TOP >作品データベース >未来よ こんにちは

未来よ こんにちは

みんなの感想/評価
「未来よ こんにちは」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
69%
  • 良い
    27
  • 普通
    10
  • 残念
    1
総ツイート数
772
ポジティブ指数92
公開日
2017/3/25
原題
L'avenir
配給
クレストインターナショナル
上映時間
102分
解説/あらすじ
「あの夏の子供たち」「EDEN エデン」などで注目されるフランスの若き女性監督ミア・ハンセン=ラブが、同国を代表する大女優イザベル・ユペールを主演に迎え、孤独や時の流れを受けとめながら、未来を信...
(C)2016 CG Cinema・Arte France Cinema・DetailFilm・Rhone-Alpes Cinema
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • nani1tenda
    『未来よ こんにちは』身勝手に離婚を切り出され、落胆しつつもクールに受け流すユペールさん。さすがです。押し付けがましく無い人間ドラマなので、淡々と楽しんだ。
    いいね

    良い
  • TokyoDeafActor
    『未来よ こんにちは』ユペールさんの哲学教師役に全く違和感なし フランスの哲学授業に驚く こっちも彼女のもとで学びたい 作家を目指すヒッピーな青年も素晴らしい これからが楽しみ モデルの母役もすごかったな 映画好き聾芸人より
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『未来よ こんにちは』悪い邦題ではないかな、と思っていたけどそこまで前向きな内容でも無いんだよな~ポスターで嘘の煽りもどうかと思うよ… 前向きでもないけど絶望しているわけでもなく人生続くよ。 ユペール様の服は勿論楽しめた。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『未来よ こんにちは』イザベル・ユベールは『母の残像』のほうが印象深い。役としてはコメディでのこの映画のほうが共感は持たれるだろうけど。高校の哲学教師の晩年の生き方を面白おかしく描いている。フランス映画のエスプリの教科書みたいな映画だ。マダムには受けがいいかも。
    いいね

    普通
  • 624ken
    ル・シネマで『未来よ こんにちは』を鑑賞。50代の哲学女教師の話。夫との問題、母親との問題やら、いろいろ起きても、流れのまま凛と生きている感じが素敵ですね。人生まだまだ。パリにフレンチ・アルプスの風景も素晴らしかったよ。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『未来よ こんにちは』予想外の困難に直面した哲学教師の生き方をまっすぐに写し取った人生讃歌というか決意だろうか。まさに主人公の役柄を反映したようである。イザベル・ユペールありきの映画。予想通りの展開にならない教師の強さに感服。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『未来よ こんにちは』ユペール様の年を重ねた美しさは女はハリツヤだけじゃないと教えてくれる。「先生は人生を変えるほどの行動は起こさない」教え子との淡いロマンスは期待と想像で補完する。それが一番幸せなんです。わかる。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『未来よ こんにちは』自然体なのに、凜としている。これがユペール様の美しさだわ!夫の浮気や、我が儘な母を受け入れる事で、完全なる自由を手に入れる女性。ある意味、女性にとっての理想像なのかも。 #映画
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『未来よ こんにちは』@HTC有楽町|哲学がかたわらにあるけれど、人生の波風には人知れず涙することもある。中高年の女性が一人になったとしても、みすぼらしくなく生きていくお手本のよう。サンドレスが似合うイザベル・ユペール、憧れの人。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <未来よ こんにちは>30代の監督が50代の未来をイザベル・ユペールをモデルに映像化、あるいは女性における完全な自由について考察した作品。誰とも適当な距離を保ち、・・・ってそう簡単でもないけど、棚ぼた自由を幸運にするのは自分自身。
    いいね

    良い
  • towa0809
    『未来よ こんにちは』夫の浮気も母の介護もドラマティックには描かれていないけど、颯爽と歩き続けるユペールがただただ格好良い。孤独を受け入れて、自由になった主人公の未来が、きっと素敵なものになるだろうと思える。
    いいね

    良い
  • trustpine
    未来よ こんにちは、観ました。35歳の女性監督ミア・ハンセン=ラブ(仏の西川美和?)がイザベル・ユペールを想定して脚本を執筆したということです。イザベル・ユペールが孤独や時の流れをしなやかに受け入れていくのを好演しているのはさすがですね。それに凛として歩く姿もかっこいい。
    いいね

    普通
  • pharmacy_toe
    『未来よ こんにちは』主人公の女性は哲学の教師で、日々「人生とは何か」について考え教えているけれど、現実は予測不能で驚きに満ちている。あれこれ心配しても、なるようにしかならない。肩の力を抜いて、そのままの自分でいれば良いと思えた
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『未来よ こんにちは』‪鑑賞。ずっと側にいるはずだった人達との別れ。もう若くはないので気持ちの入れ替えも難しい。そんな中、気丈に振る舞うI・ユペールが凛として美しい。前へ進む姿に勇気をもらった。#eiga
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『未来よ こんにちは』 ともあれ、黒猫のパンドラちゃんがカワイイ。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【未来よ こんにちは】いつでも難しい本を手放せぬ哲学教師…熟年からの人生の綻びと世代間ギャップは苦いが、人前では気丈な姿を貫けるナタリーが、ある意味羨ましくも映り、却って周囲から誤解されて風当たり強い人生だったのではと慮る。 #映画
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『未来よ こんにちは』 おフランスの意識高い系な女性の生き様が、地に足がついた描写で描かれる。徹底した個人主義がベースとなった家族観は、ベタな日本人の自分にとっては驚きすら覚える。
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『未来よ こんにちは』ただただユペール様を見て過ごしてました。山、海の景色の中や部屋や列車の中。全て衣装含め素敵でした。
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『未来よ こんにちは』家庭も仕事もうまくいかないお一人様。ベッドの上で泣いてた意味はわからなかったなぁ。彼女が生きる姿はさぁ頑張るぞ!って意気込みも感じられず、自然だったね。
    いいね

    普通
  • johnny_pay_pay
    『未来よ こんにちは』6/10点。 映画らしさがないままで映画にならないような話を語ることに全く臆面もないのがこの映画、監督の持ち味であろう。 出来が悪いとは思わないが、映画の方向性が自分と合わなかったということで。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    besi_sake
    1412movies / tweets
    advertisement

    follow us