TOP >作品データベース >女神の見えざる手

女神の見えざる手

みんなの感想/評価
「女神の見えざる手」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
98%
  • 良い
    71
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
3,762
ポジティブ指数95
公開日
2017/10/20
原題
Miss Sloane
配給
キノフィルムズ
上映時間
132分
解説/あらすじ
「恋におちたシェイクスピア」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」のジョン・マッデン監督が「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャスティンを主演に迎え、天才的な戦略を駆使して政治を影で動かす...
(C)2016 EUROPACORP - FRANCE 2 CINEMA
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • fleur_eau
    『女神の見えざる手』銃規制をめぐる頭脳戦。駆け引きの面白さをエンタメに昇華している脚本の巧みさと演技力の確かさに舌を巻く。イヤな女性が主人公だが、ジェシカ・チャスティンの魅力で引き込まれる。もう少し社会派寄りでも良かったか。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『女神の見えざる手』、原題は『Miss Sloane』でジェシカ・チャステイン演じる主人公の役名そのまま。最近では『ハドソン川の奇跡』の原題が『Sully』であったのとほぼ同じ。この手の原題は配給会社は嫌いなんだろうね(・ω・)
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『女神の見えざる手』、主人公は「ものすごく切れ者で、成功のためには手段を選ばない非情なキャラクター」を女性であるジェシカ・チャステインが演じている。この手のキャラを女性に演じさせているのがある意味、現代的だったけど、この映画のツボ。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『女神の見えざる手』観てきた。アメリカの銃規制に関するロビー活動を法廷(今回の場合は公聴会)の場をメインに描くサスペンス。多分にフィクションを交えてはいるが、硬派な内容とエンターテイメント性も両立させた出色の出来で抜群に面白かった。
    いいね

    良い
  • kerakuten
    『女神の見えざる手』ロビイスト・・なんと因果な商売!メジャー映画で脇役止まりだったのを主役にしたのはスゴイ。https://ameblo.jp/kak-dela/entry-12321391170.html
    いいね

    良い
  • nm_ikabutamodan
    『女神の見えざる手』高いプロ意識と強い態度、当然のように人を利用し、的確な判断でシナリオを描き目的を果たす。追い詰められた時は味方が現れ、信念を貫き通した代償として助け舟にも乗らない。痛快過ぎる。個人的には敗北感を描いて欲しかった。
    いいね

    良い
  • nm_ikabutamodan
    『女神の見えざる手』久しぶりの映画館。ジェシカ・チャステイン好きだ。グッドワイフにハウスオブカードの味付けをしたような映画だと感じたり。ラストの展開は予想の反対だった。高すぎるプロ意識の下地には人間の善悪がしっかりとあるべきだ。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『女神の見えざる手』勝利依存症で、人として越えてはならない線すら越えるリズ。なのに、どこか惹かれる部分がある主人公を演じるジェシカ・チャステインがすごい。想定外だけど有利に働く事もあって、確かに女神の見えざる手はあった! #映画
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『女神の見えざる手』@TOHO日本橋|カリスマ的な女性ロビイストの手練手管が見事。想定外の大ピンチには平然としていられない表情も見せたり、汚い手口も使うけど、ここまで卑劣だと逆に清々しかったりもする。サンローランが衣装提供、素敵!
    いいね

    良い
  • fuuya
    『女神の見えざる手』はーーーなるほどね!そういうね!!おもしろかったです!!!
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『女神の見えざる手』見応えは満点!ロビイストって職業が日本では馴染みが無いのでやや解り辛いかと思ったけど、グイグイ作品に引き込まれた。綺麗な女は怖いね。ジェシカ・チャステインの演技には風格が出てきた。爽快さは無いが落とし所も良い!
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『女神の見えざる手』膨大で込み入ったセリフなので、細かい点で理解出来ないところもあるのが少し残念。冷徹で目的のためには手段は選ばない主人公に距離を感じるが、最後の展開がなんとも爽快。こういう終わり方スキ
    いいね

    良い
  • renn6161
    『女神の見えざる手』ピンヒールとよく通る声。J・チャステインしか彼女を演じられる人間はいないじゃないか!強い女を描いた作品に良作が多い年だが、これはねぇ、面白いっ。もう1度脳内再生して楽しんでみるつもり。シリーズ化しないかなぁ。
    いいね

    良い
  • ara_shinya
    『女神の見えざる手』鑑賞。主演のジェシカ・チャステインありきな感じではあるけど、なかなかスリリングなポリティカル・サスペンス。銃規制問題を扱っているからか製作がヨーロッパ・コープ。てか、この会社ってベッソン案件以外も作ってるんだな。
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『女神の見えざる手』 やはり法廷劇は米映画だよな。と思わせる見応えたっぷりな作品でした。J・チャスティンの冷血敏腕ロビイストぶりがとても板に付いてました。映画が好きでよく見る人なら満足する人多いのではないでしょうか。この作品。
    いいね

    良い
  • maccha6madame
    『女神の見えざる手』クールで強い女、自分の目標のためなら味方さえ戦略の駒に使う勢い。しかし、先の先を読むラストには、、、ここまで完璧に生き抜く女性は「アドミック・ブロンド」とはまた違うかっこいい女。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『女神の見えざる手』劇場で鑑賞。とことんダーティで強かなスローン女史の、表層的な倫理感でなく確固たる信念に基づく精神性に惚れ惚れ。硬派な作風に厚みある人物造形、緻密に構成されたシナリオ等、これはなかなか非の打ち所が見当たらない。傑作
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『女神の見えざる手』勝つために手段を選ばないのにゲスな感じがしないのは、彼女の信念が揺らがないからか。なんでも一人でできるけど、腹心が居たし伏兵も居た。自分を欺くことはなかったのか。キャリアに命を引き換えることなくて良かった。ほっ。
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「女神の見えざる手」(続き)主人公エリザベスを取り巻く脇役達のエピソードが彼女の人物像を巧みに描いている事に感心。中盤からの逆転に次ぐ逆転劇、ラストの聴聞会シーンにも魅了された。最後まで洪水のような情報量の会話劇なので頭がクリアな時に見ることをお勧めします。
    いいね

    良い
  • nodatetu
    『女神の見えざる手』(原題: Miss Sloane)TOHO日比谷。話題作に隠れて目立ってないが、素晴らしい良作!米国の銃規制強化法案を通す為にあの手この手で突進する女性ロビイスト役をJ.チャステインが超クールに熱演。魅力的な脚本、伏線の回収、編集テンポが秀逸!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...