TOP >作品データベース >ポリーナ、私を踊る

ポリーナ、私を踊る

みんなの感想/評価
「ポリーナ、私を踊る」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
55%
  • 良い
    6
  • 普通
    4
  • 残念
    1
総ツイート数
594
ポジティブ指数80
公開日
2017/10/28
原題
Polina, danser sa vie
配給
ポニーキャニオン
上映時間
108分
解説/あらすじ
ダンスに人生をかける天才バレエ少女が成功と挫折を経験しながら成長していく姿を描いたフランス製ドラマ。バスティアン・ビベス原作による人気グラフィックノベルをもとに、ドキュメンタリーや長編映画などを...
(C)2016 Everybody on Deck - TF1 Droits Audiovisuels - UCG Images - France 2 Cinema
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mim_3_
    『ポリーナ、私を踊る』原作かフランスの漫画(ハンドシネ)だったのか。バレエ映画とはちと違う。一人の少女の成長とダンスの変遷がリンクしてるよう。自分と自分のダンスを探す話かね。振付師に「オーケストラ!」のアレクセイや実際にダンサー経験あるビノシュ、同僚役にニールス・シュナイダーも。
    いいね

    良い
  • saramaro5682
    『ポリーナ、私を踊る』古典では私が出せない、そう私にはコンテンポラリーの世界よ!とボリショイを飛び出すのですが…そんなに世界は甘くない現実。自信がなきゃやっていけない世界ではあるけど、天井に迄登りつめた訳ではなく。甘いな~
    いいね

    普通
  • tsuya_pi
    『ポリーナ、私を踊る』 ★☆ なんとなくの練習シーンが続き壁にぶつかるとすぐ逃げ出す姿を繰り返すだけではポリーナがなぜ踊ろうとするのかが伝わらない。「広い視野を持つのがアーティスト」と放つJ・ビノシュはさすがの存在感。
    いいね

    残念
  • 624ken
    ヒューマントラスト渋谷で『ポリーナ、私を踊る』を鑑賞。バレリーナを目指すロシア人少女ポリーナの話。主人公ポリーナ役のアナスタシア・シェフツォワさんが美しいですね。見とれてしまいます。ダンスシーンは、美しかった。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ポリーナ、私を踊る』「ダンスは身体から湧き出るもの」ボリショイで古典一辺倒で育ってきたポリーナがもがきながら見つけた道。人生を模索する人は多いが大半は妥協して生きている。誰の夢でもなく自分のために踊ることができた彼女は幸せである。
    いいね

    良い
  • puffcafe
    『ポリーナ、私を踊る』シネマイクスピアリにて鑑賞。自分らしい踊りとは?生き方とは?一人の少女がダンスを通して得る喜びや悲しみ、成功と挫折を描いたヒューマン・ドラマです。ただ切り口がもう少し違った方が良いのにな、と自分的には思ったり。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『ポリーナ、私を踊る』熱く燃える衝動は自分と周りを焦がし続ける。それでも見つけたい、自分の踊りを。成功も挫折も味わいながら彷徨うポリーナを捉えて離さないカメラワークが冴える。涼しい顔に力強い瞳のA.シェフツォワが踊りと共に名演。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ポリーナ、私を踊る>主人公が糸の切れた凧のように彷徨う(ある意味)トンデモ系。技術の伴わない完璧主義者のポリーナが目指したのは自己表現を究めること、か。N.シュナイダーの出演は前半のみだけど、その後登場するJ.ベランガールが素敵♪
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ポリーナ、私を踊る』 邦題で付け加えられた「自分を踊る」は言い得て妙。自我を拗らせてさすらう主人公が、ちょっとイタい人に見える。爽やかなバレエドラマを期待してると裏切られるが、寒々しい心象風景を描いたラストのダンスは圧巻。
    いいね

    普通
  • uwfcaptured
    『ポリーナ、私を踊る』HTC渋谷。予告やポスターの印象で臨むと途中から違う映画を観ている感覚に。バレエ関係無くなるし大した成長も見えないのは痛い。とは言え、ラストの唐突さが一番驚いた。そこで終わるのって感じ。ダンス同様ラストも前衛的でした。
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【ポリーナ、私を踊る】居場所を転々と変えながら次第に自分の踊りが見えてきて、踊りも生き方も変えていくポリーナの芯の強さ。家族も恋もきっちり描かれていた。振付師役のJ.ビノシュも踊りを披露。やや不穏感漂わす劇伴が独特で印象的。 #映画
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『ポリーナ、私を踊る』試写。バレリーナを目指す少女の成長を描くドラマ。フランス映画だが、ポリーナの国籍であるロシア色が強く、ポスターの明るいイメージと違って雰囲気は暗め。ポリーナは殆ど笑顔を見せず辛そうに踊り、後半は職探しにも奔走。芸術性が高く、ラストのダンスシーンが美しかった。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『【フランス映画祭】「ポリーナ、私を踊る」バレエは美しいんですけど、進み具合がちょっと・・・。』 https://t.co/u9JIIy8L1G
    いいね

    普通
  • koiddon
    監督たちは家族とか社会との関わりを盛り込みたかったと言ってたけど、これはポリーナとボジンスキーの師弟愛の物語なんだから、そんなものは無粋でしかない。はっきり言って、原作の良さがまるでわかっていない。 >『ポリーナ、私を踊る』 https://t.co/joPjv4dRGD
    いいね

    残念
  • koiddon
    昨日フランス映画祭で観た『ポリーナ、私を踊る』の原作のバンデシネ『ポリーナ』を読了。実は映画優先で未読だったんだけど、敢えて言うよ。原作の方が断然に傑作! https://t.co/151lOXxevl
    いいね

    残念
  • koiddon
    フランス映画祭2017で『ポリーナ、私を踊る』を観賞。少女の成長物語の映画として良く出来てるけど、それは彼女と家族の、そして師との人との関わりにおいてであり、肝心の彼女とダンスとの関わり「なぜ踊るのか」という思いや情熱が突き動かさ… https://t.co/YOp7QaOFnO
    いいね

    残念
  • ryoko_og
    映画「ポリーナ、私を踊る」バレエのプリマを目指す主人公、親が無理して教育費を作るも、踊りに感情がないと言われて悩み紆余曲折…と言う自分探し。終盤のダンスはスローな動きを流麗に見せて秀逸。途中苦労してくすぶってる様は重いですが、その分踊りに感情が乗ります。お父さん何だか色々ヤバそう
    いいね
  • Kremlin89877321
    ポリーナ私を踊る、前半のバレエ学校やリハーサルのシーンが見応えあって面白かったけれど、感動したかというと…んー。
    いいね
  • hanyako
    どうでもいいけど、「婚約者の友人」と「ポリーナ、私を踊る」を見てつくづく実感したのは「母国語以外に喋れる言語あると強おい…!」ということだった…。そこ押えてないと外へいけないもんね!(そして「セルゲイ・ポルーニン」も思い出し、「バレエ、めっちゃ金かかる」ともしみじみ思った…)
    いいね
  • runrunlou
    「ポリーナ、私を踊る」とても良かった。ボジンスキー先生が厳格で、確固としていてかっこいい。ラスト、ちょっとだけ微笑むところも素敵😊
    いいね
    もっと見る Loading...