TOP >作品データベース >歓びのトスカーナ

歓びのトスカーナ

みんなの感想/評価
「歓びのトスカーナ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    10
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
355
ポジティブ指数96
公開日
2017/7/8
原題
La pazza gioia
配給
ミッドシップ
上映時間
116分
解説/あらすじ
「人間の値打ち」などで知られるイタリア映画界の名匠パオロ・ビルツィが、緑あふれるトスカーナを舞台に、診療施設を抜け出して行き当たりばったりの旅に出た2人の女性が、次第に友情で結ばれていく姿を描い...
COPYRIGHT (C) LOTUS 2015
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mim_3_
    『歓びのトスカーナ』鑑賞前のイメージと全然違う、重たいテーマだったが、ヴァレリア演じるキャラが所々コミカルで、いい感じに中和していた。精神病棟で出会った女性二人の不思議な友情物語は痛々しいところ多々だったが、温かさも感じ、ほどよく辛さ・笑い・重さを取り込んだ良い映画でした。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『歓びのトスカーナ』イタリア版『テルマ&ルイーズ』は納得。日本とは違う精神病診療施設の在り方など初めて知ることも多い。主演二人が素晴らしい、特にV・B・テデスキは圧巻。前半はイマイチ乗れなかったが、後半は身を乗り出す。
    いいね

    良い
  • tomochan2013101
    『歓びのトスカーナ』美人女優テデスキのはじけっぷりがイイ!イタリアの精神病院の様子も興味深かった!誰でも心に傷ってある。
    いいね

    良い
  • garancear
    『歓びのトスカーナ』邦題やポスターの人間賛歌アピールと随分違う、精神を病んだ女性達の施設からの逃避行。難しい題材を映画にしたなと感心するばかりだったが、痛々しくも暖かい包容力のある良いバディものだった。見事だ。テデスキが名演。#映画
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『歓びのトスカーナ』鑑賞。心を病んだ人々の診療施設で出会ったベアトリーチェとドナテッラの旅。感情移入しにくい2人の心情を鮮やかに描き切る監督も凄いが、2人の演技力にも恐れ入る。それにしてもイタリア映画は奥が深い。#eiga
    いいね

    良い
  • chiaki_hayashi
    『歓びのトスカーナ』③1978年のバザリア法以来、精神病院廃絶への努力をしてきたイタリアならではの映画。トスカーナの丘の上のレンガ造りのヴィラを改造したケア付きグループホームは2人が帰ってもいいと思える場所。精神科医は白衣を着ておらず、風通しのよい組織らしいことが描かれてもいる。
    いいね

    良い
  • chiaki_hayashi
    『歓びのトスカーナ』②にもかかわらず、いいよ、それが人間というものだわサと、気がつけば妙に納得させられて2人を愛おしくさえ想っている自分がいるのだ。これはひょっとしてスゴイこと!? ロクデモナイ男に入れ揚げてビョーキになった2人だけれど、男を見る目はなくても女の本性には超敏感。
    いいね

    良い
  • chiaki_hayashi
    映画『歓びのトスカーナ』①自称「伯爵夫人」で虚言癖のあるハイテンションのベアトリーチェと痩せこけてウツどっぷりのドナテッラ。2人の精神科の施設からのハチャメチャな逃避行。こんな女(ひと)たちとは金輪際お友達にはなりたくないとつい天を仰いでしまうほどの、はた迷惑な困ったサンたち。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『歓びのトスカーナ』診療施設から脱走する2人が起こす騒動が迷惑極まりないけれど、その壊れた心に宿るのは愛されたいという純粋な飢えだけ。裕福だろうが貧しかろうが、誰でもバランスを崩す時がある。傾いた人生を支え合う関係が底無しに優しい。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【歓びのトスカーナ】二人の破天荒な逃避行はコミカルさとは裏腹に次第に過去の深い心傷を浮かび上がらせる。心の病故に更なる不幸に見舞われる者達に何処までも優しく寄り添う視線。V.B.テデスキの止まらぬ躁の演技が圧巻…素晴らしい。 #映画
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『歓びのトスカーナ』イタリア映画祭@朝日ホール♪普段は陽気でうるさいほどにおしゃべり、時々どこか変、そしてふと姿を現す狂気。。積み重ねて解き放たれた感じもしたけどそれ以上に痛々しかった印象でタイトルから思ってたのとはちと違ったな…。
    いいね

    普通
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『【イタリア映画祭】「歓びのトスカーナ」女の友情だって固いのよ。そこらの男に負けませんわっ!』 https://t.co/L89kdZiu0T
    いいね

    良い
  • PerroChien
    『歓びのトスカーナ』 映像も音も演技も賑やかでうるさくて状況はいっこうに解決することなく空虚ですらあるんだけど、描かれる表層の感情の裏側に、真意の感情が積み上がっていくの。あまり描かれてないのにたくさん描かれてるの。なんて見事な表現なんでしょう。
    いいね

    良い
  • PerroChien
    『歓びのトスカーナ』 ドナテッラとベアトリーテはそれぞれの過去を辿って行動している。だけどそのうちに裏側に積み上がっていく信頼関係。裏側。そう、裏側に表現されてるの。
    いいね

    良い
  • PerroChien
    『歓びのトスカーナ』どちらも身勝手なヘテロ男性にいいように騙され弄ばれ捨てられた。それさえなければ、そんな事態にはならなかったはずなのにね。
    いいね

    良い
  • PerroChien
    『歓びのトスカーナ』 ただただ子どもと一緒にいたいと願うドナテッラ。スノッブな生活とヘテロ恋愛に価値を置くベアトリーテは、嘘つきで泥棒でエゴイストで物凄くうるさい。それぞれに過去を背負って、未来は閉ざされてて。
    いいね

    良い
  • PerroChien
    『歓びのトスカーナ』 みてきた。パオロ・ヴィルズィ監督の四作前『はじめての大切なもの』(←これ大好き!)のミカエラ・ラマツォッティが再び主演。 またまたろくでもない無責任なくせに傲慢な男と子どもをつくって一途に子どもを想って追い詰められちゃうのね。
    いいね

    良い
  • rino5150
    「歓びのトスカーナ」ある療養施設に入所した女性二人を主役にした物語なんだけど、この二人がですね、とても共感しにくいというか、距離をちょっと置きたいような二人なんですよ。でも、映画見終わった後には、そんな二人の未来に幸せがあらんことを願いたくなるような素晴らしい人間賛歌だったな。
    いいね
  • rino5150
    「歓びのトスカーナ」ここ数年私の中で静かなブームなのがイタリア映画なんですが、その中でも大好きなパオロ・ヴィルズィ監督の最新作。今年のイタリア映画祭であえてスルーしたけども、その後2か月期待して待っただけのことはある、というかその期待を上回る素晴らしい作品だったな。
    いいね
  • ikakene
    『歓びのトスカーナ』いかにもな邦題よりはかなりシビアな話だったけれど、笑っているのに泣いてる顔のテデスキ姐さんの暴走っぷりと優しいラストを堪能した。姐さん監督作『イタリアのある城で』で母親を演じた実母マリーザさんがまたも母役で出てきたの嬉しかったなあ
    いいね
    もっと見る Loading...