TOP >作品データベース >此の岸のこと

此の岸のこと

みんなの感想/評価
「此の岸のこと」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    2
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
45
ポジティブ指数100
公開日
2017/8/26
上映時間
30分
解説/あらすじ
故・蜷川幸雄による55歳以上の団員で構成された演劇集団「さいたまゴールド・シアター」の団員が、老老介護の厳しい現実に直面した夫婦を演じる短編作品。長年にわたる妻の介護生活の果てに、自身も体を患い...
(C)外山文治
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 4410_Kupa
    『此の岸のこと』 老夫婦二人だけの生活を淡々と描いた短編作品。痴呆の妻を甲斐甲斐しくも介護する夫だったが、あるとき自分に忍び寄る病魔に気づく。セリフが一切ないにもかかわらず、絶望感がこれでもかと伝わって来て胸を締め付けられた。
    いいね

    良い
  • kamihiko
    『此の岸のこと』セリフは一つもない。むしろセリフがいらない。あのホワイトアウトがリアルである事に驚いた。それだけ聞くと黒澤明の様である。けれど、CGなどの技術がない分、根性で粘る点は情熱の表れ。主演2人がベテランの様な名演
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • ohmatsumatsuri
    月曜に観た『此の岸のこと』台詞が無いんだけど開始5分ぐらいで泣いた…
    いいね
  • ak____922
    此の岸のこと 、私史上マリと子犬の物語並に泣いた苦しくて鼻息できなかった
    いいね
  • jour_r
    分かります。 どの作品もきゅーっとなる瞬間がありとても印象的。「此の岸のこと」 https://t.co/7dAQTslaMP
    いいね
  • akano_13
    「此の岸のこと」はホント観てて辛かった…、人を最後まで愛するという事がどういう事なのかを問われた作品だった。
    いいね
  • rainbow7_246
    外山監督の作品はどれもリアリティがあるから共感できる。人間味、誰かしらに起こり得る日常。此の岸のことは撮影当時30歳とのこと、30歳が撮る映画ではないと良い意味でいえる。とにかく深い。じんわり温まる、切ない。そんな映画を観たい方は是非。 #此の岸のこと #わさび #春なれや
    いいね
  • mizuho_misato
    外山文治監督短編集 特に好きだった「此の岸のこと」 一週間経った今も、おじいさんの顔を思い出すだけで胸がきゅーっと締め付けられて、どうしようもなくて、やりきれなくて、愛おしい。 https://t.co/ShVmZM6U3s
    いいね
  • jour_r
    そのうちに、、、考えなくちゃな。と思っていた感覚、感情をつつかれ、思い出さされ、、向き合う羽目になり。。なんで”今”...なん?とはらり涙する。。 「此の岸のこと」が高い山に登山してそこでしか… https://t.co/IyFmQ6Gefm
    いいね
  • darumaym
    三編とも、ちょっと衝撃的なくらい良かったです。どれも印象深いですが、『此の岸のこと』は台詞の無い中で台詞以上に伝わってくるものがあり、映像の伝えるちからに終始揺さぶられ、涙が出た。私はこの先も何度か観たいと思うに違いない。できることなら明日も観に行きたいくらいです。
    いいね
  • ikematsuami
    途中までドキュメンタリーかと思ったほど。台詞の無い静かな映画に、綺麗なところも、汚いところも、何もかも、包み隠さず映っていて、あぁ、生きていくって苦しいし辛いけど愛しいんだな。『此の岸のこと』涙が止まらないです。 https://t.co/ZG6grZONCg
    いいね
  • tkmatsu0918
    外山文治監督「此の岸のこと」 老老介護が題材の映画。重要な小道具が「紙おむつ」。スーパーで豆腐と一緒に買う。清拭後に履き替える。食べない苛立ちから破る。そして、病院のロビーで笑う赤ちゃんの履き替え。赤ちゃんはいずれ終わるけど、老老と重度障害者介護は「死」を迎えるまで続く。辛い。
    いいね
  • OiwaKikka
    此の岸のこと 父と母の将来の姿を想像して重ねてしまい、喉の奥が熱くなった。辛い話だけど、その人の笑顔を見るだけで心に陽が射す人がいること。きれいごとかもしれないけど、尊い愛の姿を見せてもらったと思う。
    いいね
  • yohei_horikawa
    セッキーの電影Review 4 『此の岸のこと』(2010年 日本) 福祉従事者として、嘘のない老々介護の世界に共感しました。台詞が一切ない短編作。もし台詞があったら、たぶんそれは聞きたくない会話? それを確かる鑑賞作業は、超高齢… https://t.co/xTDu68PHkd
    いいね
  • TOmO_o8
    外山文治監督の映画を観に ユーロスペースへ。 観て良かった。 こんなに伝わるのかってくらい 台詞ほぼないのに沁みてくる 「此の岸のこと」衝撃です。 https://t.co/23K2VFGiwp
    いいね
  • jour_r
    コメント | 映画「此の岸のこと」オフィシャルサイト 篠原哲雄監督のコメント”もっと長く見ていたかった”と言うお言葉...同じ思いをしました。愛おしいと。。 ユーロスペースにて是非。外山文治短編作品集。 https://t.co/9KeffUbiXM
    いいね
  • cinerin2003
    「映画監督 外山文治短編作品集」が、今週いっぱいで渋谷ユーロスペースでのレイトショー公開終了予定です。こちらでそのうちの1本、「此の岸のこと」について触れています。是非ご覧ください。https://t.co/CkNoK7CEAhhttps://t.co/nyyQU4Djtc
    いいね
  • kanechi
    「此の岸のこと」 老介護がテーマでシビアな内容でした。あえて台詞を入れない演出だけど、辛いシーンが特に雄弁に語られていました。切々と淡々と締め付けてくるんだけどスッと入る愛情が染みました。見た後に人の感想を少し聞きたいのがあったかな。
    いいね
  • rainbow_tak0105
    此の岸のことが一番
    いいね
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    ZEROtatsuya
    1442movies / tweets
    advertisement

    follow us