月と雷

みんなの感想/評価
「月と雷」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    7
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
697
ポジティブ指数100
公開日
2017/10/7
配給
スールキートス
上映時間
120分
解説/あらすじ
直木賞作家・角田光代の同名小説を「海を感じる時」の安藤尋監督のメガホンで映画化。子どもの頃に母が家出したため、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子。スーパーのレジ打ちの仕事をしながら、家と仕事...
(C)2012 角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Kubric2001
    『月と雷』一緒に住んでいた父親の愛人の子がふわっと来て、愛人も来て。出ていった実の母親も、父親違いの妹も含め、どこかみな自由人。でも、独りで生きてきたから、心乱されながらも幸せな疑似家族体験になったのかな。それならいいけど。
    いいね

    良い
  • 624ken
    テアトル新宿で『月と雷』を鑑賞。子供の頃ちょっとだけ一緒に暮らしていた父の愛人と息子が現れてから日常がざわざわと動き出す。元父の愛人が、やさぐれ感があり、自由な暮らしっぷりがすごいね。疑似家族っぷりの素敵な感じを味わえた。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「月と雷」出会って別れて、それが人生の仕組みであり、また出会う事も出来るのかもしれない。』https://twitter.com/yukigame/status/918921593891332096
    いいね

    良い
  • movielong
    『月と雷』を観てきました。ネタバレ少なめ。 https://ameblo.jp/movielong/entry-12318766669.html http://tsukitokaminari.com/
    いいね

    普通
  • okayadomidorin
    『月と雷』①実の母親ではない、父親の愛人に何故それほど親しみを感じていたのかが分からなかったが、根無し草のような生き方に惹かれていたのかもしれない。きちんとした生活を望みながら、きちんと働いている上司より働かないヒモのような男に惹か
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『月と雷』普通人ぽいのに作中で突き抜けて魅せる初音映莉子の美しさにやられるw 同時にほぼスッピンの実年齢感で役柄を演じる草刈民代の心意気も素晴らしい。喪失を改めて味わい過去と自分を見つめ直した上で前に進む物語は好きだよ。高良くんは相変わらずモテ男w
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『月と雷』 映画デビュー作の「うずまき」から初音映莉子を観てきてると、こんな業の塊みたいな女性を演じ切るようになったんだと感慨深い。とはいえ草刈民代はそれを軽々と凌駕する化け物のような存在感で、女優道の奥深さを感じさせられる。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『月と雷』@京都シネマ|所帯染みてなんの刺激もない日々を送っているもっさりした女性が面倒に巻き込まれたり、現実逃避の風来坊が安定を求めてみたり。なんとなくわかるんだよね〜と最後はなんだか爽やかな気持ち。脇の木場勝己&黒田大輔がイイ!
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『月と雷』試写。角田光代の小説の映画化。複雑な家庭環境に育った孤独なヒロインを初音映莉子が好演。父の愛人の息子との不思議な関係は、まるで幼子が毛布を手放さないかのような安心感で結ばれている。重いテーマだが、高良健吾の明るさが印象に残る。ただ、血縁関係が少々分かりにくかった。
    いいね

    良い
  • doridori2021
    月と雷、やっと明日観に行ける❤️神戸まで高速乗ったり2時間で到着予定、迷わず着きますように~ 学校に登校する子供達より早く出なくては😊東京なら高良くんに会えるのにね😣切ない… 映画館でしっかり目と耳にやきつけてきます😄
    いいね
  • una_dolce_vita
    こないだ「月と雷」観てきたんですが、高良健吾くんの「次、おれ、うえになりたい!」が、すてきすぎました。なにあの無邪気さ。そのセリフからの場面転換の早さも良かった◎見終わったあとは、心は重たくなったけど。原作も買ってあるので、読んでみよう。
    いいね
  • yuzured09
    「月と雷」感想 「幼な子われらに生まれ」とはまた違う家族のあり方を問う映画だと思いました。 最初は少し違和感がありましたが、観ていくうちに気にならなくなってきたのは、やはり俳優さんたちの演技が素晴らしかったからだと思う。
    いいね
  • es_kora
    「月と雷」の原作を読みました。智の気持ちが書かれていて興味深かった。例のシーン😳の重みがとてもある。映画が泰子目線だったから新鮮だった。お父さん、直子は映画が圧倒的に良いです。映画をみて、太郎さんが気になった人はぜひ原作を読んでほしい。
    いいね
  • 7thcontinent
    安藤尋監督『月と雷』キラキラしたりガツガツした感じの苦手な人、そういうものに疲れた人にはじんわりと温かい作品。そういう意味でスールキートスが配給しているのも頷けるが、ここには共感や癒やしの押し付けがましさみたいなものはない。あくまで安藤尋的な、体温の低い感じの作品になっている。
    いいね
  • Shima_Haruka17
    映画『月と雷』初音映莉子と高良健吾のキャスティングが絶妙すぎる。幼少時から生きる時間が止まった孤独な女を救済する血縁を超えた“家族”のような人々。偶発的に形成された幻想家族による束の間のユートピアが彼女を救い、生活を作り、再生させては去っていく物語に大きな強度を感じる傑作。
    いいね
  • kotobatokarada
    映画『月と雷』を観て、ずっと考えていた。草刈民代のあの迫力について。根無し草のようにふらふらとしているようで、自分を曲げられない頑固さ。そういう美しさが、あの人からほとばしって、なおこさんになっていたんだなあって、今は思う。
    いいね
  • hossy_4341
    映画「月と雷」 濃くも薄くもなく、ほんのり面白かった。 久しぶりかもな、時計を見なかったのは。 原作、読んで見よー
    いいね
  • yue_pipot
    高良健吾みたさに月と雷を見てきた! こういう雰囲気の映画を見慣れないのだけど、日常を切り取る感じが良かったなぁ。なんかじんわり心に来る話だった。登場人物みんな好きだった!
    いいね
  • 5H1H044
    『月と雷』📽 高良くん良い✨よくある邦画な感じだったけど。 『ドリーム』📽 事実だということが素晴らしい✨題名はHidden Figuresの方が相応しいと思う。 『あぁ荒野 前編』📽 面白かった✨思ったよりエンターテインメントな作品だった。長さも気にならず、続き気になる。
    いいね
  • besi_sake
    『月と雷』初音映莉子が凄い素敵だ!そして草刈民代も凄いわ。
    いいね
    もっと見る Loading...