TOP >作品データベース >ヒトラーへの285枚の葉書

ヒトラーへの285枚の葉書

みんなの感想/評価
「ヒトラーへの285枚の葉書」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    29
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
919
ポジティブ指数91
公開日
2017/7/8
原題
Jeder stirbt fur sich allein
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
103分
解説/あらすじ
ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録をもとに執筆した小説「ベルリンに一人死す」を映画化し、ペンと葉書を武器にナチス政権に抵抗したドイツ人夫婦の運命を描いたドラマ。1940年6月、ベ...
(C)X Filme Creative Pool GmbH / Master Movie / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • fleur_eau
    『ヒトラーへの285枚の葉書』不条理な屁理屈を押し通すナチスの高官を除いて、それぞれ立場は違っても己の“正しい道”を貫き通す姿には感服。些細な批判さえ封殺する国家に未来はあるのかの問いかけはキナ臭くなっている現代社会にも通じる。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ヒトラーへの285枚の葉書』いつでもどこでも連れ添って歩く夫妻の姿がとてもよかった。あと、同じアパートの住人「冷血フロム」判事がとても素敵でした。親衛隊の大佐はミカエル・パーシュブラント。大きくて怖い。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ヒトラーへの285枚の葉書』ある日届いた最愛の息子の戦死を知らせる紙切れ。独裁政権への静かな抵抗を始めるある夫婦。今で言うなら「現政権での未来は暗い、RTお願いします」で斬首である。ブレンダン・グリーソンのいぶし銀の演技が光る。
    いいね

    良い
  • kc_katsuyuki
    『ヒトラーへの285枚の葉書』ナチスの理不尽さに葛藤しつつも押し潰されてしまう警部に感情移入した。息子を失った夫婦の深い悲しみが伝わった。ヒトラー批判のハガキにあそこまで神経質になるなんて、独裁なんて所詮は砂上の楼閣なのだと感じた。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「ヒトラーへの285枚の葉書」ドイツ人全てがヒトラーを称賛していた訳じゃない!』https://twitter.com/yukigame/status/898933623969112069
    いいね

    良い
  • akeake10
    『ヒトラーへの285枚の葉書』ペンとカードで静かにナチスに抵抗する夫婦のお話。核となるストーリーも興味深いけど、戦時中の忖度の悲壮感が凄い・・・そんな中でも良心をきちんと謳う人もいるし、押しつぶされてしまう人も。E.トンプソン◎◎
    いいね

    良い
  • kittokittojp
    『ヒトラーへの285枚の葉書』期待通りの作品、ナチス物は心して観なければいけません
    いいね

    普通
  • pharmacy_toe
    『ヒトラーへの285枚の葉書』間違っていることを「間違ってる」と言うことの勇気と難しさを描く。たとえ味方がいなくて孤独を感じても、必ず、どこかに正義はあり、彼らの思いはその後も受け継がれていくんだと思えたことに、希望を感じた
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ヒトラーへの285枚の葉書』劇場で鑑賞。息子を亡くした夫婦による、国家への小さき反抗。怒りも無念も内に秘め、黙して行動し続ける信念の強さに感動する一方、原題が示す、閉塞的で盲目的な社会の、時代の寄る辺なさが鑑賞後も苦く響く。秀作
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ヒトラーへの285枚の葉書』@HTC有楽町|ユダヤ人だけではない、ヒトラーの支配に苦しんだのは。戦争で一人息子を亡くしたドイツ人夫婦だったり、ナチスの暴力に屈してしまう警部だったり。戦争に加担しないことは簡単ではない、日本だって。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ヒトラーへの285枚の葉書』実話ベースの作品って、やっぱりリアリティが重要だと思う。作品として良かっただけに、ドイツが舞台のお話でなぜ台詞がドイツ語でなくて英語なのか?そこが引っかかり過ぎて作品に集中できず。良い作品なのに残念。
    いいね

    普通
  • mim_3_
    『ヒトラーへの285枚の葉書』最愛の者を失った夫婦が起こしたささやかな抵抗なのだけど、ぜったいそういう結果になるであろうことは覚悟の上だったんだろうね。他にも一人の人として葛藤する警部、冷酷な上層部、それぞれのキャスト持ち味発揮見応えありました。パーシュブラントのキレた顔が怖い…
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ヒトラーへの285枚の葉書』世の中の流れに押し流されていた夫婦が最愛の息子を失って初めて間違った時代の流れに気づく。小さな力しかなくても何かしないではいられなかった夫婦の思いのが強く胸を叩く。18枚の重みを感じる #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ヒトラーへの285枚の葉書』ドイツ語も英語も分からないけど、響きの違いは分かる。ドイツ語で作ってほしかったな。実話らしいけど、関係者はほぼ亡くなってるだろう中でどのように取材したんだろう。全て読んだ警察官が記録を残したのか #映画
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『ヒトラーへの285枚の葉書』なんとも切なく苦しい実話ストーリー。息子を亡くし、国を信じられず信念を貫く夫婦。だけど何度も、もうやめて~と思っちゃったよ。捜査する警部も苦しいよね。 #映画
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ヒトラーへの285枚の葉書』息子への思い、夫婦の強さと絆。カードを書いたくらいで世の中は変わらないのは分かっていたはずでも、静かで深い抵抗は響きました。窓からカードを放すシーンは印象的。カードはドイツ語なのに台詞が英語なのは残念。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ヒトラーへの285枚の葉書>英題“Alone in Berlin”の英語の作品。「ヒトラーの希望は命令だ」という台詞に『総理のご意向』が重なる。この夫婦って、せいぜい架空名義で政府の批判をつぶやいたくらいの影響力でしょ? なのに。
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『ヒトラーへの285枚の葉書』エマ・トンプソンとか使っているから仕方ないのかもしれないけど、ドイツが舞台なのに台詞が英語なので違和感がありあり。そこは残念。でも何時の時代も声は届かなくとも反対している人達は必ずいるんだなー。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『ヒトラーへの285枚の葉書』夫婦の強靭な精神力と自国が間違えた道を突き進む疑念、また愛する息子を奪われた空虚感が痛いほど伝わり、何度もこれで終わりにして・・と願わずにはいられない気持ち。実話です。#eiga #movie
    いいね

    良い
  • tomochan2013101
    『ヒトラーへの285枚の葉書』実話にびっくり。でも日本でも戦争中に反戦運動もあったし。親の心情が痛いほど伝わった作品。秀逸。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...