月と雷

みんなの感想/評価
「月と雷」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    10
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
832
ポジティブ指数97
公開日
2017/10/7
配給
スールキートス
上映時間
120分
解説/あらすじ
直木賞作家・角田光代の同名小説を「海を感じる時」の安藤尋監督のメガホンで映画化。子どもの頃に母が家出したため、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子。スーパーのレジ打ちの仕事をしながら、家と仕事...
(C)2012 角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • sa9237a
    『月と雷』もしもこんな関係の幼馴染がいたら、それはそれで楽しいだろうなと。いやそういやいたよな。でももう何十年もあっていないからちょっと状況違うか。それにしてもあの母親になんで男たちは次々と惹かれていくんだろうかは疑問だな
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『月と雷』予告編では地味かと思った予想を裏切られ、とても良い作品。原作角田光代はどうしようもない女を描くと天下一!根無し草の草刈民代が最高。情感がじっとり残って、父親役と恋人役もスッキリしない男で、それがよかった。
    いいね

    良い
  • xxxapcs24
    『月と雷』愛のある作品。3回観ました。心が温まる。本読んでから観るとなお良い。草刈さんの演技がすごく良い。高良さんの優しさが滲み出てる作品。初音さんの熱い演技とても魅力的です。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『月と雷』一緒に住んでいた父親の愛人の子がふわっと来て、愛人も来て。出ていった実の母親も、父親違いの妹も含め、どこかみな自由人。でも、独りで生きてきたから、心乱されながらも幸せな疑似家族体験になったのかな。それならいいけど。
    いいね

    良い
  • 624ken
    テアトル新宿で『月と雷』を鑑賞。子供の頃ちょっとだけ一緒に暮らしていた父の愛人と息子が現れてから日常がざわざわと動き出す。元父の愛人が、やさぐれ感があり、自由な暮らしっぷりがすごいね。疑似家族っぷりの素敵な感じを味わえた。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「月と雷」出会って別れて、それが人生の仕組みであり、また出会う事も出来るのかもしれない。』https://twitter.com/yukigame/status/918921593891332096
    いいね

    良い
  • movielong
    『月と雷』を観てきました。ネタバレ少なめ。 https://ameblo.jp/movielong/entry-12318766669.html http://tsukitokaminari.com/
    いいね

    普通
  • okayadomidorin
    『月と雷』①実の母親ではない、父親の愛人に何故それほど親しみを感じていたのかが分からなかったが、根無し草のような生き方に惹かれていたのかもしれない。きちんとした生活を望みながら、きちんと働いている上司より働かないヒモのような男に惹か
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『月と雷』普通人ぽいのに作中で突き抜けて魅せる初音映莉子の美しさにやられるw 同時にほぼスッピンの実年齢感で役柄を演じる草刈民代の心意気も素晴らしい。喪失を改めて味わい過去と自分を見つめ直した上で前に進む物語は好きだよ。高良くんは相変わらずモテ男w
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『月と雷』 映画デビュー作の「うずまき」から初音映莉子を観てきてると、こんな業の塊みたいな女性を演じ切るようになったんだと感慨深い。とはいえ草刈民代はそれを軽々と凌駕する化け物のような存在感で、女優道の奥深さを感じさせられる。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『月と雷』@京都シネマ|所帯染みてなんの刺激もない日々を送っているもっさりした女性が面倒に巻き込まれたり、現実逃避の風来坊が安定を求めてみたり。なんとなくわかるんだよね〜と最後はなんだか爽やかな気持ち。脇の木場勝己&黒田大輔がイイ!
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『月と雷』試写。角田光代の小説の映画化。複雑な家庭環境に育った孤独なヒロインを初音映莉子が好演。父の愛人の息子との不思議な関係は、まるで幼子が毛布を手放さないかのような安心感で結ばれている。重いテーマだが、高良健吾の明るさが印象に残る。ただ、血縁関係が少々分かりにくかった。
    いいね

    良い
  • a__1oxa_
    月と雷の高良健吾のSEXシーンがリアルすぎて鳥肌ものだから皆にみてほちい
    いいね
  • akimay007
    映画「月と雷」を観てきました。 終わった後に疑問を解消するために原作を読みたいと思いました、むしろ先に読むべきだったかも。 主人公の初音映莉子さんの演技が素晴らしかったです。
    いいね
  • oginoyoichi
    テアトル新宿からジャック&ベティに移ったが、安藤尋監督の新作『月と雷』は素晴らしかった。止まっているのに流れている、吹き溜まっているのに旅しているということが同時にある。悲しいのについ笑顔になってしまうくらいの軽妙なにがさと共に。
    いいね
  • neco_neco_3
    角田光代の月と雷が面白かったから、映画も観ようかなと思ったら新宿は3日までだったー。
    いいね
  • TsumuTerrazzo
    安藤尋『月と雷』父を亡くした娘が父の元愛人と息子に再会し、そこに異父妹も交えた擬似家族が描かれる。捻れた家族ドラマだが、フーテン女の草刈民代のやさぐれ感、息子の高良健吾の人懐っこさが対照的で面白い。田んぼの一本道が、エリセの『エル・スール』よろしく美しく描かれている。面白かった。
    いいね
  • aikawajenjenn
    安藤尋『月と雷』。 成瀬・神代的な、茨城変形家族再会劇の傑作。 自転車の音、衣擦れの音、高良健吾の語り、等、録音・整音が完璧。 箪笥扉の開閉は、トイレの扉、雨戸外しに反復変奏され、底抜け炎上する。 定住・母性愛幻想を吹き飛ばす、草刈民代のやさぐれっぷりは助演女優賞最有力。
    いいね
  • KabaJunko
    『月と雷』草刈民代演じる飄々とした宿借り女、対照的にどこか捨て鉢な主人公、そして不思議な距離感の詰め方で主人公の生活を侵食してくる人々との奇妙な共同生活。演技と話の運びが絶妙で筋書きのトンデモさは気にならず。初音映莉子の軽く8歳は若く見える美しい裸身も素晴らしい。#ciao802
    いいね
  • Shomonasist
    安藤尋監督『月と雷』鑑了。寓話的な感じもする。思わず笑えてしまう良作。
    いいね
    もっと見る Loading...