みんなの感想/評価
「光」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    32
  • 普通
    6
  • 残念
    0
総ツイート数
70
ポジティブ指数100
公開日
2017/5/27
配給
キノフィルムズ
上映時間
102分
解説/あらすじ
「萌の朱雀」の河瀬直美監督が「あん」に続いて永瀬正敏とタッグを組み、「ユダ」の水崎綾女をヒロインに迎えて描いたラブストーリー。人生に迷いながら生きてきた女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出...
(C)2017 “RADIANCE”FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tb_polkadots
    『光』‪鑑賞。目の見えない人達の世界に寄り添う視点は良いが、研ぎ澄まされた彼らの想像力に見ている自分が追いつかない所も…。カメラマン中森の失明への恐怖は胸に迫るものがあった。#eiga
    いいね

    普通
  • Au0223
    『光』普段視覚障碍者用の音声ガイドがどう作られているか、どういう感覚で目が見えない人が映画を「見て」いるのか、その一端に触れるって意味でもお勧め。 最後の樹木希林の説得力はヤバい
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『光』期待し過ぎてガッカリ。主人公の抱える問題の重さと彼に惹かれる女性の薄っぺらさがアンバランス過ぎてイライラ。音声ガイドが作られる過程は良かったが、実際あれほど時間をかけられるものなのか?結局樹木希林さんが全部かっさらっていったw
    いいね

    良い
  • cococo_coffee
    『光』音声ガイドという仕事に限らず、健常者が障がい者を内側から理解することの難しさを感じました。盲目の人の感性は想像以上に鋭い。だからといって委ね過ぎてもいけないし説明しすぎてもいけない。生身の人間を繊細に描いた映画だと思いました。
    いいね

    良い
  • piyopopop
    『光』10日(土)に観てきた。映像がきれい。木の葉の煌めき、山に沈む夕日。 永瀬がとても良くて、もし今度ちがう映画で観たら、「みえるようになったんですね、よかったね。」と言ってしまいそうになるんじゃないかと思うぐらいだった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『光』視覚障害者の映画の音声ガイドの仕事をしているヒロイン。映画の音声ガイドだから難しようにこの映画も難しい。ヒロインの水崎綾女が主観的なガイドを付けたことから反発するカメラマンで後天的に視覚障害になっている男とのあいもつれた関係から、やがて彼の闇に光差すラストへ。まあ良い映画。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『光』実生活の隣人と接するように登場人物の息遣いに思いを巡らせれば台詞はなくとも心情は見えてくる。主観を排除し事実を正確に描写することで映画の輝きを言葉で伝える音声ガイドの難しさと素晴らしさがよくわかる。多くを語らない静かな映画。
    いいね

    良い
  • ikeo0
    『光』視力を失うカメラマンと女性のラブストーリーと銘打っているが、それよりも音声ガイドを作成する過程のドキュメンタリーとして楽しんだ。視覚を言葉で表現することの難しさは、なかなか気持ちが伝わらない時の己に対するもどかしさと通ずる。
    いいね

    良い
  • araoji
    『光』を観る。 映画の音声ガイドを作る女性と視力を無くしつつあるカメラマンの物語。 眼が不自由な人にどう作品を伝えるか、それはその人に寄り添うこと。と云われた様な気がする。 ついつい、劇中劇の作品の伝え方を考えてしまったのさ。
    いいね

    良い
  • pachupa410
    『光』綺麗な映像と自然な演技だけで心揺さぶる作品が出来る。視覚障がい者に合わせるようにカメラは一部を集中的に見せる一方で、画面全体を埋める美しい映像に魅かれる。役者陣の演技は言葉は出さずとも心の葛藤を見せてくれた。映画内の映画も凄くいいのにガイドの声が樹木さんというのはズルい…笑
    いいね

    良い
  • saruyan66
    『光』もっと焦点を視覚障害に絞ってほしかった。老いや認知にまで広げたことが散漫な印象をうけたし、元カメラマンのわがままっぷりにヘキヘキした。ましてや唐突な恋愛にシフトしていくさまも気持ち悪く感じられた。あっさりとでよいのに。
    いいね

    普通
  • KJ_LINE
    『光』表現における言葉。それは過大であっても過小であっても思いの邪魔をしてしまう。相手の想像力が及ばない所では言葉を足し、及ぶ所では言葉を引く。その見極めが重要になる。互いに相手の思いを想像し理解し合う。その大切さを考えさせられた。
    いいね

    良い
  • mukkunsan
    『光』映画の音声ガイドを作る女性の話。盲目の人が感じる恐怖や処遇を作品を通して体感した。あと音声ガイドはこんな風に作るんだと理解し、盲目の人の映画に対する捉え方が印象的だった。
    いいね

    良い
  • chusingura
    『光』永瀬正敏の好演が素晴らしい。そして音声ガイドを通じて、河瀬監督なりの映画に対する問題意識が垣間見えた。我々観客もまた、どこまで映画と正面から向き合っているのか、鋭く突きつけられたように思った。
    いいね

    良い
  • 85053bbec6d2417
    『光』大切なものから享受される光、喪失の痛みとその先にある新たな価値観。永瀬正敏が圧巻の演技で魅せる。音声ガイドの難しさと視覚障害者の世界を知りうる上で本作自体が映画界での「光」になったのではと思える。見辛さも演出と捉えよう。#映画
    いいね

    良い
  • gadget9007
    『光』(河瀬直美監督)、映画の音声ガイドをモチーフに、観ること・言葉で伝えることの難しさが描かれる。言葉にならない思いがクローズアップの画面から溢れ出す秀作。永瀬正敏と水崎綾女、素晴らしかった。 #映画
    いいね

    良い
  • DoughnutsCinema
    『光』大好きなものを手放さなきゃいけない悲しみ、そんな人と向き合い支えていく方法を、映画の音声ガイドと盲目のカメラマンという形で描いた傑作。アップカットの多用で背景や景色を「あえて見せない」演出が見事でした👏 オススメ度5/5
    いいね

    良い
  • pipox2
    『光』視力を失いつつある写真家と映画の音声ガイド。美しい映画だ~☆色気を感じる水崎綾女と、永瀬正敏♡夕日の素晴らしさが伝わる!あぁ藤竜也とションベンライダーから何年?神野三鈴も樹木希林も良い♪
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『光』大切なものが失われていく辛さ、そこからまた前へ進むことの切なさを感じる。睫毛や髭の一本一本までが分かるほどの寄ったカメラは、表情の誤魔化しがきかず大変だったと思うが、永瀬さんの演技は圧巻。と同時に寄りすぎて見辛かったのも事実。
    いいね

    普通
  • amgswb2013
    『光』観賞 確かにいい作品だけど正直首を捻るとこもあったので満足とまではいかず キメ絵の風景の美しさに反して動いてるシーンはカメラが動いていて見辛かった ただ噂通り永瀬正敏の演技は流石だったし映画監督役の藤竜也も良かった
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    Yokoteen
    1429movies / tweets
    advertisement

    follow us