TOP >作品データベース >パーソナル・ショッパー

パーソナル・ショッパー

みんなの感想/評価
「パーソナル・ショッパー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
57%
  • 良い
    15
  • 普通
    9
  • 残念
    1
総ツイート数
2,142
ポジティブ指数86
公開日
2017/5/12
原題
Personal Shopper
配給
東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
105分
解説/あらすじ
「アクトレス 女たちの舞台」のオリビエ・アサイヤス監督が、同作に続いてクリステン・スチュワートと再びコンビを組み、第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で監督賞を受賞した心理ミステリー。忙...
(C)2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mim_3_
    『パーソナル・ショッパー』ファッションが推されてたような気がするし、見てみたらスピリチュアルな話だったのだけど、わたしは執着を描いた作品のように思えた。目の前にないモノへの執着。雇い主はたまに顔合わせるが基本兄も彼氏もみんな彼女の前にいない。意外な展開もありで、私はかなり楽しんだ
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『パーソナル・ショッパー』オカルトとして楽しんだけど奇妙な手触りの映画w 見たいモノは見えず彼女を傷付ける存在に付け込まれるのは兄の死の傷心故か、或いは心の奥底で人生を変えたいと思っているからだろうか。ホテルの件がよく分からないし、鑑賞後の疑問は尽きない所が好きだね。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『パーソナル・ショッパー』劇場で鑑賞。まさかこんな内容とは思わなかった。心霊テイストにサスペンスの要素が加わった奇妙な手触りの作品。不可解な事態に困惑するたび繰り返す暗転と対をなす、ラストシーンに感じる不思議なカタルシスが好い。良作
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『パーソナル・ショッパー』ファッション界の話ではなく、霊感のある女性のホラー話と巻き込まれたサスペンス。別物のようにも思うが自動扉の意味は。。。ラストもよくわかんない。嫌いじゃない。 けど疑問がいっぱい残ってる。解説してほしい。
    いいね

    良い
  • 624ken
    TOHOシネマズ新宿『パーソナル・ショッパー』を鑑賞。双子の兄を亡くしたセレブの買い物係の不思議な話。謎めいておもしろい。何かいるんじゃないかという感覚で、ぞくっとしていいね。クリステン・スチュワートさんがセクシーで魅力的でした。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『パーソナル・ショッパー』ポスターから受ける印象と違う超独特な作品で面白い。なんかよくわからない雰囲気がずっと持続したまま映画が終わり、鑑賞後も妙に残る。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『パーソナル・ショッパー』クリステンの横顔が美しくて見惚れた。買う行為の醍醐味の楽しみを徹底的に排除した潔さ。買う方も着る方も事務的で消費ではなく消耗に思えた。譲らない何かを持つ女優と、主人公は何かを探しつつ期待してるように感じた。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『パーソナル・ショッパー』序盤ホラー映画と思いきや、後半はサスペンス、ラストはある意味人間哲学的要素の映画と解釈は別れそう。人間の深層心理の闇や恐怖をクリスティンが熱演。CHANELカルティエなど高級ブランド一見の価値あり
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『パーソナル・ショッパー』アサイヤス監督×クリステン・スチュワートのタッグ再び。「アクトレス」で地味だったクリステン・スチュワートが魅せる。ホラー、スピリチュアル、サスペンス、そしてファッション、色々な要素が不思議に同居した作品。
    いいね

    良い
  • Yokoteen
    観賞記録。『パーソナル・ショッパー』
    いいね

    良い
  • kmrks
    『パーソナル・ショッパー』(Personal Shopper)鑑賞。060 クリステン・スチュワートの美貌の偉大さがわかる作品。ほどほどのサスペンスで好きな作品。劇場で観る映画。 #eiga
    いいね

    良い
  • 85053bbec6d2417
    『パーソナル・ショッパー』②サスペンス、オカルト、ホラーの要素もあり戸惑いつつも人間ドラマとしてまとめる監督の力量を感じる。暗転し続ける中、白い光に包まれて終えるラストは赦しや解放に思えて清々しい気分に浸れる。#映画
    いいね

    良い
  • 85053bbec6d2417
    『パーソナル・ショッパー』①虚構と現実、欲望と禁欲の狭間で生前の兄との約束に縛られながら別の自分をどこか夢見る孤独なモウリーンをK.スチュワートが崩れそうなほど繊細に演じる。様々な解釈ができそうで数回観ても楽しめそう。#映画
    いいね

    良い
  • ayanya_candy
    『パーソナル・ショッパー』続き。結末を観る人に委ねる感はまさにフランス映画、という印象を受けました。主演のクリステン・スチュワートは何を着ても美しかった!#映画レビュー
    いいね

    良い
  • ayanya_candy
    『パーソナル・ショッパー』試写会にて。想像していたよりもキラキラお洋服(ハート)みたいな感じはなく、スピリチュアルな世界をベースにしたドキドキさせられるサスペンスでした。#映画レビュー
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『パーソナル・ショッパー』では、今期のADDICTIONのテーマになっているヒルマ アフ クリントについて調べるシーンが劇中に登場。ADDICTIONで買い物をしたときに知って、気になっていたアーティスト。なんてタイムリー。
    いいね

    良い
  • asapu918
    『パーソナル・ショッパー』試写。観る度に解釈が変わりそうな難解ミステリー&若干ホラー。数々の不可解現象は亡くなった兄の仕業なのか?それとも彼女自身なのか?虚構と安定の狭間で「別人になりたい自分」と葛藤するヒロインをクリステン・スチュワートが熱演。古楽器を用いた音楽も新鮮。
    いいね

    良い
  • kentam3121
    全く言語化できなかったパーソナルショッパーの感動を素晴らしく語られてる方が!すごい 余計にこの映画が好きになる。
    いいね
  • nonchalant999
    パーソナルショッパーは不思議な味わいの映画だった。要素混ぜ過ぎて薄味感あるのに後からじわじわくる。パンフの青山監督と評論家の樋口さんの対談読むとまた見たくなること請け合い。でもこの対談、マリアンヌのネタバレしてるから、マリアンヌ未見の私は少し哀しかったりw
    いいね
  • yuka
    『パーソナル・ショッパー』:見終わって思い出したのがカポーティの短編小説『ミリアム』。セレブの代わりに買物を代行し、双子の妹であるという、公私に誰かの「分身」として生きてきたモウリーンの揺らめくアイデンティティ。サイコサスペンスというよりニューロティックな幽霊譚。面白かった。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    ka_mito
    1699movies / tweets
    advertisement

    follow us