TOP >作品データベース >散歩する侵略者

散歩する侵略者

みんなの感想/評価
「散歩する侵略者」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
77%
  • 良い
    60
  • 普通
    12
  • 残念
    7
総ツイート数
13,309
ポジティブ指数87
公開日
2017/9/9
配給
松竹、日活
上映時間
129分
解説/あらすじ
カンヌ国際映画祭ある視点部門で監督賞を受賞した「岸辺の旅」の黒沢清監督が長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己ら豪華キャストを迎え、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。数日にわたって...
(C)2017「散歩する侵略者」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • d_hinata
    『散歩する侵略者』トークショー@新宿ピカデリー♪2回目ともなるとオープニングの家の中で起きてる事が見えるね。初回とは違った印象を持った長谷川さんどっち問題に対してのトークが三者三様の概念があったりで面白かった。 #散歩する侵略者みた
    いいね

    良い
  • fullswing_mizu
    『散歩する侵略者』概念を奪われた人たちの奪われた後の演技が面白かったです。
    いいね

    良い
  • pachupa410
    『散歩する侵略者』黒沢清らしさを持ったSF作品。侵略者たちは見た目は人間なのに映像と音楽で一瞬にして不気味な存在に変貌する。概念を奪うと言う発想、奪われた人間がなぜか解放されたように見える様など斬新なアイデアが良かった。そして侵略モノから恋愛物語へと主軸が変わる様も良い。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『散歩する侵略者』何か馬鹿馬鹿しい話だけど、楽しい。概念を奪うという発想はなるほどと思ってしまう。若い二人のあっけらかんとしているのも、松田龍平のはまり方、長谷川博己の一貫した演技もなかなか。笑いのツボが随所に。好き嫌いは分かれそう
    いいね

    良い
  • noumos_dog
    映画と言うより劇の延長線にある 劇中のいろんなところに矛盾があるように見えるがその分からなさも含めてこの作品の魅力 SFとはかけ離れているので騙された気分になるがファンからは問題にされないだろう 結局は黒沢にノレるかノレないか
    いいね

    普通
  • skullerr
    『散歩する侵略者』こういう話なんだ。ラストはなんか良かったかな。長谷川さんの楽しそうな走り方良かった。松田兄こういう役違和感ないな。
    いいね

    普通
  • fleur_eau
    『散歩する侵略者』概念を奪うのがユニーク。危機迫る状況にもかかわらずユーモラスなのも効果的。女優らのアクティブさに目が釘付けになる。右傾化する現代とリンクする点も垣間見える。侵略SFという題材も古典王道だが、最終結論もまた王道だ。
    いいね

    良い
  • taranokotarami
    『散歩する侵略者』#eiga#genkinomoto#coco SF…いや、ラブストーリーなんですね。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【散歩する侵略者】面白かった!静かに狂っていて、冷静で情熱的。また説明的、類型的でなく、ジャンルすら固定化されていないけれど、娯楽映画にそれらは必要ないことを堂々と示してくれました。松田龍平の正しすぎる使い方も最高!
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『散歩する侵略者』‪鑑賞。宇宙人による侵略の方法も興味深かったが、それよりも鳴海と真治のラブストーリーとして見ていた。また、ジャーナリストと侵略者の間の奇妙な友情が突拍子もなくて面白かった。#eiga
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『散歩する侵略者』まさか黒沢清が「愛は地球を救う」をこんなにストレートに映画にするなんて。クリーピーっぽいオープニングから後は意外にユーモラスだし、アクションパートを1人で担う恒松祐里が可愛くて格好いいのに途中退場なんて勿体ない!
    いいね

    良い
  • ruruo
    『散歩する侵略者』面白かった。長谷川&高杉&恒松トリオのロードムービーをずっと観ていたかった。最後がこう、サンプルをドーンと置いた画とか。
    いいね

    良い
  • zakuromt
    『散歩する侵略者』メインキャラが非常に魅力と個性に溢れ、特に若い侵略者二人の無邪気でありながら異様な雰囲気が最高でたまらないレベル。パンフレットにも書かれていたものの、ウルトラセブンが好きな人には完璧な作品、それこそ概念レベルで
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【散歩する侵略者】原作の舞台物感が残っていたり、リアリティ部分の緻密さが足りなかったりと歯痒いが、鳴海と真治の愛の物語としてはシュール観を超え響いてきた。牧師との顛末は皮肉十分で可笑しい…そう結構各所で笑えた作品でもあった。 #映画
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『散歩する侵略者』宇宙人が地球侵略するにあたり、地球人の調査で、人から概念を奪っていく。人が愛の概念を奪われると。。。ちょっと哲学的。面白いかと聞かれれば、面白いと答える。どこがと聞かれると、答えられない(笑) 
    いいね

    普通
  • Hanashi_Sagashi
    『散歩する侵略者』「ウルトラQ」とか「ウルトラセブン」の地味な回みたいな雰囲気が、個人的にどストライクでしたw 鳴海の妹がああなって、ちょっと“ぞくっ”とさせてからの、天野の両親の描写がサイコーでした!(マジで怖かった…)
    いいね

    良い
  • yuzutsuki
    『散歩する侵略者』何ともコメントが難しいけど、個人的にいまいちハマらず。方向性が定まらない感じがあれなのかなぁ。最初の方の不気味な雰囲気は好きだったけど。俳優さんはそれぞれあってたと思うけど、ハセヒロが一番おもしろい役だったかもな。
    いいね

    普通
  • nekotaimu
    『散歩する侵略者』概念を奪うという斬新な発想がやや抽象的な雰囲気で考えながら不思議な感じで見れた作品。侵略者が側にいながら普通の感覚と自分の感情でいる長澤まさみの役がなんか良い。 松田龍平がはまり役(笑)
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『散歩する侵略者』@ 109箕面観。本当の最悪の事態って自身の全く気付かない内に関係ない処で徐々に…「言っても笑われ聴く耳持たない」と云う危うさがコメディフルと同居して不気味さが漂う。概念と云うより人の数だけ各々の感情でパンクしちまったんじゃ?良作と駄作の狭間で揺れる妙作。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『散歩する侵略者』鑑賞後戸惑ったけどやっぱり面白い!松田龍平の空気の様な存在感が光る。不思議なのにガッツリと感じるものがあり羽目外してるのに収まるとこに持ってくとは何事!と言う、してやられた感じ今でも残る。やっぱり高杉真宙が好きだ!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    sa9237a
    2291movies / tweets
    advertisement

    follow us