TOP >作品データベース >人生はシネマティック!

人生はシネマティック!

みんなの感想/評価
「人生はシネマティック!」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
98%
  • 良い
    43
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
1,800
ポジティブ指数95
公開日
2017/11/11
原題
Their Finest
配給
キノフィルムズ
上映時間
117分
解説/あらすじ
第2次世界大戦中のイギリス・ロンドンで、映画製作に情熱を注ぐ人々を描いたヒューマンドラマ。1940年のロンドンでカトリンはコピーライターの秘書として働いていた。人手不足のため、彼女が代わりに書い...
(C)BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • adzukiaddict
    『人生はシネマティック!』ビル・ナイは、ホントどんな役でも素敵ですね。こじんまりとしていますが、いい映画でした。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『人生はシネマティック!』プロパガンダ映画を作る為に数々の難題が降ってかかってくる。そして現実の空襲の中で映画作りをする人々。映画だから脚本的に美味い話になってはいるがそれでも『ダンケルク』よりは感動したな。半分はラブストーリーだからか。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『人生はシネマティック!』オープニングに兵器工場で働く女性。2シフトで14時間労働とか。それでは戦意高揚にならないので「ダンケルク」の物語を。そこで起用されたのが女性脚本家となるカトリン。負傷兵の夫の稼ぎでは生活できないから。女性自立の映画だけど映画の裏側を描いて面白かった。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『人生はシネマティック!』コミカルに映画愛に満ちた舞台裏をみせる映画かと思いきや、空襲下の英国を舞台にした出会いと別れ、ロートルが国民のためにやりたくない役を見事に演じる姿があまりにも切なくで涙ナシには観ることができない映画。傑作。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『人生はシネマティック!』プロパガンダを強制されながらも、疲弊した国民に勇気や希望を与えるため命令に妥協しながらも、その可能性を模索する姿は実際の映画制作現場と重なる。渋い英国俳優らに魅せられる。米国への皮肉もチラリ…?(笑)
    いいね

    良い
  • overmanendwar
    『人生はシネマティック!』予告以上の驚きは無い分ディテールが味わい深い。台詞ブーメランとかやり過ぎない程度の劇中劇とのシンクロとか。男女ロマンスとしてしっかりしてるし最後には百合の香りまであった。「ダンケルク」直後に観れたのは幸せ
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『人生はシネマティック!』「ダンケルク」より後の公開で良かった。ダンケルクの大撤退がどんなものか、あの映画を観ていなかったら、よく理解できないところもあったかも。そして、全く予想外の切ないラストの一方で、ビル・ナイがいい味出してる。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『人生はシネマティック!』劇場で鑑賞。第二次大戦時のロンドンで映画製作に携わる人々。様々な横槍、或いは空爆、時代故の喪失に曝されながらも完成に漕ぎ着ける姿を端正な脚本、演出で魅せていく。要所でユーモアを齎すビル・ナイが愉快。良作です
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『人生はシネマティック!』、原題は『Their Finest』。直訳すると『彼らの最上級』…… ……多分、違うなw
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『人生はシネマティック!』観てきた。『ダンケルクの撤退』を描く映画制作を軸に、それに関わる人々の数奇な生き様を描く。声高に戦争の悲惨さを叫びはしないが、主人公が脚本家として抜擢されるのも戦争が故の結果と思うといろいろ考えさせられる。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『人生はシネマティック!』第2次世界大戦中、ロンドンの映画作りに参加する女性脚本家と先輩脚本家の恋模様。働く女性の地位や既婚の差別に苦悩しまた空襲の中今しかない瞬間を生きる人々に感動。脚本家って凄い!#eiga #movie
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『人生はシネマティック!』空襲に怯える人々を勇気づけるため、必死で映画を作っている人々を観て、2時間だけでも恐怖や愛する人を亡くした悲しみを忘れさせてくれる映画の素晴らしさを感じた映画だった。だから私も映画が好きなんだと再認識した
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『人生はシネマティック!』へえ~脚本はそうやって作っていくのかなど色々な面で勉強になった。まあ別に脚本書くわけじゃないけど。そして事実に基づくといわれるとそのまま100%事実と思い込みがちだが、そこは脚色の腕の見せ所やね
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『人生はシネマティック!』鑑賞。 いろんな部署から注文を付けられ四苦八苦して脚本を作るヒューマンコメディかと思ったらきちんと真面目に作られた良い話。 そして、ビル・ナイ!!!知って10年以上経つけどあんなにも歌が上手だったなんて!
    いいね

    良い
  • saruyan66
    『人生はシネマティック!』ビル・ナイが出ているだけでも名作。自分にとってはイギリス版「この世界の片隅で」でした。つねに死と隣り合わせの世界で、模索しながら日常を生きていく登場人物たち。そして映画を愛する一人として魂を揺さぶられる作品
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『人生はシネマティック!』とにかく映画愛にあふれた作品!コメディ要素をちりばめながら、最後はきっちり感動させてくれます。映画好きは必見ですよ。
    いいね

    良い
  • amgswb2013
    『人生はシネマティック!』鑑賞 うーん…期待はしてたんだがもう1つだった。揺れる理想、ねじ曲げられる脚本 でも1つの作品を作るために奮闘する…と言うのは分かるが フィクションならもっと地味にビルドする物語の方が良かったかも
    いいね

    普通
  • ruruo
    『人生はシネマティック!』この映画はもちろんフィクションなんだけど、それを含めて「事実は小説よりも奇なり」だね。行け!ケルベロス!(Bow-wow!)
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『人生はシネマティック!』映画づくりも技術的にも政治的にも横やりが入って大変ねと思って見ていると、爆撃があったりツラいシーンがあったりして戦時下の話だと意識が戻される。でも適度にコメディ風でビルナイのキャラクターが辛さを中和してくれて良い。クラフリンは眼鏡姿だが時折美麗ショット有
    いいね

    良い
  • Limawano55
    人生はシネマティック! 品のある作品。小品の顔をしている大事な話。懐かしい温かさ、その理由は観客が言ってくれている。普通の人間が普通に愛に気づくまでの道のり、そして戦争が日常であること。いいですね。ベテラン俳優とエージェントが沁みた
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...