TOP >作品データベース >ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジ

みんなの感想/評価
「ハクソー・リッジ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    231
  • 普通
    16
  • 残念
    4
総ツイート数
41,438
ポジティブ指数91
公開日
2017/6/24
原題
Hacksaw Ridge
配給
キノフィルムズ
上映時間
139分
解説/あらすじ
メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。人を殺してはならないという宗教的...
(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tatsumune
    『ハクソー・リッジ』後半は凄惨な沖縄での白兵戦。その迫力に涙が出てしまい、映画が伝えたがっていたであろう「良心的兵役拒否者」のことは頭に入ってこなかった。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ハクソー・リッジ(2)>数か月前に観たばかりなのに、この作品の戦闘シーンが相当リアルなことを忘れてた自分にびっくりした。忘れてしまったり、慣れてしまったりしてはいけないこともあるのに。今の米国はデズモンドを称賛する懐があるのかな?
    いいね

    良い
  • bamuse47
    『ハクソー・リッジ』スパイダーマンが駆け回るノンフィクション映画。反戦のメッセージがストレートに飛んでくる。何故殺しあいしか出来なかったのか。陣取り合戦の虚しさが胸を打つ?
    いいね

    良い
  • yukiwaki920
    『ハクソー・リッジ』戦争映画を初めて観たけど、映像が凄すぎで、心臓がバクバクした。たくさんの人が一瞬で死んでしまう悲惨な状況で、兵士達は何を思っていたのだろう。2度と戦争なんて、繰り返して欲しくないと心から思った。
    いいね

    良い
  • yukiwaki920
    『ハクソー・リッジ』銃を持たず、衛生兵として戦地に赴き、多くの仲間を救助した主人公の話。あと1人、あと1人と何人もの兵士を崖からロープで降ろし、最後自分が崖から降りた時、感動して涙が溢れました。最後まで意思を貫く主人公は凄い。
    いいね

    良い
  • COLORBAR_ty
    『ハクソー・リッジ』観た。Mギブソンが撮る、銃を持たない米兵の話。戦争の惨劇と破壊描写の迫力が凄まじくて一昨年「野火」を映画館で観たときの衝撃を思い出した。人間性すら欠落する戦場でも決して崩れない信仰心ってもはや狂気の域なんだけど、貫き通す己の信念ほど強い味方はいないんだなあ。
    いいね

    良い
  • yosh_yok
    『ハクソー・リッジ』武器の使用を拒否する兵士ってあきらかに異端者なんだが、法があるとはいえそんな異端者も受け入れる余裕がすごいと思った。
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『ハクソー・リッジ』UCキャナル。‪「銃を持たない」信念を貫き、戦場で75人の兵士を救った衛生兵の姿を描く。ハクソーリッジで主人公が何かに取り憑かれたように戦場へ戻るのは、銃を持って闘えないことの罪滅ぼしのようにも見えたり。。崖から降りて震える姿が一番印象的だった。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『ハクソー・リッジ』人の対比も分かりやすくけっこうエモーショナルでそこは娯楽映画でもあった。エルフのお父さんが心に残ります、えらい。父が沖縄に行かなくて良かった。私いなかった。戦地になった島はとんでもないことでした。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『ハクソー・リッジ』強い男とは、という事を語る映画。伝わる。戦地に着くとそこは地獄だと伝わる化。プレデター的な日本軍も決死の相手に向き合う米軍も、繰り返し入り乱れて最早、、という描写だった。わーっと出てくるシーンで泣きそうになるわ
    いいね

    良い
  • mytako21
    『ハクソー・リッジ』★★★★★
    いいね

    良い
  • polalain
    『ハクソー・リッジ』M.ギブソンやるね!アンドリューはサイレンス然り信仰心の連作、活字で読む事実とは全く異なる映像のインパクトで後半は圧倒される。戦争は絶対に繰り返してはいけない。ドスのあともう1人、の下りは忘れられない
    いいね

    良い
  • 1000ya
    『ハクソー・リッジ』観た。アンドリュー・ガーフィフィールドの優男っぷりが合うね。前半と後半で別物かと見まごうほどの地獄の戦場。艦砲射撃で全滅しない日本兵の怖さ。人助けに振り切ったキチガイが主役なので別の意味の怖さがある。
    いいね

    良い
  • ye777cbfd7spzqd
    『ハクソー・リッジ』 生々しく恐ろしい戦争描写があってこそドスの狂気的な信念が英雄へと昇華できた気がする 戦争がなければあれほどの信念も無かった しかし、どんな規模であれ不条理に打ち勝つには信念は強い味方になると教えられた
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ハクソー・リッジみてた。◎。最後に本人が出てきてGarfieldの配役に納得したり。沖縄前田高地戦の臨場感はプライベート・ライアンを思い出した。WW2で「救う」という意味では似ているか。父親役のWeavingが好演していた。
    いいね

    良い
  • snow200
    『ハクソー・リッジ』爆弾でなくミサイルでなく人間と人間の戦闘場面が凄まじい。次から次へと敵が現れる恐怖。日本軍も米軍もお互いに怖かったのだ。地上戦であった沖縄戦の凄まじさは日本人として見ておくべき。
    いいね

    良い
  • tyokudai
    『ハクソー・リッジ』★★★★ 戦場の最前線。武器を持たずに戦う。人を殺めるのではなく、傷ついた兵士を助ける。あと一人。あと一人。帰りを待っている家族がいる。自分の信念で戦う姿に心打たれ、込み上げる涙が抑えられない。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ハクソー・リッジ』土曜が安息日の宗派の信者が林間学校の時、金曜の夜家族が迎えに来て、月曜の朝送られてきたのを思い出した。信仰とはこうなんですね。汝、人を殺すことなかれ。では踏み込んで、志願しないという選択肢は無かったのだろうか。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ハクソー・リッジ』銃を持たないことが許されるまで苦難はあったが、宗教の根付き方の違いを感じます。日本ではありえない。信仰の篤さととことん人の命を救おうとする姿に感銘。そして、沖縄地上戦の凄まじさに愕然。これが戦争なんですね。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ハクソー・リッジ』数えたカットは2358。なんといっても戦場描写は圧巻。そして主人公が救護に走るシーンも恐さがあって理に適っている。最初に「A true story」とbased onが出なかったのを珍しく思った。 #eigamote
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...