TOP >作品データベース >ユリゴコロ

ユリゴコロ

みんなの感想/評価
「ユリゴコロ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    35
  • 普通
    8
  • 残念
    0
総ツイート数
4,061
ポジティブ指数93
公開日
2017/9/23
配給
東映、日活
上映時間
128分
解説/あらすじ
沼田まほかるの同名ミステリー小説を、「僕等がいた」の吉高由里子主演で実写映画化。「君に届け」「近キョリ恋愛」の熊澤尚人監督がメガホンをとり、「人間の死」を心の拠り所にして生きる悲しき殺人者の宿命...
(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • nozawa_gekijo
    『ユリゴコロ』人はユリゴコロが無ければならないのか。あなたと出逢ったハハゴコロ。あなたと出逢ったコイゴコロ。生まれて初めて嬉し過ぎ。弾けて消えそな悲し過ぎ。現在過去未来。どうかその血をかくまい。次代に分け合い。どうか助け合い輝けよ。
    いいね

    良い
  • bluemilk3
    『ユリゴコロ』 人格障害なのか、人の死に強く魅かれる主人公。猟奇的ではあるけれど…焦点はそれより、それをも包み込んだ一つの愛の形。人との出会いや縁もうまく繋いでいると思う。好きです。優しい作品だと思う。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ユリゴコロ』現代の「怪談」か。殺人鬼の「女の一生」。「雪女」とか「鶴の恩返し」の逆パターン。男に救われる。ホラーだけどラブストーリー。ドラマは面白いけど役者の演技が過剰すぎかもしれない。ホラーだからか。子供時代は不気味すぎて殺人鬼だからね。異常なんだけど愛された女の儚い人生。
    いいね

    普通
  • KJ_LINE
    『ユリゴコロ』死を拠り所として来た人間が初めて人の優しさに触れた時の戸惑いと喜び。自分に幸せを与えてくれた人の幸せを奪ったのが自分だと知った時の衝撃。互いに相手を思うが故の葛藤。各々の関係が最終的に結び付いていく気持ち良さがあった。
    いいね

    普通
  • yagi_gabu
    『ユリゴコロ』イヤミスになるのかな?面白かった。肉を切る痛みを想像せるようなシーンは苦手だけど、必要な演出だったのかも。吉高由里子が良かった。いつの間に上手になったんだろ?暗い話の中で桃李君の店の後輩男子はいいアクセントだったなー
    いいね

    良い
  • towa0809
    『ユリゴコロ』原作を読んだ時も殺人の場面はひどいと思ったけど、映像になると更に生々しくて残酷でした。でも、美紗子と一緒にボロボロ泣いてしまった場面もあり、本当に不思議な世界観。淡々と殺人者を演じる吉高さんも良かったし、佐津川さんも気づかなかったぐらい別人のようでした。
    いいね

    良い
  • 624ken
    TOHOシネマズ錦糸町で『ユリゴコロ』を鑑賞。実家で見つけた殺人鬼の手記。原作読んだのに忘れてた。人の死に魅入られる人って怖いですね。哀しき運命だった。血の描写多めでなんかゾワゾワしちったなあ。おもしろかったです。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ユリゴコロ』結構凄惨なシーンが多く、苦手な人は要注意ですね。病んでいる吉高由里子の無表情さがいい。共依存する佐津川愛美がまたいい。ホラーが、後半は愛情物語へ。やや、ご都合主義も感じないわけでもないが、最後まで緊張感が漂う作品です。
    いいね

    良い
  • zeiramu2
    『ユリゴコロ』殺人鬼という事やけど結構きっついの来るよね!アカン人結構いたんやないかな?そして後半は愛のストーリー!吉高由里子がとにかく良きかな。暗の部分を演じるんがやっぱ上手いっすよね。とやっぱ佐津川愛美はええ! #17映予
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『ユリゴコロ』。是非もの。ホリプロオールスターズ凄い。吉高由里子に引きずり込まれる。ただ残念なのは色んな意味で箸の持ち方。これも演技の訓練に入れた方がいいかと。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ユリゴコロ』ひねり過ぎてぎこちなさが残った印象。そもそも猟奇ホラーから愛の物語に持って行くって設定に無理がるよね。前半はかなりグロいので、スプラッタホラーが苦手な人は要注意!退屈だけはしなかったけど。。。絶賛はし辛い。
    いいね

    普通
  • writelefthand
    映画『ユリゴコロ』数えたカットは1138。吉高由里子の表情が変わらない様子がとてもすごい。いつその鉄仮面が崩れるのだろうとそれだけではらはらしてしまった。また、前半登場する精神バランスギリギリの女性を演じる佐津川愛美もよかった。リスカシーンは痛そうで……。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ユリゴコロ』鑑賞。途中までは、ユリゴコロと美紗子の関係性や語られる物語と現代パートの関係性などぐいぐいと引きつけられて鑑賞した。しかし、最後の謎解き部分の解がどうしても私好みではなく、失速。原作小説もそうなのだろうとは思うが、途中まで好みだけに……。
    いいね

    普通
  • yuzutsuki
    『ユリゴコロ』原作未読。人の心は割り切れないというか…だからこその運命、なのかな。過去と現在行き来するけど、混乱するどころかグイグイと惹き込まれていくね。吉高ちゃん、はまり役だったかと。後、佐津川ちゃんもやっぱりうまい。
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『ユリゴコロ』松坂桃李の演技は大袈裟でわざとらしいが、吉高由里子が原作の異常というより得たいの知れない女性像を見事に体現。「由里子」と「ユリゴコロ」の相似は、偶然にしては出来すぎ。しかし、殺人鬼だとしても最後の殺しはムリドコロ(笑)
    いいね

    良い
  • okayadomidorin
    『ユリゴコロ』①ミステリー的な部分は見ていれ ばすぐに分かってしまうのと、喜怒哀楽という感情が全くなく生まれた人間が他者からの深い愛情によって感情が生まれるということがあるのか?という疑問もあり、中途半端感が拭えないと思うのに、
    いいね

    良い
  • trustpine
    ユリゴコロ、見ました。原作は沼田まほかるのミステリーで、人の死ぬ瞬間を見ることが心の拠りどころとして殺人を繰り返す女の人生を描いた作品。サイコ・スリラーから純愛ラブストーリー、そして家族愛と移り変わるお話しですが、中盤少しだれるのが残念です。松山ケンイチと佐津川愛美がいいですね。
    いいね

    普通
  • brindledcat
    『ユリゴコロ』と書かれたノートを読んでしまったばかりに、自分の中に潜んでいたそれに気付いてしまう。展開が面白かった。小説読んでいなくて、同僚が話す内容とだいぶ違うのに驚いた。小説、もっと面白そう。読んでみたくなった。
    いいね

    良い
  • pachupa410
    『ユリゴコロ』手記前半の生々しさや演出はゾワっとする魅力があった。色彩も毒毒しい感じがあって不気味さを際立たせていた。ただ後半にかけて感動に持ってこうという意思が見られ過ぎて冷めた。そのせいかテンポも悪くなり前半のカロリーの高さもあってだれてしまった感じ。原作改変も相まって残念。
    いいね

    普通
  • It_is_empty
    『ユリゴコロ』そして父になるの別の切り口、血の繋がりというものを考えさせられる。病室に光りが差し込むあのラストシーン、少し綺麗に描きすぎではないか?そんな単純なストーリーではないだろうに。見てきた2時間の重みとは釣り合わないでしょ。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    2873movies / tweets
    advertisement

    follow us