TOP >作品データベース >散歩する侵略者

散歩する侵略者

みんなの感想/評価
「散歩する侵略者」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
75%
  • 良い
    63
  • 普通
    13
  • 残念
    9
総ツイート数
13,454
ポジティブ指数87
公開日
2017/9/9
配給
松竹、日活
上映時間
129分
解説/あらすじ
カンヌ国際映画祭ある視点部門で監督賞を受賞した「岸辺の旅」の黒沢清監督が長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己ら豪華キャストを迎え、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。数日にわたって...
(C)2017「散歩する侵略者」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • sackboy_mac
    『散歩する侵略者』いろいろ雑すぎて冒頭から冷めた目で鑑賞してた。とはいえメインの3人の演技はよかったのでそこだけ観てた。今年劇場で観た作品の中でもダントツで駄作。自分は駄作と評することは滅多にないんだけどなぁ、残念。
    いいね

    残念
  • sackboy_mac
    『散歩する侵略者』すごく微妙。登場人物の誰にも共感できない。宇宙人の採る侵略の手段も回りくどいし、人物の心情の変化も理解しづらいし。マルオ君、所有の概念を奪われたって言ってたのに、所有の概念に基いて演説してたのはどういうことなのか。
    いいね

    残念
  • milyfuji
    「ああもういやんなっちゃうなあ。」って言いながら面倒みちゃうまさみちゃんも凄くかわいいし、放っとけない宇宙人龍平もダブルでキュート。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    真宙くんとはせひろのバディ感というかこちらの二人の心情変化もなかなか見せる。予兆の方がホラー感色濃く、黒沢監督らしさも強く思ったから明日の2話が楽しみ。ワンポイント登板の東出くんは左右大きさの違うあの目が不気味なんだと気づいた。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『散歩する侵略者』愛は地球を救うってやつですね。概念を奪うというアイデアは舞台向きな気がした。何より龍平さんが役作りしなくても宇宙人ぽいし、歩き方なんてもうR2C2だったよwまさみちゃんは怒ってばかりいるんだけど心情溢れる演技。
    いいね

    良い
  • trustpine
    散歩する侵略者、観ました。原作は劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台です。SFスリラーを黒沢清がエンターテイメントとして映画化。全体的になんだかなぁという印象は否めません。とにかく長澤まさみの新境地に、安定の松田龍平がいいですね。高杉真宙と恒松祐里のこれからに期待。
    いいね

    普通
  • KJ_LINE
    『散歩する侵略者』所有の概念を失う事で自由になれる。概念の喪失が必ずしも悪いと言い切れ無い。一方、愛の概念があったが故に侵略を最小限に留められた。概念の獲得は喪失以上に意義があるのだろう。概念に焦点を当てたのは中々面白い発想だった。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『散歩する侵略者』エイリアンものだけど安っぽい。「ウルトラセブン」世代には懐かしい感じもする。パロディのようなコメディだよな。人間から概念を吸い取るという。今ある問題(ヘイトや差別や国家の管理体制)取り込んでゴダールみたいな感じなのかな。手作り感覚。学園祭っぽい映画だった。
    いいね

    普通
  • faaaaraway
    『散歩する侵略者』黒沢映画の雰囲気を楽しむ。いつも最新作が集大成ぽい。
    いいね

    良い
  • saaco5909
    『散歩する侵略者』シュールというか不思議感が面白かった。松田龍平ですからwハマってましたよね、こういう役。SFコメディで奇想天外、長谷川博己も面白かったよ。
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『散歩する侵略者』舞台劇の映画化も、舞台ならリアリティのなさを勢いで押しきれるかもしれないが、映画ではとたんに嘘臭くなる。侵略といいながら具体的方法が何も示されない。黒沢清監督が描くざわざわとした空気感がいいだけにモヤモヤが残る。
    いいね

    普通
  • st_yokohama
    『散歩する侵略者』舞台の映画化だと知らずに観てちょっとモヤモヤした。そうか舞台だったんだと解ったらストンと腑に落ちた。オチが読めてしまったのはちょっと残念。複線はもっとさりげなく張らなきゃ!キャスティングはすごく良かったけどね。
    いいね

    普通
  • yoshizombi
    『散歩する侵略者』鑑賞。冒頭は良い。ラストは読めちゃうし、ある意味ハッピーエンド。話が良くできているので、これは黒澤監督じゃなくても、そこそこの出来になるのでは。そういう意味では物足りない。
    いいね

    普通
  • tsururuto
    『散歩する侵略者』登場人物たちの日常のコミカルなやり取りの中に、思考停止状態に因る人類の危機的状態が徐々に進行していくという黒沢監督らしい演出。一般受けするための努力の跡が窺えるが、終盤はいつにも増して黒沢的になっているのが面白い。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →結末には全く納得行かないけれども、だからホラーなのだと思った。そんなつもりじゃなかったからこうしたのに…この結末が一番のホラーだな。『散歩する侵略者』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →主人公の長澤まさみが感情的すぎて、それがもう…女としてものすごく共感できた。そうだよね。夫が記憶を失くして別人のように現れたらこうなるでしょ(…と「何か」に向かって言い聞かせる(爆))。SFだし、ちょいホラーっぽいけど純然たる愛の物語『散歩する侵略者』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『散歩する侵略者』メッセージとしてはアルアルだが決して有り触れた題材に見えないのはさすがの手腕。最初から最後までホラーな恒松祐里、不気味と美しさの融合・高杉真宙、奪える「〇」が無さそうな東出昌大、ハセヒロ「チャオへの道のり」、キャスティングが見事すぎて唸る#eiga #映画
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『散歩する侵略』冒頭の血まみれの女子高生、家に人が引きずり込まれるホラー描写など目に見えない何かの気配を常に感じさせ掴み所がない黒沢ホラーの怖さが際立つ。人間と侵略者が同行するうちに深く繋がっていく姿がリアル。概念化し得ぬ愛に感動。
    いいね

    良い
  • mooovie
    『散歩する侵略者』を鑑賞。イキウメ舞台も見てたけど、舞台だと大きくみえた作品が、映画だと小さくみえた。映像化すると、やはりバックボーンも気になるし、SFの土台というか説得力が少ない気がした。そして、映像化した時の怖さが中途半端だなと感じた。舞台の映像化って越えられない壁があるな。
    いいね

    普通
  • 370sana
    『散歩する侵略者』鑑賞。「概念を奪う」なんて設定、一見難解なようだが、良い意味で誰もがわかりやすい結末へ進んで行く。夫婦の再構築も、息子世代との変わった友情も、全体に漂う不思議な雰囲気も、全てが好きだ。役者さん達の演技も好きだ。いい映画を観れて良かった。#映画
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    d_hinata
    1920movies / tweets
    advertisement

    follow us