を残した小森はるか監督にただただ感謝。
    いいね
  • suisenteikyohji
    「波のした、土のうえ」「息の跡」を続けて見られたのは大変に素晴らしい鑑賞経験となりました。特に「波のした、土のうえ」は劇場で観たほうがいいような。また、もう一度観る。
    いいね
  • cine_river
    『息の跡』も素晴らしいホラー映画。ラストはなぜか『悪魔のいけにえ』を思い出させる。
    いいね
  • waremokouko1
    盛岡アートフォーラムで小森はるか監督「息の跡」素晴らしかった 津波の被災体験を、独学した外国語で書き表そうと奮闘する陸前高田のたね屋 佐藤さんの姿に、天災地獄だった岩手で理想郷を思い描いた宮沢賢治や、亡命先で取得した外国語で小説を書く作家が重なった 重苦しい体験、との向き合い方
    いいね
  • panda_pitch
    ぐええ...「息の跡」、間違いなく今年のベストです
    いいね
  • Penguin_to_Ice
    ポレポレ東中野で息の跡見ました。素晴らしい映画でした。痕跡のために遺された自分ができることを捜して実践しているおじいちゃんと、その痕跡を痕跡たらしめるためのフィルム。最後の彼のことばには動揺してしまった。薦められずにはいられない映画。
    いいね
  • hacipoci
    小森はるか『息の跡』 頭の中で繰り返しその断片をなぞっている。この先、小森さんの新作を観られる時代に生きることが嬉しいな。パンフレットを買うのは久しぶりだけど、このパンフレットがまた素晴らしくて繰り返し読んでいる。
    いいね
  • hideonakatan
    「息の跡」は優れた映画はドキュメンタリー、劇映画という垣根など易々と越える最良の例だろう、佐藤さんの「悔しさ」は「これをしかと撮っておけ!」と言う気迫と小森さんの「これぞ逃すまじ」という執念が切り結んでいた。
    いいね
  • ship_ahoy
    小森はるか『息の跡』数日経ってさらにじんわり。母国語で書くにはあまりに悲しみが大きくて、べつの言葉を選んで書きはじめた佐藤さん。一枚だけ書こうと思っていたのに、書いてみると言葉が溢れでたこと。書いて出版することで、誰かにおぼえておいてもらうこと。本を出すとは、どういうことなのか。
    いいね
  • ugougorunrun
    坂元さんドラマを毎回奥深い読みで楽しませてくれている方が「息の跡」を観て素晴らしかったと言っておられる
    いいね
  • otogisyrupz
    『息の跡』のオープニング、1カット目にFXで被災地を長回し、この場所とその深刻さがわかった。3カット目は緩い構図、端っこのタンクに落書きが書かれててこれは笑ってもいい映画なんだって思った。そういうカットって地味だけど、観る側の余裕を与えてくれるからすごい好きだ。
    いいね
  • matchpointinc
    「曇天吉日」や『もらとりあむタマ子』でもクリーニング屋さんやスポーツ用品店で黙々と働く康すおんさんの姿を通しニホンの働くおじさんとでもいうべきキャラを描いてきたが、たね屋の佐藤さんが主人公の『息の跡』は働くべきその場所の礎を立ちあげてゆくかのような明るい孤高さが素敵だったなぁ。
    いいね
  • nanbaincidents
    『息の跡』はきっとすごい作品だという予感があるので、ぜひ行くつもりだけど、関連作品『the place named』は1週間だけの21:10からのみと知って慌てるナリ。行くなら今日しかないけど、行けるだろうか。。。こういうハラハラはいやだなあ。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    yukigame
    1671movies / tweets
    advertisement

    follow us