TOP >作品データベース >ドリーム

ドリーム

みんなの感想/評価
「ドリーム」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
99%
  • 良い
    191
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
3,296
ポジティブ指数95
公開日
2017/9/29
原題
Hidden Figures
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
127分
解説/あらすじ
1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボーン、メアリー・ジャクソン...
(C)2016 Twentieth Century Fox
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • saaco5909
    『ドリーム』2回目観てきた。大好きだわ。女性として元気や勇気貰える。尊敬と感動。NASAに貢献した三人の実在する人物。差別、偏見と闘いながら三人とも凛と毅然とカッコいい。そして天才的頭脳の持ち主で凄い!K・コスナーの上司も良いですね
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『ドリーム』★★★★☆こんな事実があったなんてていう驚きがいい。
    いいね

    良い
  • marumarumoheji
    『ドリーム』とどのつまり、差別というのは「慣例」なのだな。慣例だからそれを続けることに疑問を持たないし、破ろうとすると反発する。だが、慣例が不合理をもたらすなら、それは正されるべきだろう。
    いいね

    良い
  • nagao_max
    『ドリーム』本人には無自覚ともいえる、社会の規範に組み込まれた差別と偏見について言及している作品です。この映画にオスカー取って欲しかった!と強く思いました。
    いいね

    良い
  • NakanishiMasa
    『ドリーム』静岡市静岡シネギャラリー/アフリカ系アメリカ人女性達が実力で信頼を勝ち取って行く話だが、決して重くなくて笑えるシーンがいっぱいあり、楽しかった。
    いいね

    良い
  • nekotaimu
    『ドリーム』タイトルはベタな感じなんですがテンション上がり盛り上がる作品でした。今はコンピューターで弾き出される計算が当時は人間で行われていた凄さとそこからくる緊張感が良かった。当時の様々な差別問題も興味深い。
    いいね

    良い
  • koring95
    『ドリーム』裁判所での演説シーンが素晴らしい。キルスティンダンストの役が真実なんだろうな。
    いいね

    良い
  • fullswing_mizu
    『ドリーム』とても前向きになれる作品。個人的にツボだったのはNASAがコンピューターを導入するのに入り口の寸法を測ってなくて入り口を壊すところ。心の中でお前は荒井注かとつっこんでしまいました。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ドリーム』差別を受けながらも自分達の道を進んでいく黒人の彼女達がすごくかっこいい。そしては、宇宙ロケット開発戦争において彼女たちがなくてはならない存在となり、やがて月へ行くまでになった歴史をみてもその偉大さがわかる
    いいね

    良い
  • eiji12121
    『ドリーム』 夢を見てもいいじゃない 声をあげなきゃ始まらない 初めての人が決断し名前を残して行く。 素敵な作品でした(^^)
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ドリーム』そういう映画にしても作り方が上手い。60年代のピカピカの車とファッション。綺麗に整理された広々とした部屋。当時の黒人でこれだけの生活を維持していたのだからそれは国の為に頑張るよな。才能あればこそだけど。映画の中の音楽も元気でるヒップホップで楽しい。コメディ調で。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ドリーム』この映画をロケット好きの金正恩や北朝鮮の国民に観せたら友好ムードになるんじゃないか。でも最初でアカのソ連に負けてたまるかというスタンスだからな。「アメリカン・ドリーム」の形を取りながらNASAのシステムに取り込まれていく有能な黒人女性の映画か。今だとブラック企業だな。
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『ドリーム』UCキャナル。60年代の米国、宇宙開発を支えたNASAの黒人女性スタッフ3人の活躍を描く。ポットもトイレも肌の色で使い分けられていた時代、差別と闘いながら才能と努力で居場所を勝ち取っていった3人の姿に感涙。彼女たちを見守り、支える家族や恋人の温もりに心洗われた。
    いいね

    良い
  • 2440560316
    日本のジェンダーギャップ指数、過去最低を更新 114位に https://t.co/C47kCOuNBL 映画『ドリーム』を見た方ならわかると思うけど、差別問題は男性問題なんよ。頑張ってね、日本の男性のみなさん。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『ドリーム』つづき。プロジェクト成功譚でもあるし、悪い意味でも日本人受けしそう。二番館でもじわじわ伸びるのではないかしら?「きっと、うまくいく」パターンで。蓋を開けてみればこの邦題もアリかな。副題?あをマーキュリーに差し替えれば桶!
    いいね

    良い
  • allgreen
    『ドリーム』つづき。メイン三名のデキるおねえさんサイドと日常を生きる女性としての側面とのバランスも好かった。偏見は肌の色もんだいだけではなく、家族間にもあるにはあって、そこが氷解するシーンがまた素晴らしくてね。文房具。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『ドリーム』鑑賞。むかしむかし、肌の色でこっぴどい差別や偏見がまかり通っていた頃のお話。登場人物がそれらに苛まれるシーンが、後になって反転で描かれるところ最高!モブの小芝居までもが丁寧だし、衣装や音楽も素晴らしかった!サントラ買う!
    いいね

    良い
  • itikoro
    元祖キャリアウーマン達の仕事に対する誇りや意識の高さ、自身の心持ち、他者を排除と認める表裏一体の文化の結果に安堵。ケビン・コスナーの力仕事っぷりに笑った。素敵な映画でした。
    いいね

    良い
  • haitaka1231
    『ドリーム』荒井注のカラオケボックスみたいな事件がNASAでもおきていたことに驚くw
    いいね

    良い
  • HIP_K
    『ドリーム』晴れの日も雨の日も…独りで走り続ける“Runnin'”、2人で走る“Able”、パワー漲る“I See A Victory”…ファレルが作品の為に書き下ろした楽曲はどれも素晴らしく、作品とのシンクロ度合いも抜群にイイ!!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...