TOP >作品データベース >ギフト 僕がきみに残せるもの

ギフト 僕がきみに残せるもの

みんなの感想/評価
「ギフト 僕がきみに残せるもの」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    35
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
533
ポジティブ指数100
公開日
2017/8/19
原題
Gleason
配給
トランスフォーマー
上映時間
111分
解説/あらすじ
難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告された元アメリカン・フットボール選手が、これから生まれる息子のために撮影したビデオダイアリーをもとに製作されたドキュメンタリー。NFLニューオーリンズ・セイ...
(C)2016 Dear Rivers, LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mahimahi57
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』鑑賞。側にいてくれる人、これから生まれてくる子どもから貰えるパワー。本当は、どんな人も大切にしないとならない想い。1日1日、瞬間瞬間を大事にしないとな。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』時間潰しのつもりが涙!これはかなり良い☆ALS患者の元アメフト選手ドキュメント。奥さんが綺麗で強くて頑張り屋でホント素敵☆子供も天使♡信仰の話でホント泣いた!父と子の物語が凄く良い♪彼に「父」について訊かれたら真摯に語らざる終えない☆真のHEROだ
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』観てきた。ドラマではなく今なお続いている人生の記録。ALSが進行した場合、全米では95%の患者が主に費用の問題で気管切開を拒否しているというのは驚き。垣間見える信仰に関する問題も考えさせられた。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』間違いない感動系ドキュメンタリー映画。当人の苦悩も十二分に伝わるが、支える妻の健気さが印象深い。存在しない子供にたいして父親になろうとする過程は心を打つ。利己から利他へ向かうあたりは感服。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』 ALSと言えば日本では虎男ちゃんで有名だが、この方の名前は作品を観るまで知らなかった。自撮りビデオをベースにしたドキュメンタリーで、家族の疲弊や宗教など綺麗ごとだけでない等身大の描写が素晴らしい。
    いいね

    良い
  • tykhobluemoon
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』少々盛ってる感は否めないのだけれど、でもやっぱりドキュメンタリーの持つ生々しい迫力に圧倒されてしまう。生きたいっていう根源的な欲求に心を揺さぶられて涙腺崩壊。だって、泣けちゃうんだもん、しょうがない。
    いいね

    良い
  • tykhobluemoon
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』一つを極める人の持つ凄み、それを支える家族の覚悟が垣間見えた一作。アイスバケツチャレンジの背景にはこんな物語があったとは。病に対して保険など公的補助でどこまでをまかなうかは、難しい問題だなと。
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』ブリーズとかに囲まれると頭一つ小さい。そんなラインバッカーのパントブロック一つで、ハリケーン・カトリーナからのニューオーリンズ復興のシンボルとなる話だけで映画作れそう。元選手の活動を支援するのは流石。
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』アイスバケツチャレンジを馬鹿にしていた人(含む自分)はこの映画を見てから馬鹿にするべきだ。この感動ポルノはアイスバケツチャレンジもセインツ優勝もサラっと流して、家族の本質をドラマにしている。凄い!
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ギフト 僕がきみに残せるもの>自分と息子、そして父親。今まで伝えられなかったことと、今のうちに伝えておきたいこと。自分が背負わされたものを重荷と思うか幸運と思うかは、受け取り方次第。そんな "something positive"
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【ギフト 僕がきみに残せるもの】続) 尊厳死と対極の生き方を選ぶ彼の家族愛にも深く共感を抱いた。支えるミシェル夫人の生き様も壮絶だ。ドキュメンタリー故に逃げようのない現実。如何にも米国風の煽り演出だが嫌味な感じを受けない。 #映画
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【ギフト 僕がきみに残せるもの】大切な会話をしないまま生き別れる親子や夫婦が多い中、映画何本分にも相当する人生の重厚テーマについてあらゆる方法で対話を重ねていくグリーソンの姿に心打たれた。自分の生き方を改めて考えさせられた。 #映画
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』ALSに冒された元NFL選手S.グリーソン。彼や彼の家族が息子のために撮った映像が中心のドキュメンタリー。進行する病に打ちのめされそうになってもなお生きようとする姿に、自分の器の小ささを突きつけられた
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』こんなに夢中で観たドキュメンタリー作品は久しぶり。グリーソン一家の魅力に寄るところが大きいのも確かだけど、病気と闘う勇気と家族に対する愛の記録。感動の波が次から次へと押し寄せてきて涙腺がえらいことに!
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』彼等の物語を2時間覗き見ただけで涙が止まらない。ただ、難病に苦しむ姿に悲しみ、同情したからではない。どんな場面にも、複雑な感情の奥にも愛と生命への賛美を感じたから。贈られ、与える人生の豊かさを想う。
    いいね

    良い
  • tomochan2013101
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』かなり泣きました!スティーブも強く頑張ってるけど、妻のミシェルさんの愛と勇気!見ていてきっと必ず難病ALS、治ると信じたくなってます!自分のためだけでなく病に苦しむ人たちの力になってる姿!忘れません!
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』試写@原宿クエストホール♪費用の面で殆どの人が呼吸器を使い生きることを諦める現実を初めて知った。ALSに限らずだけど、当事者が声をあげるのではなく当たり前のように制度や補助がある社会になればと願う…。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』病気のない健康な身体でも生きていることが辛い時がある。主人公のスティーブにはALSに苦しむ人たちだけでなく、困難に立ち向かう全ての人たちに希望と勇気を与え元気にする力がある。多くの人に観て欲しい作品
    いいね

    良い
  • snow200
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』ALSという病気のことを知らなかった。認知度があがれば新しい治療法や生活の質をあげる技術も進む。人工呼吸器も車椅子と同様に患者に必要なものという認識が広がり、公的補助の充実が望まれる。
    いいね

    良い
  • yousan330
    『ギフト 僕がきみに残せるもの』 ALSもたいして知識無く、グリーソンも知らなかったが、映画で知ることができた。世の中にはまだまだ知らいこともあるし、苦しんでいる人がいる。いろいろと考えるきっかけに見てください! #eiga
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...