TOP >作品データベース >さよなら、ぼくのモンスター

さよなら、ぼくのモンスター

みんなの感想/評価
「さよなら、ぼくのモンスター」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    8
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
225
ポジティブ指数86
公開日
2017/7/16
原題
Closet Monster
配給
ポニーキャニオン
上映時間
90分
解説/あらすじ
カナダの新鋭監督ステファン・ダンが思春期の青年の心の葛藤を卓越した映像センスで描き、長編監督デビュー作にしてトロント国際映画祭で最優秀カナダ長編映画部門を受賞した青春ドラマ。父子家庭で育ったゲイ...
(C)2015 ONTARIO INC. CLOSET MONSTER INC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    『さよなら、ぼくのモンスター』幼少期の体験で孕んだ何かに気付かないふりをするオスカー。崩れていく日常と目覚める自我は普遍的な大人への成長。バフィーが内なる自分と親の愛情の暗喩で、未熟な両親が人間臭く好感。LGBT作品だが良質のドラマ
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『さよなら、ぼくのモンスター』それが何か気付きたくなかった。現実と幻想・トラウマが交差して、主人公オスカーの心の葛藤がよく表現されていたと思う。面白かったなぁ。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『さよなら、ぼくのモンスター』ドラン、クローネンバーグ云々のコピーは無視で良いです。主人公のセクシャリティの悩みがが主題かと思いきや、両親や地元のしがらみから逃げようともがく主人公の葛藤が心に響く作品でした。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <さよなら、ぼくのモンスター(2)>オスカーの両親の描き方が好きだな。彼が成長するにつれて変化していく母親/父親の実像。子供にとっては大迷惑な親達の駄目っぷりと、彼らなりの事情。そして、ハムスターの“種明かし”で分かる確かな愛情。
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『さよなら、ぼくのモンスター』父との関係や、この年頃の友情やら恋やら特別な感情やらと向き合う姿が繊細に描かれてた。が!とても苦手な作風でした。すみません。某監督作品と作風似てない…?
    いいね

    残念
  • frodopyon
    <さよなら、ぼくのモンスター>カナダだし美少年出るしグザヴィエ・ドラン作品と比較されそうだけど、父親が出てくる時点で根本的に異なる。捻くれてもいないし、すっきり感もあるしね。でも、ドラン好きの人なら気に入るだろう繊細な映像表現が◎
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『さよなら、ぼくのモンスター』カリコレ@シネマカリテ♪大好き!親との関係、将来への期待と不安、友情と恋、受けた傷も大きいけど掴んだ未来はそれ以上のはず!!この夏はキングス・オブ・サマーもあるし、良い青春映画だらけ\(о´∀`о)/
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【さよなら、ぼくのモンスター】抑えきれずに膨らんでいく愛おしさの暗喩キャラクター、それと同時に過去のトラウマにリンクした金属を使った罰への怖れなど、繊細で不安定な心の輪郭をしっかり映像で表現。LGBT映画らしいドラマの秀作。 #映画
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『さよなら、ぼくのモンスター』表題のモンスターは多様な捉え方が出来るかと。俺は結果的にオスカーを縛っていた人物を指してるかと思ったが彼の内面のトラウマを指す的な話も。セクシュアリティ要素もあるが大人一歩手前の普遍的な悩みを描いてる。ポップなエレクトロ劇伴が好みだし凄くハマってる。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yumeyume2014
    映画『さよなら、ぼくのモンスター』の素晴らしいと思ったところは、ホームパーティでのワンチャンセックスでサブリミナル効果レベルですがめちゃオシャレなコンドーム装着シーンがあったところと、母親が「何で僕を置いて出て行ったんだ」と息子に言われた時の「That's not fair.」。
    いいね
  • ayumiotomo
    『さよなら、ぼくのモンスター』幼少時からの主人公の心の中に潜む「人を傷付ける怪物性」と「同性への性的興奮」を重ね合せて描くも、そこへの解明には興味がなく、どちらかと言うと幻惑性、芸術性に重点を置いた家族をめぐる人間ドラマかと。何故かグザヴィエ・ドラン作と似た雰囲気がある。7.4点
    いいね
  • airj15
    カリコレ2017、4本目は『さよなら、ぼくのモンスター』。クィア色強い甘美な物かと思ったら甘美さよりシリアスさが強く、胸が痛くなった。甘美な展開になりそうにも幼少期のトラウマにはやはり敵わないのであった。 原題"CLOSET MONSTER"はかなり色々な意味が含まれてる。
    いいね
  • sachikorone
    「さよなら、ぼくのモンスター」観賞。幼い頃のトラウマ的経験から、縛られた感情に気づかず(気付くのが怖かったのかな)成長した青年の多感で繊細な時期を見事に表現。感動しました。物凄く好み!
    いいね
  • akazawa_t
    さよなら、ぼくのモンスター。ドランを引き合いに出したのは同性愛を描いた映画だからか。ジェンダーが揺らいでいる若者の話。幼少期のトラウマと父親コンプレックスを実際に「抜き取る」話。ファンタジーとの事だけどそういう要素は少なめだから一般受けしそう。だけど地味だな。これにてカリコレ終了
    いいね
  • chasingAMY8217
    「さよなら、ぼくのモンスター」鑑賞。今年のカリテ・コレクションでいちばん観たかった作品。胸が締めつけられるような痛みが蘇ってくる、あの頃の思い出。父殺しと解放の物語。不思議と爽やかな余韻を得て無事おとなになれた感慨に浸った。
    いいね
  • mah_un
    『さよなら、ぼくのモンスター』という映画観たのだけど、あの監督の映画みたいだったな。◯◯みたいでも良いけどこれはいまいちだった。監督がいけないのか脚本がいけないのか俳優さんの演技がいけないのかわからないけど全体的に薄っぺらく感じてしまった。でもとても好きだなと思うシーンもあった。
    いいね
  • aubergine_k
    「さよなら、ぼくのモンスター」、簡単に言えば青年が少年期に別れを告げる話なんですけどメタファーの使い方がめちゃくちゃ上手い素晴らしい映画でした
    いいね
  • 1989badboys
    「さよなら、ぼくのモンスター」 音楽がよかった。まだゲイに対する差別けっこうきついなぁと感じたり、胸が詰まる場面あったり、すごくよかったよ
    いいね
  • lifecinemax
    さよならぼくのモンスター、鑑賞。幼いときの恐怖体験と親、進学、性の恋のこと、色々なことが青年の苦悩になりホラーのように体の痛みをともなう。ファッショナブルで怖くては独特な表現。面白かったぁ。
    いいね
  • melomelomegane
    さよなら、ぼくのモンスター、すごく好きな映画だった。自分の殻を破るために傷ついて苦しんで、それでももがく映画が好きだ…。もちろんジェンダーの話が軸だけど愛しているのに伝えられない、伝わらない父と息子の物語がすごく不器用でせつなくて泣けた。ベッドでの父と幼い息子の描写が本当に素敵
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2041movies / tweets
    advertisement

    follow us