TOP >作品データベース >リンキング・ラブ

リンキング・ラブ

みんなの感想/評価
「リンキング・ラブ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    15
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
946
ポジティブ指数100
公開日
2017/10/28
配給
BS-TBS
上映時間
116分
解説/あらすじ
「デスノート」前後編の金子修介監督が萩島宏の同名ネット小説を実写映画化し、1990年代初頭のバブル末期にタイムスリップした女子大生が両親の離婚危機を阻止するべく奔走する姿を描いた青春SFコメディ...
(C)2017 AiiA Corporation
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • KanataXa87235
    『リンキング・ラブ』アイドル門外漢だが評判聞いて観に行って本当に良かった。タイムパラドクス+へっぽこチーム物→アイドルの存在意義すら示した脚本が素晴らしい。演者は各々魅力的。特に石橋杏奈さんの圧倒的美少女感と中尾明慶の怪演が出色。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『リンキング・ラブ』主人公がラップを始めると急に流れるビートボックスはランプの魔人からのサービスってことでいいんですよね。面白い映画を観れた。中尾明慶さんと樋井明日香さんが最高に素晴らしい。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『リンキング・ラブ』あと明らかにCDジャケットなどがCoCoを意識したCoCoRebornというアイドルグループのポスターの中に本物のCoCoのStraightのポスターが混ざってるのが混乱した。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『リンキング・ラブ』あとクライマックスで歌う歌があkb48の「制服が邪魔をする」というメッセージ性の強い歌だと思うのだけど、なぜこの選曲なのでしょうか。大学生なのに。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『リンキング・ラブ』この映画は主人公が根本的な問題解決よりもAKBに入りたかったという夢を優先させるうちにいつの間にか問題が解決してるという型ちで言わばあまちゃん型。主役が成長せずに周りが変わっていく。彼女の計画に勝機はあったのか。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『リンキング・ラブ』一応タイムパラドックスものとしても矛盾がないのにも好感が持てる。コマキンがラップやってたのもいい。加藤諒は弥生時代からあの顔なんですかね。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『リンキング・ラブ』ラジオで粗筋を聴いて軽くて面白そうだと思ったのに予想以上に面白かった。主演の二階堂ふみフィリピンサイボーグもかわいい。HINOIチームの人の不貞腐れダンスも最高にかわいい。時かけの相手役の人の弾けっぷりに号泣。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    恋するフォーチューンクッキーが好きなあなたに『#リンキング・ラブ』。個人的AKBで1番演技が上手いと思う田野優花がポップで弾けまくり!+惜しみない映像と楽曲提供するAKBグループの懐の深さ。それをドラマに落とし込む監督の手腕も僕好み
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『リンキング・ラブ』うわっ、懐かしい~、あんな人いた~と声が洩れる。昭和感半端ない(笑) 若い人よりバブル時代を知ってる世代にウケる作品だと思う。田野ちゃん、やっぱりバリバリのアイドルだね。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『リンキング・ラブ』 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」+「バブルへGO!!」にAKB48の楽曲を塗して3で割った感じ。一見カオスな題材を、青春アイドル映画の佳作としてキレイに着地させた、金子修介監督のいぶし銀の演出力に脱帽。
    いいね

    良い
  • juna151
    『リンキング・ラブ』 いい作品ですが、上映館を増やして欲しいです。
    いいね

    良い
  • ukyosann3
    『リンキング・ラブ』アイドル礼賛映画🎬 ホンマモンAKB田野優花ちゃんのパフォーマンスが光る! 非選抜でこの輝き! AKB48の底力、深さが見えると言うもの!
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『リンキング・ラブ』で、ラッパー役の駒木根隆介とバブリーに身を包んだ上埜すみれも発見。地元の映画館コロナ大垣で二人を観たのは初めて。エンドロールにお二人の名前を観て嬉しくなった。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『リンキング・ラブ』数えたカットは1247。AKBのライブシーンがかなり長尺できっちり映されるので、彼女たちがどれぐらいのパフォーマンスをしていたか感じられた。バブルファッションとか大きい携帯とか25年前の物も感じられたし面白かった。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『リンキング・ラブ』鑑賞。タイムスリップの展開に甘さはあるが、それを吹っ飛ばすパワーがあった。25年前の再現も面白かったし、その時代にAKBをやってしまおうという展開も実際に役者たちがライブに挑むため応援したくなった。アイドルを好きになる気持ちが少しわかった気がする。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『リンキング・ラブ』試写。金子修介監督、AKB48の田野優花主演のコメディ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』みたいな話。バブル末期当時の流行や当時を振り返るを前半の描写が面白い。後半はアイドル色全開で圧巻のステージシーンが続く。脇役も濃く、エンタメのツボを掴んだ楽しい作品。
    いいね

    良い
  • gizasikijituki
    リンキング・ラブは歴史に残る傑作なのに、ここまで話題に上らないのはどういうことなのだろうか。
    いいね
  • chijine
    「リンキング・ラブ」の劇中歌の「制服が邪魔をする」がすばらしい。この曲のためにソフトを買うまである。「恋するフォーチュンクッキー」の石橋杏奈ちゃんがかわいい。「フライングゲット」の眞嶋優ちゃんもとてもかわいい。48の曲を踊ってる久田莉子ちゃんと磯原杏華ちゃんを久しぶりに観た。
    いいね
  • MatsuiTo
    『リンキング・ラブ』観る。いいかげんなようでいて実は日本裏文化史の論文みたいな凄まじい映画。画面の白さとか食い気味の間とか現実感が浮遊したような芝居とか、あのこっ恥ずかしい時代の記憶を後世に託さんとする金子修介の俺がやらねば誰がやる的使命感に震える。適当さがまたいい味。良い加減。
    いいね
  • namekabu_nameto
    二度目の【リンキング・ラブ】鑑賞。 やはり、泣けるのは「制服が邪魔をする」のダンスシーン! いそちゃんの踊る姿には泣けてしまう。 粗捜し的には、BEATに関して。 時代設定には存在しないS2000のシートに加え、トヨタMR-Sのウインドデフレクターが… #リンキング・ラブ
    いいね
    もっと見る Loading...