TOP >作品データベース >ビジランテ

ビジランテ

みんなの感想/評価
「ビジランテ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    18
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
3,168
ポジティブ指数95
公開日
2017/12/9
配給
東京テアトル
上映時間
125分
解説/あらすじ
「22年目の告白 私が殺人犯です」「SR サイタマノラッパー」シリーズの入江悠監督によるオリジナル脚本作品。大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太の主演で、入江監督の地元である埼玉県深谷を舞台に地方都市特...
(C)2017「ビジランテ」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • d_hinata
    『ビジランテ』初日舞台挨拶@テアトル新宿♪三者三様の人生だけど、二郎の付かず離れず上手くズルくみたいなとこがどこか他人事な感じがしなくて引き込まれた。あと篠田麻里子の立ち居振舞いはそれだけで伝わってくるものが多くてほんとすごかった!
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「ビジランテ」守るものとは何なのか。認識が違うとこんなにも相容れる事は無い。』#ビジランテ https://twitter.com/yukigame/status/941357450560540673
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ビジランテ』出てくる女優が全員お顔が上の上以上。それだけでも凄いのに父親に似てきた大森南朋にイメージままの鈴木浩介と血液を失った顔が最高に絶品の桐谷健太。ベストアクト。アウトレイジ軍団も。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ビジランテ』戦争の起こし方を丁寧に描いているのに紛れもなく観客の隣の家同士の出来事。巻き込まれる怖さがある。深谷市は北新横浜の景色に似てるし。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ビジランテ』全カット、全所作、全小道具に意味がありそうに見えるから普段映画を見慣れてない人には入門としてこの映画を見て他人の感じたことを聴いて擦り合わせてみるといいと思います。
    いいね

    良い
  • akato2023
    ビジランテ 日本の地方の独特な閉塞感が的確に描かれている。 磐石さを感じられる内容にマッチした脚本だが欲を言えば三兄弟にもっと焦点を合わせてほしい。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『ビジランテ』地方都市に根付く血と地の呪縛に翻弄される三兄弟。忌み嫌う「故郷」それでも他人が土足で入る事は許せない「故郷」護る為に其々が払う代償が丁寧に痛々しく描かれる。全てを呑み込む二郎の挨拶は兄弟への誓いに感じた。監督本領発揮
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ビジランテ』劇場で鑑賞。閉塞的な地方都市から発せられる磁場に絡め捕られる三兄弟。脱却すら脳裏に過らず…過る余地すら無く、与えられもしない陰惨さが徹底して強調される。主演3人の演技は実に見事で、特に終盤の次男の挨拶シーンは白眉。傑作
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ビジランテ』 北関東の寒々しい風景がズシンとくる作品。大森南朋演じる一郎が、そこまでして守ろうとしているものが正直ピンと来なかった。一番へたれに見えた二郎が、全てを呑み込んで挨拶する、終盤のシーンの鈴木浩介の演技が圧巻。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『ビジランテ』入江悠監督オリジナル脚本作品。三兄弟並びのクレジットながら桐谷健太が主役と言っていい大活躍。埼玉県の架空の都市を舞台に繰り広げられる和製アシュラ。サイタマノラッパーとまた違う顔を見せる冬の深谷市がゾクゾクするR15+
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ビジランテ』@ テアトル梅田観。暴力と負の血の連鎖。抗うがその術を知らない哀しき参兄弟。継承、傀儡、反発。死しても濃く酷、容赦なくその陰は覆う。「靴を脱げよ…」土足で踏み滲られ荒らされる歪み醜くも平穏だった世界。閉塞な泥沼感が蜷局を巻いて舌を出す。総て呑み込んだ彼の進呈はまた…
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『ビジランテ』今年観た実写邦画の中では、個人的にベスト級だ…! 絶望的な磁場の中、何かを守ろうとしたその代償を血で支払う登場人物たち。 目立つ場面だけど、焼き肉屋の箸(串?)が、この磁場にスタックしてしまっている暗喩に見えた…
    いいね

    良い
  • aienkien1959
    『ビジランテ』三兄弟のかっこよさにしびれました。「靴を脱げ!」と言う一郎(大森南朋)、女たちからサブちゃんは助けに来てくれると言わせしめる三郎(桐谷健太)、全てを受け止めて涙ながらに挨拶の言葉を述べる二郎(鈴木浩介)。必見ですね。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『ビジランテ』3人全員に言えることは、こうして生きるしか無かったと。とても重い言葉で、其々の田舎への縛り付けられ方が痛いほどに上手く丁寧に描かれてる。暴力シーンばかりなのも、実家の門の狭さとか、思い出せば出す程作品の重さが刺さる。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『ビジランテ』血縁の過去と切れぬ絆、或いはそれは最初から存在しないのか。三郎の言う通り話し合いが必要だったが遅きに失したのは父親の呪い?夫を愛してるようだが何かが違う妻?オマケに問題を抱える日本の地方都市?盛り込み過ぎで焦点見えないしタイトルの意味も?最後まで鬱なのも好みでない。
    いいね

    普通
  • chusingura
    『ビジランテ』地方に漂う閉塞感と不穏な空気が妙なリアリティを持って迫ってきた。それぞれの兄弟の辿る運命の対比が良かった。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ビジランテ』数えたカットは478。今作は画が強い。田舎の様子を捉える引きの画、役者の顔に寄った画、暴力シーンの数々など印象的なシーンが多い。ただ、イベントで指摘のあったように川に入るシーンたちは意外と物語全体に対して弱い働きだったかも。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ビジランテ』鑑賞。作品開始一時間は全然物語が入ってこず、バイオレンスなどが激しくなる後半も画としてはすごいのだが物語にはノレないまま終幕。しかし、終幕後パンフレットを読んだりしながら思い返すと少しずつ咀嚼できてきて、結果面白いと思うようになった不思議な経験をした。
    いいね

    良い
  • damegane_dameo
    『ビジランテ』凄く出来のいい和製ノワールだった。全編を覆う不穏で乾いた空気の元に、片や長年生き別れだった兄弟の関係が崩壊しきったドラマが展開され、片や終わることのない復讐の連鎖が描かれる。女優陣が色っぽく撮られてるのも良い。難点は編集のブツ切り感が否めなくて違和感を感じた。
    いいね

    良い
  • azu92828179
    『ビジランテ』3兄弟の行方、スクリーンにクギ付け。厳格な父親の影、似る兄、継承する次男、仲介役の三男。妻たち。それぞれの自警団、私も末っ子。判る!時折スクリーンを通過する高崎線、郷土愛(ネギランテ)があった。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...