TOP >作品データベース >50年後のボクたちは

50年後のボクたちは

みんなの感想/評価
「50年後のボクたちは」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
96%
  • 良い
    27
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
863
ポジティブ指数91
公開日
2017/9/16
原題
Tschick
配給
ビターズ・エンド
上映時間
93分
解説/あらすじ
ドイツ国内で220万部以上を売り上げ、26カ国で翻訳されているベストセラー児童文学を「愛より強く」「ソウル・キッチン」のファティ・アキンのメガホンにより映画化。14歳のマイクは同級生から変人扱い...
(C)2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film GmbH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kiyokiyo1222
    『50年後のボクたちは』@京都シネマ|「チック」に出会わなかったら、つまらない大人で終わっていただろうな〜どう生きるべきかを考えるきっかけになった14歳の夏休み。子供でもなく大人でもないマイクが世の中を受け入れる変化が、クール!
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『50年後のボクたちは』それまでの生活も違えば64歳で再会しても、話が盛り上がるのは難しいかと。50年後に、と言えるのも14歳だから。でも数日でも濃い日を共にしたのだから是非会って。思い切り何かをすることを忘れた大人には眩しすぎる。
    いいね

    良い
  • snow200
    『50年後のボクたちは』レイトショーでやっと鑑賞。 移民大国ドイツでもトルコ系やアジア系は他所者扱い。クラスカーストでは最下位の14才2人にとってかけがえのない最高な夏休み。 超面白かった!ありがとうファティ・アキン監督!
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『50年後のボクたちは』モンゴル系ぽく見える不思議ワル少年と線の細い主人公が盗んだ車で走り出す。居心地が悪ければその外へ飛び出していけばいいんだ。少年たちの友情は暑苦しくなく、爽快。また素晴らしい映画が観れて最高。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『50年後のボクたちは』やっぱこういうドライブ映画は音楽の良さで引っ張っていく。それもリチャード・クレーダーマンが効果的にカセットテープが伸びた演奏でポンコツ車の揺れ具合と合っていたり。ドイツの景色もいいよね。風力発電とか。50年後にまたこの場所で会おうというメッセージもいい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『50年後のボクたちは』途中で浮浪者の女の子が加わってのロードムービー。転校生がユダヤ人のロマとか自称するけどモンゴル系ロシア人みたいな外見でドイツ人の中では特異なタイプ。旅をする中でゲイとかいろいろ明らかにされるのだが、コメディタッチのドライブ映画だった。『下妻物語』的な所も。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『50年後のボクたちは』こちらはドイツの14歳(日本の中学生とぜんぜん違う)の友情物語。親がある中だったり、夏休み中の転校生との冒険だったり『わたしたち』と共通点があるが決定的に違うのは転校生がワルだった。ワイルドって言う感じの悪で陰湿なイジメとかはない。14歳の『冒険者たち』。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『50年後のボクたちは』『グッバイ・サマー』ちょこっと『天国の口、終わりの楽園』爽やかなとも違うし、だって違法?でも妙に清々しいhttps://ameblo.jp/bird210bird/entry-12319277602.html
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『50年後のボクたちは』笑えない所が多々あったけど、総じて面白かった!でも、中二病卒業出来るって触れ込みだけど、発症する映画の間違えだと思うw曲リストにロイヤルブラッドがあったけど気が付かなかった(^_^;)
    いいね

    良い
  • haripote40
    『50年後のボクたちは』はみ出す理由があり、それが自分の本質的な部分に関わるのなら、同じ感覚を持つ人にしか分からない。飛び出した先での数日の出来事が彼らの宝になり、50年後きっとあの場所で再会するはず。これはファンタジー。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『50年後のボクたちは』なんとも清々しく後味スッキリなひと夏の冒険物語。映画だからね、これは(笑)はみ出し者たちの反乱なんだけど、犯罪だからね。ちゃんと処罰も受ける。そんなところまで描かれてるから納得できる。 #映画
    いいね

    良い
  • no_emedia
    クラスで疎まれているマイク 謎の転校生チックに連れ回され 盗んだ車で大きな一歩を踏み出した 人生の数日間が互いの心に刻むのは きっと50年経っても忘れないであろう 悪がき逹が刻んだ約束・・ 『50年後のボクたちは』
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『50年後のボクたちは』この手の思春期ものの定番作品で“ひと夏の冒険”が彼らを一回り大きく成長させる。ムチャばかりする素性が謎の転校生<チック>の存在が本作を特別なものにしている。目指す地名が地図に載ってないことに暗喩を感じる。
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『50年後のボクたちは』これ原題と同じ「チック」で日本でも舞台化もされてるのね。クラスではみ出しもの的立場の少年二人の夏の冒険はかなりワイルドだった。ひやひやするわ。チックがピュアな心の持ち主でいちいち簡潔明瞭な言葉でマイクの悶々とした不安を取り除いてるのも微笑ましい。面白かった
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『50年後のボクたちは』どうなってるのか知らないけれど再会の約束はできる…ソ連は崩壊、ベルリンの壁も壊れた。その後に生きてきた子ら。国籍は?ルーツは?って会話に、ドイツの首都は?ってクイズにグッとくる。明快爽快!人生はここからやね。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『50年後のボクたちは』少年のひと夏のいたずらかと思ってたら、犯罪レベルでびっくり。だけど主人公マイクは、一生の宝物となる経験と友達を得たね。車窓の風景が綺麗。リチャード・クレイダーマンはツボでした(笑)。 #映画
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『50年後のボクたちは』原作の児童文学が26カ国語で翻訳されているとのことだが、正直私はあまり共感できなかった。ただ、主人公たちがR.クレイダーマンをBGMに、通り過ぎる風景はとてものどかで美しく、それだけでも観る価値はあったと思う
    いいね

    普通
  • frodopyon
    <50年後のボクたちは>ロシアから移住してきたユダヤ系ロマ人(笑)のチックの屈託のない笑顔が素敵・・・って、世間の目から見れば酒も煙草も無免許運転もやらかす不良少年だけど。エピローグのアニメも最高v そして何気にモテる主人公(笑)。
    いいね

    良い
  • garancear
    『50年後のボクたちは』盗んだ車で走り出す〜さえない僕、はみ出し者の僕たち、少年の一夏の成長という定番ものだがチックとマイクのキャラと冒険が楽しく爽快だった。カセットテープから流れるリチャード・クレイダーマンは笑った。 #映画
    いいね

    良い
  • chusingura
    『50年後のボクたちは』自分も車ぶっ飛ばしてこんな冒険の旅に出たい。そんな気分にさせてくれる映画でした。(ペーパードライバーのくせに…。)
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...