TOP >作品データベース >しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

みんなの感想/評価
「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    95
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
3,661
ポジティブ指数96
公開日
2018/3/3
原題
Maudie
配給
松竹
上映時間
116分
解説/あらすじ
カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生を、「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスと「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークの共演で描いた人間ドラマ。カナダ東部の小さな町で叔...
(C)2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • movielong
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』観ました。ネタバレ少なめ。 https://ameblo.jp/movielong/entry-12360969574.html http://shiawase-enogu.jp/
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』@ル・シネマ|夫婦が紡ぐしあわせ探しの時間が愛おしい。すねたりえらぶったり求めたり、イーサン・ホークの不器用で武骨、サリー・ホーキンスのちょっとツンデレな役柄、どっちも素敵で良作。
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』新宿ピカデリー。今年3作目のサリーホーキンス。ふたりの演技が素晴らしいのでそれだけで評価高し。初めて絵が売れるまでが良く出来ている。今作は粗野な行商人が相手だが、クマや半魚人でなくてもサリーホーキンスの名演が見れます。
    いいね

    良い
  • Au0223
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』ほっこり実話ベースの夫婦映画なんだけど、序盤のサリー・ホーキンス演じるヒロインの人生ハードモードっぷりが地味にしんどい。旦那の役がイーサン・ホークじゃなかったら別の感想になってたかも
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』無骨で不器用なエベレット、でも時々のぞかせる優しさが素敵。時間をかけて幸せを掴んでいく姿は微笑ましく見える。お互い、お互いしか居なかったんだね。役者二人の演技力にも助けられている気が。
    いいね

    普通
  • kryptonite_jpc
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』何気ない日常のシーンで二人の関係の変化を表していく演出がよかった。サリー・ホーキンスはシェイプ・オブ・ウォーターでもだけどこの作品でも窓越しのシーンが印象的だ。イーサン・ホークも好演。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』言われるように二人の関係はフェリーニの『道』に近い印象も受ける。サリー・ホーキンスの熱演が素晴らしい。モードの人柄は絵柄にも出ている。自然光の撮影ももう一つの絵画のようだ。
    いいね

    良い
  • emim20177348
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』 風景と流れる時間の中で、ストーリー展開が心地よかった。素敵に歳を重ねているイーサン・ホークと演技派のサリー・ホーキンスがどちらも素晴らしい
    いいね

    良い
  • yabu7
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』#059 カナダの女性画家モード・ルイスの半生を、サリー・ホーキンスとイーサン・ホークで演じた作品。死んだと思っていた娘が生きていたと知ったとき、母親なら叫びたくなる気持ちだろう。
    いいね

    良い
  • koti5300
    『しあわせの絵の具』観賞。少し汚れてるけど、二人で描き足されていくキャンパスは不格好でとてもとても暖かい。人生だから濃厚で、泣いて笑ってホッコリのとても良い作品でした。
    いいね

    良い
  • garancear
    『しあわせの絵の具』イーサン・ホークの魅力をもってしてもヒドイ男を選んだね魚人とどっちが共感を得られるかサリー・ホーキンス…と思ってしまった(たぶん例外的な感想)本人が幸せならいいのだが。グランマモーゼスなどナイーブアートは北米で人気なのだね。 #映画
    いいね

    普通
  • masaji0101
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』新宿ピカデリー。S・ホーキンスとE・ホークの演技が良い!まるで不釣り合いに見える二人が少しずつ愛を育んで行く物語に、ハラハラしたり、笑ったり、感動したり。素敵な夫婦の物語でした。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』@新宿ピカデリー♪年々変わることの大変さが大きくなってるのを実感するからこそ、自身をも変えることのできる相手の存在の大切さを感じた。時々みせる素直な気持ちが嬉しかったなぁ。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』もまた、ひとりぼっちとひとりぼっちとが出会う物語である。障害故に血縁関係者から存在を軽んじられるモードと、女性の扱いなどまるで解らぬ無骨なエベレット。家事労働と自立の側面についてなど。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『しあわせの絵の具』‪鑑賞。無骨だが真面目で根は良いエベレットと、病を抱えながらも芯が強く聡明なモードが、次第に互いを認め合う理想の夫婦になって行くのがとても自然だった。心を豊かにするようなモードの絵も素敵。#eiga
    いいね

    良い
  • 21hkrtkd
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』モードが恵まれない家庭環境や病気で辛い思いをしていても、自らの才能と逆境に打ち負かされない強さで人生を切り開いていく様が良かった。当初のエベレットの態度・考え方には共感できないが…。
    いいね

    良い
  • 21hkrtkd
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』イーサンが演じる夫エベレットがどんどんいい感じに変わっていくのと同じくして、家もどんどん素敵になっていく。サリーが実際に絵を描いたそうだし、何よりモードという人をイキイキと見せてくれる
    いいね

    良い
  • 21hkrtkd
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』鑑賞。サリー・ホーキンスとイーサン・ホークの演技、カナダの空と自然、実話を基にした脚本、衣装や再現されたルイス家のどれもが良かった。泣けるというより主役2人の演技から目が離せなかった。
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』。 あんなに言葉と行動と態度が伴わない人間(イーサン・ホーク)も見たことないわ、涙目!!
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』モードが強く見えるのは帰る家を持たないが故、必死で生きようとしてるからか。達者な話し振りも必死さ故か。現代視線だとエベレットの態度はアウトだけど、次第にモードを個人として尊重し妻として愛しく思う様になる感じが良い。Sホーキンス凄い。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...