TOP >作品データベース >アメリカン・バーニング

アメリカン・バーニング

みんなの感想/評価
「アメリカン・バーニング」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    16
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
149
ポジティブ指数96
公開日
2017/7/15
原題
American Pastoral
配給
ツイン
上映時間
108分
解説/あらすじ
俳優ユアン・マクレガーが長編監督デビューを果たして自ら主演を務め、アメリカ近現代史を背景に描いたフィリップ・ロスの小説「American Pastoral」を映画化。1960年代のアメリカ。手袋...
(C)2016 LAKESHORE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS LLC AND LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yukitsui
    『アメリカン・バーニング』元通りの関係に戻ることのない父と娘の別れ。“私の娘はどこへ行った!?”ユアンのセリフ一つ一つが切なく重く、届くことのない娘への愛情、抱きしめたい気持ちが切なすぎます。ダコタ・ファニングの怪演が素晴らしい。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『アメリカン・バーニング』#eiga #movie 「俺はどこで間違っていたんだ?」「自問自答するしかない」って言われてもさあ~~。ううう~~。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『アメリカン・バーニング』#eiga #movie アメリカ人の知人が小さい頃ほんとべったべたで、子供が思春期になったころ、頭を抱えていた事思い出した。これ、事の大小はともかく、全世界共通の恐怖だよね。娘の頑なさがリアル~~。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『アメリカン・バーニング』#eiga #movie ユアン・マクレガーの初監督作品だっつうから、どんな作品撮ったのかなあ?と思えば!ユアン、子育てに何か大きなものを抱えているのか?これ、悪夢としかいいようもないでしょう。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『アメリカン・バーニング』1960年代のアメリカ。反戦運動に娘がのめり込んでゆくことで次第に崩壊してゆく幸せだった家族。これは切ない。「どこで間違えたのか」を自らに問い続ける人生を想像しただけで辛い。名優たちがずっしりと演じる。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <アメリカン・バーニング>絶望という感覚をとくとご覧あれ、みたいなズブズブ感。 ⇒ http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=84867476
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『アメリカン・バーニング』/アメリカ社会史を描きつつも、主軸は家庭崩壊劇か。家庭が壊れていくきっかけは、そこらに転がってるんだなぁと。将来自分がユアンの立場になったとき、こどもの暴走をどうやって未然に防ぐのか、止めるのか。難しいわ。
    いいね

    良い
  • gk21nika
    17286『アメリカン・バーニング』サスペンス・・ああ、なるほど、これもサスペンスなんや?アリなんか、なるほど。いや、ちょっとイメージ違たけど、作品としては良かったですよ。「衝撃のサスペンス」て書いてあったからてっきり(^◇^;)
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『アメリカン・バーニング』完璧に思えた人生の小さなヒビはやがて修復不能な亀裂となり崩れ去る。60年代、混沌のアメリカで踠き苦しむ父親に監督も務めるE.マクレガー。D.ファニングの鬼気迫る怪演。何がいけなかった?と問わずにいられない。
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『アメリカン・バーニング』面白かった、というか見ごたえあった。ユアン演じるおとーさん、どーにもこーにも辛すぎる…。娘を持つ父親は見てられないだろうなあ。戦争や差別の影響を思わぬところから、かつ、イヤーな形で突いてきた。原作ありきとはいえ、ユアン初監督作、とてもよかったです。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『アメリカン・バーニング』ユアン初監督は、ど~んとヘビーな家族の凹み映画。鬼気迫るダコタ・ファニングと綺麗めユアン・マクレガーが見所♪でもさ、監督が自らをこんなに美しいパパに撮って良いの?ジエニファーって年取らないな~!幸せな未来が約束されてると思ったらあらあら、人生って辛い
    いいね

    普通
  • lonegothdog
    『アメリカン・バーニング』劇場で鑑賞。幸福な人生だった筈が、何処で間違えたのか。家族の間に入る些細なヒビが決定的な断絶へと至る苦しい展開に戸惑い、踠き続ける父親の痛々しい姿が哀しい。D・ファニングの巧さを改めて実感させられた。秀作
    いいね

    良い
  • kmrks
    『アメリカン・バーニング』(American Pastoral)鑑賞。095 原題と邦題で言うと原題が多重な意味が込められていて好み。無駄に豪華なキャスト。 #eiga
    いいね

    普通
  • 624ken
    新宿シネマカリテで『アメリカン・バーニング』を鑑賞。幸せそうな家庭で、娘が反戦運動に。娘が心配な両親の思いと娘の思想は、交わらないつらさですね。もう崩れちゃうとどうしようもないのかな。恵まれた感じの家族だっただけに、悲しくなるね。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <アメリカン・バーニング>ユアンの初長編監督作。『偉大なるアメリカ』を体現したような完璧な夫婦の娘が自分のアイデンティティを見失うことから起きる悲劇、あるいは絶望という感覚の映像化。テロ行為は自国の過激派の若者という意識に隔世の感。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『アメリカン・バーニング』カリコレ@シネマカリテ♪どこで間違えたのか自問してたけど、どうあがいてもああなっちゃった気がするし、終わりが見えずいつまでも続くのは幸せでもあり不幸だよなぁ…。ダコタ・ファニングが強烈に印象に残る。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【アメリカン・バーニング】自分の娘が両手の指から滑り抜けていく様な、深い哀しみ。死別とは違う、少しずつ着実に溝が広がり、決して元に戻せない決定的別れまで。ユアンの叫びも訴えかけるがD.ファニングの怪演に家族の絶望を見た思い。 #映画
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『アメリカン・バーニング』米近現代史を生きた家族の愛を描く…かと思いきや。理想的家族に潜むコンプレックス、からのテロリズム思想への幼稚な傾倒。宗教要素も絡んだりサイコホラーかよな展開あったり。非常に多面的で現代性のある物語に終始ニヤニヤ。文字通り汚れ役ダコタ良いね。面白かったー。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • minami_sasa
    カリコレ アメリカン・バーニング。爆弾テロの被疑者となり逃亡中の娘を持つ父親の苦悩。山岳ベース事件の当事者の方々のお話を先週聞いたところで、彼女の強い信念と中産階級の父親の考え方が全く相入れないのが痛いほどわかる・・切ないですね。派手さ皆無で公開規模が小さいのが残念な秀作です。
    いいね
  • cockrobinwan
    アメリカンバーニング観てきました…面白かった…重かった……
    いいね
    もっと見る Loading...