TOP >作品データベース >三度目の殺人

三度目の殺人

みんなの感想/評価
「三度目の殺人」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
80%
  • 良い
    55
  • 普通
    10
  • 残念
    5
総ツイート数
14,645
ポジティブ指数84
公開日
2017/9/9
配給
東宝、ギャガ
上映時間
124分
解説/あらすじ
「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当すること...
(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • takajan72
    『三度目の殺人』妻とレイトショー鑑賞。誰が犯人か?に注力しながら観つつも、同時に人が人を裁くことの難しさが実感できます。それは法廷への違和感から始まり、司法制度限界の確信へと至ります。そんな中で繰り広げれる駆け引きは見応え十分です。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『三度目の殺人』是枝作品としては、かなり異色作だろう。問題作と言っても良いかもしれない。法廷ミステリーだと思って観たらかなり裏切られるはず。役所広司の演技はまさに鬼気迫るものがある。年齢を重ねるごとに凄味も増している。
    いいね

    普通
  • pachupa410
    『三度目の殺人』一言足りとも聞き逃したくない台詞の重さに惹き込まれ、役所さんの怪演が光る三隅に重盛同様重なり合っていくのが自分で分かった。面会をする度に三隅と重盛がガラスを通して「一緒」になっていく演出は素晴らしかった。人を裁くとは?この映画の全てはそこにある気がした。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    74本目『三度目の殺人』。刑事裁判は民事と違い真相の究明を目的とするはずでは・・・法廷戦術しか念頭になかった弁護人が、被告人の証言に翻弄されつつ、やがて真実を渇望するようになる様が面白かった。役所広司の演技は役柄さながらに一枚上手。
    いいね

    良い
  • mooovie
    『三度目の殺人』を鑑賞。見応えのあるミステリーで、結局最後まで分からない。見ている人に判断を委ねるような作品。重盛と三隅のガラス越しの会話がとめも印象深く残る。法廷では真実は争われない。あるのは、調整だ。まるで藪の中だ。三者三様の言葉が重くのしかかる。殺意も黙殺も器の殺人も。
    いいね

    良い
  • misachi68
    今から『三度目の殺人』観る〜♪ワクワク◟(๑•͈ᴗ•͈)◞ #eiga #movie
    いいね

    良い
  • MondMasa
    『三度目の殺人』彷彿とさせたのが『ライフ・オブ・ザ・デビッドゲイル』だけれど映画としてのアプローチは全く違う。人の命を扱う裁判官に憧れたという男の目的は何だ?というより、彼の存在によって主人公が初めて真相に立ち向かうという構図。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    『三度目の殺人』度々殺人の供述を変える男とその弁護士、被害者の娘を描いたミステリーというよりは法廷劇なので驚愕の真実が明らかに…⁉︎みたいなタイプの映画ではなく、そもそも真実とはなんぞや?法による裁きとはなんぞや?と問いかけてくる。
    いいね

    良い
  • yuzutsuki
    『三度目の殺人』ミステリーを求めると、肩透かしくらうな。ラストをどう解釈するかは、人それぞれで難しいところか。配役がうまいなぁと思う中、圧倒的に役所さんが凄かったなぁ。さすがだ。後、すずちゃんも要所で強い印象を残す好演だったと思う。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『三度目の殺人』法廷ミステリーだけど入り組んだ展開でわかりにくさはあるが、役所広司の鬼気迫る演技と広瀬すずの純真さでどんどん引き込まれていく。配役もいいよね。何気ないところで市川実日子の正義感の検事とか満島真之介の青っぽい弁護士とか。福山雅弘も悪くはない。役所広司との対決もいい。
    いいね

    良い
  • shi_i18
    『三度目の殺人』役所さんの「手」が本当に語ってた。人物が、深くて深くてとにかくすごい。すずちゃんも良かった。そして、福山さんが大人になってた。
    いいね

    良い
  • 370sana
    昨日はもう1本『三度目の殺人』を鑑賞。 行間が多くていろんな解釈が成り立つ映画。もう1本の『ダンケルク』とは対比的に、常に考えながら見ていた気がする。役所広司、広瀬すずの表情、行動、言葉が、さっきまで考えていたことを良い意味でひっくり返される。 もう一度じっくり見たい。#映画
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <三度目の殺人>重厚な心理ドラマ。ピーナッツバターがたっぷり。誰でも相手に『自分が見たいもの』を投影させてしまうものなのかな。だから、犯人は私達の思考の鏡で解釈は人それぞれ。それが事実であれ嘘であれ、法に則り一定の判断は下されるー。
    いいね

    良い
  • yumberry_108
    『三度目の殺人』デキる弁護士の戦略、登場人物の思いやり、嘘、いろいろがないまぜになって問いかけてくる。これという明確な答えはないので、こちらの解釈に委ねられているのだろう。一つ一つのシーンが丁寧に描かれているためか少し冗長に感じた。
    いいね

    良い
  • anzu_tan
    『三度目の殺人』役者の熱が凄い。広瀬すずの暗い眼差しが印象に残る。真実はどうだったのか、自分の中で散りばめられたピースをうまく組めなかった感じが残る。後であれこれ話し合いたくなるような作品には違いない。個人的にラストは好きじゃない。
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『三度目の殺人』確かにこれはモヤモヤするわw 人を裁く行為、弁護する行為に対し虚実交えた供述で周囲を撹乱する被告人や遺族に、見てるこちらも頭を揺さぶられてクラクラした。真実を探るヒントは散りばめられていたけど、それすら素直に受け取っていいのかわからなくなる。見応えある映画だった。
    いいね

    良い
  • e_sotihh
    『三度目の殺人』、かなりつまらなかった…テンポ悪すぎ。テーマはわりと深いんだけど。 あと、やっばり福山雅治は福山雅治だな。キムタクと同じ。
    いいね

    残念
  • kukucoo
    →今年は人は「器」であり、命は理不尽に運命に操られるものであり、真実は委ねられるという作品を3本観た。『沈黙』と『哭声』と、これ。ラストの役所さんが『哭声』の國村さんと重なって見えた『三度目の殺人』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『三度目の殺人』最初から最後まで緊張感緩まず見た。法廷における「真実」は勝ち負けのための道具であり結果が全て、というお仕事だけれども、そこに重なってくる外の世界の真実が重い。私たちは見えるものしか信じない。今、象のどこを触っているのか考えず生きる #eiga #映画
    いいね

    良い
  • emim20177348
    『三度目の殺人』最初から最後までスクリーンを見入っていた。司法(裁判官・弁護士・検事)の在り方やタイトルの解釈は、観た人それぞれの受け止め方がある。鑑賞後にあれこれ考える醍醐味がある作品だと感じた
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    ichiwheat
    3623movies / tweets
    advertisement

    follow us