TOP >作品データベース >作家、本当のJ.T.リロイ

作家、本当のJ.T.リロイ

みんなの感想/評価
「作家、本当のJ.T.リロイ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
75%
  • 良い
    9
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
20
ポジティブ指数100
公開日
2017/4/8
原題
Author: The JT LeRoy Story
配給
アップリンク
上映時間
111分
解説/あらすじ
1996年、女装の男娼となった過去をつづった自伝「サラ、神に背いた少年」を発表し、謎の天才美少年作家として文壇に登場したものの、後に実在しないことが明るみとなったJ・T・リロイにまつわる一連の顛...
(C)2016 A&E Television Networks and RatPac Documentary Films, LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『作家、本当のJ.T.リロイ』映画は圧倒的に面白いです。ヴィジュアルがいい。それに騙されたというか信じてしまった有名人の凄さと映画まで作ってしまったのだから。そこまで存在していたのだから偽物ということはないよね。ある部分ロマンだ。アニメのキャラがこの世界にいたと信じるのと同じだ。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『作家、本当のJ.T.リロイ』小説家がフィクションの登場人物を描いて、それが嘘というのではなく作者の分身だということ。だからJ.T.リロイをただ捏造とするのはどうなんだろう。複合した作家のペンネームでいいのじゃないのか?まあバレたからもう消えてしまった「失われたJ.T.リロイ」。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『作家、本当のJ.T.リロイ』日本だと森達也監督『FAKE』だけどJ.T.リロイの方はヴィジュアル的に凄いよね。それも自分が醜いと思った太った女性の内部で作り出された正反対の個性を持ったフィクションとしての人物だから。金髪の美少年。多重人格と違うのは本人が意識して創作したからだ。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『作家、本当のJ.T.リロイ』日本ではJ.T.リロイは知られているのだろうか?すでに本当のことが分かってから翻訳されたので知る人ぞ知る。アメリカやヨーロッパでは凄い騒ぎだったのは名だたる有名人(セレブ)がJ.T.リロイを支持したからだ。そうだ、佐村河内守に似ているかもしれない。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『作家、本当のJ.T.リロイ』架空の作家がベストセラーを描く。本来ならフィクションだから誰が何を書いてもいいはずなのに、騙されたと怒る人が多い。FAKEと同じテーマの映画であちらは盲目、こちらはゲイでAIDS。作り物とは何かを問う。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <作家、本当のJ.T.リロイ>作家の人物像込みで小説が称賛されたのだから、彼女の行動は詐欺だと思うけど(ドキュメンタリーに登場するセレブの心情を察すると;)、犯罪かと問われると微妙。不思議なのは彼女が多重人格を否定していることだな。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【作家、本当のJ.T.リロイ】衝撃的な身の上をネタにした虚構の“自伝”に至る経緯は作家の精神構造の一端を垣間見させてくれた。特にローラ・アルバート自身の心の複雑さは興味深い。ただ映像で惹きつける情報は少なく単調なのが惜しい。 #映画
    いいね

    普通
  • Kubric2001
    『作家、本当のJ.T.リロイ』インタビューに電話の録音テープ、写真等をまぜドキュメンタリー風。小説って架空の世界ですよね。捏造で何が悪いんだろう。衝撃的内容かつ、売れたから、そして義妹の雰囲気がありすぎたから?同情してしまった。
    いいね

    良い
  • snow200
    『作家、本当のJ.T.リロイ』架空の人物を著者として仕立てあげるって古今東西よくあること。過激な小説内容と中性っぽいスタイルの義妹サバンナをリロイに仕立てあげたからスキャンダルに。マスコミは騙されたことを笑ってすませるべき。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『作家、本当のJ.T.リロイ』#movie 「アーティスト、本当のミリ・バニリ」を観たい(笑) 文学は基本フィクションなんだから全く問題ないと思ったが・・・
    いいね

    普通
  • tomochan2013101
    『作家、本当のJ.T.リロイ』誰でも他の誰かになってみたい欲望はある。ペンネームも多くの人がやってる。でもあまりに小説が賞賛されたため、架空の人物とわかった時に地に落とされた。嘘に関係した人達は暴露本など出して儲ける。欲望を感じた。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • cooper_cat
    『作家、本当のJ.T.リロイ』当時の事件の流れと、なんでそんな事になったのかっていう作家の当時の精神構造(これも真実か後付の設定かは不明)の解説。回想はアニメを使った可愛い仕上りでも解かり難い。妄信する方ではないので本気で怒る人の気持ちがイマイチわからない。
    いいね

    普通
  • kyamokyamo
    『作家、本当のJ.T.リロイ』やはり捏造、騙す、嘘になってしまうのでしょうが、当時の彼女が唯一均衡を保つための手段、ひと晩経つとファンタジーのようにも思えてきました☆劇中登場するアライグマの◯◯◯のペンダント、8日公開日に販売があ… https://t.co/loKPKh34XY
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『作家、本当のJ.T.リロイ』スキャンダラスでありながらピュア&センシティブ、上質なドキュメンタリに仕上がっており、上映後のローラ・アルバートさんご本人のトークイベントがすごく良かった😍大きな困難から立ち直るまでの相当な想いが偲ば… https://t.co/uXTFYJ4ina
    いいね

    良い
  • asapu918
    『作家、本当のJ.T.リロイ』試写。『サラ、いつわりの祈り』を観て、その後捏造事件のことも知ったので興味津々。本当の著者ローラ・アルバートのインタビュー中心だが、アニメなども挿入された遊びのあるドキュメンタリー。架空のカリスマが作り上げられていく過程、発覚時の狂騒から目が離せず。
    いいね

    良い
  • nardog
    “『作家、いつわりのJ.T.リロイ』としようとしたのですが、「J.T.リロイ」というアバターを作った作家のローラ・アルバート本人から「偽り」ではないので変えて欲しいと邦題を決める際に言われました” https://t.co/TYKMmKbztU
    いいね
  • JTleroyMovieJP
    J.T.リロイの著作は、もちろん日本でも出版されていました📚📚📚金原瑞人さん翻訳。 ➡️『サラ、神に背いた少年』(1999) https://t.co/CuYvIpriZf ➡️『作家、いつわりのJ.T.リロイ』(2002)… https://t.co/BIsvBDTRDb
    いいね
  • nardog
    “映画『作家、いつわりのJ.T.リロイ』公式サイト” https://t.co/HVRaE1wLI2
    いいね
  • nardog
    “『作家、いつわりのJ.T.リロイ』 監督:ジェフ・フォイヤージーク 4/8公開 新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷” https://t.co/Mv0Azr9CSn
    いいね