裁き

みんなの感想/評価
「裁き」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    9
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
173
ポジティブ指数100
公開日
2017/7/8
原題
Court
配給
トレノバ
上映時間
116分
解説/あらすじ
自殺を扇動する歌を歌ったとして逮捕された老歌手をめぐる裁判の行方を、裁判に関わる人々の私生活を交えながら、独特の視点で描いたインド発の法廷劇。ボリウッドとは一線を画しながら創作活動を続けるインド...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • hanuman84
    『裁き』原題:COURT 結構重いものを覚悟していたけど思ったよりそあではなく淡々と材料が並べられていくような。でもやっぱりじわじわと重いか… 多様性と言ってしまえば簡単だけど本当に多様すぎてなかなか大変…
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『裁き』時代の流れがインドでも保守主義になっていく過程で対テロ法が成立して、表現の自由が脅かされるという内容だろうか。爺さんラッパーのあとがAKBのような歌って踊れる少女のグループだった。メッセージ性よりもラブソング。そして最後はバスの中で歌って踊る団体客の集団。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『裁き』ラストがいろいろ考えさせられる映画でスッキリ終らない。エピローグは何を意味するのだろうか、よくわからなかった。日常性に戻った姿なんだろけど。あと弁護士が英語であるのは裁判制度が西洋のものだという感じ。被告は現地語で通じなかったということもあった。あと劇中劇が移民排除の劇。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『裁き』裁判中に突然歌って踊るマサラムービーではないけどやっぱインド映画は歌と踊りはあるのだった。その歌で自殺幇助の罪で逮捕されるオヤジのラッパ=のような民謡歌手だった。正直裁判のシーンは眠くなったが、弁護士の論理で逆転無罪とする展開は良かった。ただまたテロ法で捕まるのが...。
    いいね

    良い
  • garancear
    『裁き』面白い!タイトルから連想する社会派法廷ものとは全く違った。裁判に関わる人々からインド社会を活写する。下層中級富裕層それぞれのリアルな日常生活が見どころだった。女性検事の通勤電車での世間話シーンの良さ。すごくなまっているが流暢な英語など言語や宗教も多様。 #映画
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『裁き』無茶苦茶な逮捕にまつわる法廷劇で、余りに不条理で“共謀罪”が頭をよぎる。法廷で裁きを受けるのは容疑を掛けられた民謡歌手だけなのか。監督が本当に裁きたかった答えが最後の15分にあるのだろう。インド社会への批判が見える。
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『裁き』インドの法廷劇。裁判の過程とともに描かれる関係者の日常。それを通して理不尽さやら階級差別やらが浮き上がってインドのいろんな現実を垣間見る。しかし、あの裁判いかにもお役所的で政治も絡んでる感ぷんぷん、当事者イライラするだろうなぁ。このやり場のない怒りはどうしたらいいのかと。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『裁き』ミュージカルではないインド映画を観たのは多分初めて。不条理な裁判と登場人物の私生活の対照を描写した点が秀逸。滑稽だと思えるシーンでも笑っていいのかわからなかった。階層、民族、言語、宗教が混ざり合う複雑なインド社会が垣間見えた
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【裁き】被告の老人歌手、弁護士、検察官、裁判官…不条理と驚きに満ちた展開の法廷と彼等のプライベートを描く。この構成のユニークさと映像描写力の豊かさ。我々とは社会通念の全く違うインドの現実と人々の多様性が見えてとても興味深い。 #映画
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • ausnichts
    はてなブログに投稿しました #はてなブログ 映画「裁き」(ほぼネタバレ)かなり新鮮ではあるが、何が伝わってくるかといえば微妙 - そんなには褒めないよ。映画評 https://t.co/uu9m3QLICN https://t.co/tWnFQc6EZG
    いいね

    良い
  • asapu918
    『裁き』試写。インドの新鋭監督による、自殺を扇動する歌を歌ったとして逮捕された老歌手の裁判劇。若手弁護士を中心に、検察官や目撃者らが集う。珍しいことに被告が殆ど登場しない。本人の心理が分からないためサスペンス性は薄いが、様々な不条理からインド社会を鋭く見つめた内容と言える。
    いいね

    良い
  • si_ci
    インド映画、「裁き」をユーロスペースで。おもしろかったな。
    いいね
  • garoto55
    インド映画「裁き」を鑑賞。こんなに淡々と進んでいく法廷映画がインドにあったんだとまず驚きでした。何とも理不尽な話なんだけど、これが国の事象なんでしょうね。いろいろと考えさせられました。
    いいね
  • Irrsys
    最近のインド映画は凄いぞ。映画「裁き」とかダンスはないし音楽すら最低限で完全に中身で勝負してたし面白かった。完成度の高いドキュメンタリ映画
    いいね
  • bongoroid
    久しぶりのインド映画「裁き」ボリウッド映画とは全然違うくて新鮮で面白かった💯 劇中で歌われるインド音楽もカッコいい👏 #映画 #movie #裁き #court #インド映画… ユーロスペースhttps://t.co/O47ISzeWaq
    いいね
  • maji_matsuken
    映画「裁き」とても静かな作品だが、様々な問題を内包しており考えさせられる。差別問題、思想統制……そんな難しいテーマをインド映画らしからぬカメラワークで淡々と写し出す。
    いいね
  • yarima51
    今週の映画は『裁き』『特別捜査』レインボーリールから短編で『始まりの駅』『誕生日パーティー』『モモ』『晴れ舞台』『ある日』『ダム』長編で『迷い子たちの物語』でした。不条理な権力に立ち向かう市井の人々を描いたものが多かった。特に『ある日』は印象的、主人公の母の対応が素晴らしい。
    いいね
  • __nekomeshi
    あまり左翼テンプレ的なことは言いたくないんだけど、政府の手足を縛らないと映画『裁き』の世界に近づくのは間違いないと思うんだよね。仮に裁判官が理性的だったとしても警察と検察が「社会の敵」認定した者の人生はとことん破壊されちゃうのよね。
    いいね
  • hisikosu
    『裁き』が今年ベスト10クラス。監督(脚本も)のチャイタニヤ・タームハネーは製作された2014年当時26歳。ヴェネチア国際映画祭で新人監督賞を受賞。当時驚異の新人と言われたデイミアン・チャゼルの一歳下で、『セッション』(2014)と同じ年にデビュー。新作はまだ未発表。
    いいね
  • zzztot
    『裁き』固定で長回し、人を動物のように撮る冷徹な観察眼は時にユーモラスで老練。でも笑えるわけでなく、その笑えなさがインド映画のイメージともまた違う、ヨーロッパ映画みたいな。若いのにこんな出来た撮り方せんでも…と思わなくないけど、気になるので追い続けちゃう新たな監督がまたここに
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2004movies / tweets
    advertisement

    follow us