TOP >作品データベース >ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジ

みんなの感想/評価
「ハクソー・リッジ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    229
  • 普通
    16
  • 残念
    4
総ツイート数
41,457
ポジティブ指数91
公開日
2017/6/24
原題
Hacksaw Ridge
配給
キノフィルムズ
上映時間
139分
解説/あらすじ
メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。人を殺してはならないという宗教的...
(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『ハクソー・リッジ』鑑賞。戦場の理不尽な暴力性に恐い意味で震え、その中で人を救うべく武器を持たず走り回る主人公の勇気に打ち震える。そして、あの沖縄戦で沖縄は、そして沖縄兵がどうなったのか全然知らない自分に打ちのめされた。あれから70年以上、沖縄を本土は知っていないのかも。
    いいね

    良い
  • azu92828179
    『ハクソー・リッジ』「こッこれが・・・戦いッ!」メルギブソンは私に6月23日を再認識させてくれた。多くの民間人がいた事も。
    いいね

    良い
  • wishgiver2
    『ハクソー・リッジ』超名作☆ドスの信念の尊さをヴィンス・ボーン、サム・ワーシントン他の名演と監督メル・ギブソンの迫真の映像で綴る戦争映画の金字塔!ぜひ多くの人に観てほしいです(^^)ドロシーとの会話も秀逸、これぞ映画!
    いいね

    良い
  • maytofive
    『ハクソー・リッジ』自分の信念を貫き通した男の物語、それに尽きる。人は殺さないしその為の銃は持たないという主人公を守っていたのは敵を容赦なく撃ち殺す兵士という皮肉。舞台が沖縄で敵が日本だとか(或いは戦争も)関係ないとすら。音響凄い!
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『ハクソー・リッジ』 ▼7/11/17鑑賞 【封切上映、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • kc_katsuyuki
    『ハクソー・リッジ』兵役に就きたいが銃の携帯は拒否する主人公。米軍も扱いに困ったろうに、これが日本だったら非国民扱い。たった1発の銃弾で一瞬にして命を奪われてしまう兵士たち。反戦がテーマではないが、戦争の悲惨さ無情さも描かれてた。
    いいね

    良い
  • tomochan2013101
    『ハクソー・リッジ』戦争とは始まるとすぐに人が亡くなるんだと感じました。やりたくないと感じました。そしてこれほど素晴らしい人がいた事に最高の感動を覚えました!まだまだ映画館混んでます!
    いいね

    良い
  • 349cinemayu
    『ハクソー・リッジ』実話。こんな人がいたことに驚き。戦争という狂気しかない空間で、ただひとり違う狂気を信じ疑わない。そんな本気な姿を支える人も出て。このひとも良い。文字にしてしまうと陳腐だけど、これは誰にもできないこと。#eiga
    いいね

    良い
  • damegane_dameo
    『ハクソー・リッジ』良くも悪くもドラマ運びがベタベタ過ぎて中盤まで観て不安になってしまう。後半から沖縄戦に突入するとバイオレンス描写の凄まじさが目立つものの、主人公の良心が戦争の残酷さに一矢報いる展開には胸が熱くなった。日本軍とアメリカ軍の描写が対等な所も良かったと思う。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ハクソー・リッジ】あと、ヒューゴ・ウィーヴィングの演技が本当に本当に本当に最高で、もう思い返しただけで泣けてきます。アカデミー賞はじめ、ノミネートすらされてないのはおかしすぎる!ここ数年の助演の演技と比べても突出してたと思うなあ。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ハクソー・リッジ】信念を曲げない勇気と強さについての物語。奥さんにまで「プライドを捨てろ」と言わせる場面は強烈でした。人にできないことをする、ということの"異常性"をとことん見せていくことで、その凄まじさを痛感させてくれます。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ハクソー・リッジ】戦闘の口火を切るホラー映画顔負けのカットも度肝を抜かれるし、戦場の描写はとにかく驚きの連続。しかし、ショックシーンに期待してたことを忘れるくらい前半のドラマパートが見応え十分だったのも感激しました。
    いいね

    良い
  • ara_shinya
    『ハクソー・リッジ』鑑賞。戦争映画っていうより宗教(信仰)映画って感じだね。まぁ、メルギブだし。いわゆる反戦映画では無いけど、そこは『プライベート・ライアン』以降なので戦争の暴力はきっちりと描いている。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『ハクソー・リッジ』メルギブ監督最新作。信念信仰心を貫く主人公が現実の厳しさの中で信仰を持ち続けられるかを描く。後半はハクソーリッジこと沖縄前田高地戦をアメリカ側の視点から描いていますがゴアな描写が多いのでダメな方もいそう。オススメ
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『ハクソー・リッジ』③強調するようなものではありませんでした』と。そいうことなんだ…良心的兵役拒否者って言葉、初めて耳にしましたhttp://ameblo.jp/bird210bird/entry-12291039682.html
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『ハクソー・リッジ』②が卑怯者に映ってるシーンについてメル・ギブソン監督はこう語ってます。『味方の死体を盾にして突撃するアメリカ兵のシーンと同様、死を前にした人間の性(さが)を描いたものであって、ことさらに日本兵の狡猾さ、残酷さを
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『ハクソー・リッジ』①生々しくてヘビーで目を覆いたくなる残虐シーンの連続。そして日本人がとても卑怯者に映ってる。でも、そんな卑怯者の日本人も彼は分け隔てせず助ける。『汝、殺すなかれ』を貫いていて、彼の平和主義をより印象づける。日本兵
    いいね

    良い
  • komagome_kubo
    『ハクソー・リッジ』浦和で鑑賞。 信念を持ち続け、屈服しない一部の人達が、偉業を成したり、英雄と呼ばれる人になるのかな。 迫力ある戦闘シーンは劇場で見れて良かった。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ハクソー・リッジ』リアルさを追求するメル・ギブソンならではの映像が、随所に出ていて戦争の悲惨さを痛感させられるが、それでもなおひとりでも多くの兵士を助けようと奔走する彼の勇気に心がうたれる。それにしてもあの網はなぜ外されないのか
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『ハクソー・リッジ』やっぱりメル・ギブソン、下地にきっちり「宗教」「信仰」を敷き、描写は凄惨、目を覆う場面多々。戦争の矛盾・不条理さをキョーレツに焼き付けた。鑑賞にものすごく体力使った気がしたよ…。アンドリューの弱そうながら意思の強い表情が必死さ伝わり印象に残る。沖縄戦が舞台。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...