TOP >作品データベース >人生はシネマティック!

人生はシネマティック!

みんなの感想/評価
「人生はシネマティック!」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    21
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
939
ポジティブ指数96
公開日
2017/11/11
原題
Their Finest
配給
キノフィルムズ
上映時間
117分
解説/あらすじ
第2次世界大戦中のイギリス・ロンドンで、映画製作に情熱を注ぐ人々を描いたヒューマンドラマ。1940年のロンドンでカトリンはコピーライターの秘書として働いていた。人手不足のため、彼女が代わりに書い...
(C)BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tsuya_pi
    『人生はシネマティック!』 ★★★☆ 人が映画を好きなのは、そこになにかしらの意味が込められているストーリー構成が存在するから。実際はそうではない「無意味な」人生にどう向き合うか、それがその人らしさであり生き抜く強さにもなる。
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『人生はシネマティック!』もう一度ダンケルクとタイピストが見たくなって、ビル・ナイに癒されて。あれは、地でいってるんじゃないかな。 あちこちに、いい人が出演してて、 良い感じかと思いきやどかんときて。
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿武蔵野館で『人生はシネマティック!』を鑑賞。戦時中の映画製作。空襲がある中で、よく制作よね。数々の横やりが入りながらも機転よく見事に脚本を変えていく。映画っていいねーって思える映画でした。ほんとよかった。感動です。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『人生はシネマティック!』戦争の悲惨さも困難を乗り越えての映画制作も、笑いも織り込まれて素敵な作品。カトリンが脚本に携わってから、どんどん美しくなっていくのも興味深いところでした。男女は共有する時間で左右されるところもあるのもね。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『人生はシネマティック!』ダンケルクを題材にした映画を作るため奔走する脚本家の話、良かった~♪ビル・ナイの使い方が最高!!ある意味主演だよ♡泣いたし笑ったし、ときめいたし、劇中劇にも感動♪やっぱり犬が大事だよね☆
    いいね

    良い
  • orange_sorbet
    『人生はシネマティック!』すごく良かった…戦時下の映画製作、それもダンケルク撤退作戦(ノーラン的モブ!)が題材、なのにどこかユーモラス、困難な状況も機知と調和で切り抜ける主人公や彼女を見守る皮肉屋の脚本家、わがまま放題の俳優などなど魅力的なキャラクターたち、最後はボロ泣きでした!
    いいね

    良い
  • kerakuten
    『人生はシネマティック!』どんなに制約の多いプロパガンダ映画だろうが、いい映画はいい❗「人生の1時間半を捧げるに値するか?」答はyes❗です。
    いいね

    良い
  • yukolilina
    『人生はシネマティック!』とても良かった。戦時中に士気を高めるための映画製作に関わった人たちのお話。コメディタッチの軽い映画かと思ったら、戦時中のヘビーな場面も多少。笑いと泣きのバランスもよく、この邦題は合っていると感じたよ
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『人生はシネマティック!』②王道ながら豊かなドラマに感情が昂ぶる。人生は思い通りにいかず、映画のように劇的でもない、だから面白く味わい深い。哀しみに暮れても生きる強さを示すラストに笑い泣き。B.ナイが抜群の存在感で物語の要所を締める
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『人生はシネマティック!』①いつ果てるかもわからない命と知りながら国民の希望となるべく映画に情熱を燃やす人々。映画製作と戦争下でエゴを通すだけの男には出来ない女性ならではの調和と感性が輝く。劇中劇と本作が相互リンクする展開は
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『人生はシネマティック!』事実は小説ではなく、映画より奇なり。事実ではないけどね。チャンスがあるなら、それを活かさないのは「死」に負ける事って、あの時代、チャンスがあるってだけで運がよかったんだ。なんだか重い言葉だね。 #映画
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『人生はシネマティック!』新宿武蔵野館。第二次大戦の最中、映画製作に情熱をかける人達を描いたヒューマンドラマ。笑いあり、涙あり、感動あり…映画の楽しさを存分に堪能。いや〜映画って本当に良いもんですね、と思わずにはいられない良作。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『人生はシネマティック!』@新宿武蔵野館|おじさま界の最高峰ビル・ナイ!史上最大の撤退「ダンケルク」の美談をシネマに落とし込むため映画人の奮闘、なかでも役者としての経験と才能を持つプライド高い老境の役者役がハマる。歌のシーン、感動。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『人生はシネマティック!』鑑賞。戦時中のプロパガンダ映画の製作という設定が特殊で興味深い。脚本家としてトムにスカウトされ、才能を伸ばして行くカトリンの成長や恋が生き生きと描かれる。B・ナイ演じる個性的な老俳優も良い。#eiga
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『人生はシネマティック!』意外な良作品。第二次世界大戦中の話ながら性差格差やLGBTなど現代映画的テーマはしっかり盛り込み、更に脚本家のお話らしく喜怒哀楽全て詰め込んだストーリー。勿論、映画ってやはりいいねと思える作品なので特に映画ファンにはオススメの一作。ジェマさんも魅力的。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『人生はシネマティック!』鑑賞。映画製作にまつわる作品にまた面白い1本が加わった。ダンケルクを扱ったプロパガンダ企画。脚本に加わった女性によってより人間的なドラマに。人生の虚実が重なる時の輝きが胸を打つ。脚本家の映画でいい台詞の連続だが一部唐突さも。映画って難しく、素晴らしい。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『人生はシネマティック!』劇中の映画を感激して観ている観客たち。その観客たちと同じようにこの作品に心を奪われた。戦争のためではなく、普遍的な愛や勇気を描いて人々を感動させるために映画を作る。そんな素敵な映画愛を心地良く味わえました。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『人生はシネマティック!』②から映画って面白いって改めて思わずにはいられない、そんな作品。てか、なによりサム・フランクリンがいいhttps://ameblo.jp/bird210bird/entry-12323368831.html
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『人生はシネマティック!』①人生は映画のようにはいかない。だから面白い。不測の事態の連続だ。そんな、人生を映画になぞったような作品。人生と映画製作が重なりあったような、現実と創り出された世界が織り交ざったような悲喜交々の人間模様。だ
    いいね

    良い
  • kmrks
    『人生はシネマティック!』(Their Finest)鑑賞。114 奇しくもダンケルク撮影。ビル・ナイの二重三重の挙動の重みが効く。かなり集中して見入った良作。下期でトップ3に入る。 #eiga
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...