TOP >作品データベース >ギフト 僕がきみに残せるもの

ギフト 僕がきみに残せるもの

みんなの感想/評価
「ギフト 僕がきみに残せるもの」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    33
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
513
ポジティブ指数100
公開日
2017/8/19
原題
Gleason
配給
トランスフォーマー
上映時間
111分
解説/あらすじ
難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告された元アメリカン・フットボール選手が、これから生まれる息子のために撮影したビデオダイアリーをもとに製作されたドキュメンタリー。NFLニューオーリンズ・セイ...
(C)2016 Dear Rivers, LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kyamokyamo
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』生命の尊さ、残酷な現実、言葉にはならない絶望、ひと筋の確かな希望、全てに向き合う家族のチームワークがただただスゴい!純粋に息子宛のビデオな分、生々しい真実が強烈ですが、彼らの決断と勇気を讃えたいです☆
    いいね

    良い
  • taranokotarami
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』#eiga#genkinomoto#coco 試写会観賞。おなみだ・・・的ではなく、生きる事を考える。
    いいね

    良い
  • noncheck_n
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』 勇気を貰える家族のドキュメンタリー。 ALSという難病を患いながらも、息子のリヴァースに言葉を残すために、映像を撮り始めたスティーブ。 それを支える妻ミシェルも自分を持った魅力的な女性。
    いいね

    良い
  • yamicoke
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』アイスバケツの中心人物の記録。余命数年を告げられた男に初めての子供が出来る。静かに死と対するのではなく限界まで命の可能性を追求する姿勢は流石アメリカ。安易に「安楽死」を口にする手合いにこそ見て欲しい。
    いいね

    良い
  • eyen0515
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』試写会で鑑賞。ビデオダイアリーがドキュメンタリー映画になった作品。スティーブはスティーブのままなのに、言葉が、身体が…ALSの進行は残酷。誇り高き日や絶望の日々、リアルが真っすぐに心に突き刺さった。
    いいね

    良い
  • tokumoridaisuki
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』妻、父、本人の赤裸々告白各シーン。刻々と迫る苦労時系列。演技では到底出せない本物、リアル、説得力。音声再生装置なども勉強になる。全米に必要不可欠なオバマケアの再確認。
    いいね

    良い
  • mj8cspice
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』素敵な家族に、魅入りました。こどもがメチャクチャかわいい。ALSのことを知るきっかけになった。
    いいね

    良い
  • littlelittleray
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』 試写会でした。ドキュメントでしかも最初は、本人の子供の為のビデオ日記だったそうですがとてもよく映画的にまとまっていました。 なかなかわかりづらい難病を解ってもらい広まれば良いですね。
    いいね

    普通
  • birdmtbird
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』②す。難病患者のドキュメンタリーって括りだけど、本作はそうぢゃない。夫婦の家族のドキュメンタリーだhttp://ameblo.jp/bird210bird/entry-12294606410.html
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』①試写にて。カップルや夫婦などパートナーと一緒に観てもらいたいと思う作品。改めて2人の関係性についつ考えさせられるというか、相手を思いやる気持ち、そして絆が深まるというか、兎に角、愛情いっぱいの作品で
    いいね

    良い
  • tkred2046
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』ALSを発症した元NFLの主人公が、生まれてくる息子の為に撮り始めたビデオダイアリーをまとめたドキュメンタリー映画。赤裸々に映し出される主人公の家族関係や周囲の人々とのエピソードに感動。
    いいね

    良い
  • pastoralpast
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』難病に立ち向かうスティーブの強い気持ち、彼を支えながら出産・育児を乗り切るミシェルの精神力、そしてその生々しい姿を世に公表する2人の勇気、どんな困難にもあきらめず前向きに対処する2人の姿に打たれる。
    いいね

    良い
  • kerakuten
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』「泣ける難病もの」から一番遠いところにある作品です。きっかけはALSの認知と患者の支援かも知れないけれど、普遍的な父と子のドラマでもあります。飾らない私生活をここまで世間に晒す勇気にも拍手。
    いいね

    良い
  • cryforthemoon02
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』信仰や神についての問答の部分は日本人には少々理解し難いかもしれないが、ドキュメンタリーだからこそ押し付けがましくない難病の恐ろしさや、「父親と息子」のやり取りが良かった。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』藁にも縋りたいだろう状況にも関わらず、スティーブ自体がとても力強い大木となり人々を勇気付ける。息子へ向けた言葉の一つ一つが私の心を強く打った。余すところなく映した現実も目を背けるどころか生を感じた。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』試写。ドラマでなくドキュメンタリーなので無理に感動を煽る演出がないのが良い。その代わり、ALSの進行具合が残酷。発症と子供の誕生が同時期で、我が子の成長が本人の唯一の希望であることが映像から伝わってくる。子育てと介護の両方を担う奥さんが大変!
    いいね

    良い
  • jarinkocafe
    「ギフト 僕がきみに残せるもの」観ました。ALSを宣告され、様々な機能が失われる前に息子に自分の姿を残したい、とビデオメッセージを撮り続けたフットボール選手。闘病生活はきれいごとだけではすまないが、愛にあふれた家族が本当に素敵。父との会話を見て、話せなくなっても表情は雄弁だと知る
    いいね
  • purefawn
    「ギフト 僕がきみに残せるもの」 ★★★ ALSと診断された元NFLの選手・スティーブ・グリーソンとその家族を描いたドキュメンタリー。幼い息子に残すメッセージ序盤はユーモラスなところもあるけど、啓蒙活動による家族のすれ違いや、命を延ばすための過酷な選択が胸に突き刺さる。
    いいね
  • tjgw267
    ギフト 僕がきみに残せるもの ドキュメンタリーだからじーんときた🙏
    いいね
  • kinntotocahnn
    【ギフト~僕がきみに残せるもの~】友達にチケットいただいて何にも知らず観てきましたが、感動ドラマ系と思い込んでいたらドキュメンタリー映画でした…。重い内容の割にめっちゃ笑ってしまい…いい映画だよ!201709032329
    いいね
    もっと見る Loading...