TOP >作品データベース >去年の冬、きみと別れ

去年の冬、きみと別れ

みんなの感想/評価
「去年の冬、きみと別れ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    47
  • 普通
    11
  • 残念
    1
総ツイート数
5,084
ポジティブ指数93
公開日
2018/3/10
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
118分
解説/あらすじ
芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説を、「EXILE」「三代目J Soul Brothers」のパフォーマーで、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」などで俳優としても人気の岩田剛典主演で実写映画...
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tobi25252
    『去年の冬、きみと別れ』面白かった!確かに騙されるところもあるけど、展開が読めるところもあって、騙され度は50%くらい。終盤登場人物達がタネをただただしゃべっているだけなのは少しマイナス。ある登場人物の豹変っぷりが素晴らしかった!
    いいね

    良い
  • akato2023
    去年の冬、きみと別れ 瀧本監督作品の中で最も好み。あらすじを知らない方がより楽しめる。 怪しい殺人犯の斎藤工が完全に霞んでしまうほど岩田剛典に凄味があって、俳優としての新境地。
    いいね

    普通
  • ta2mix910remix
    『去年の冬、きみと別れ』my映画館2018#25>恋愛作品みたいなタイトルからミスリードな訳で。 第二章から始まる仕掛けも、主人公の狙いは薄々感じれるが、終盤のえげつなさにはニヤリ。 でも、ズシリと来ないのが韓国作品との違い。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『去年の冬、きみと別れ』数えたカットは1002。ちょっと書き割り感のあるカットや設定もあり、特に前半は期待外れかな、と思ったしやや都合のいい展開もあり。ただ、クライマックスはカットに緊張感があり、満足して映画館を出ることができた。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『去年の冬、きみと別れ』鑑賞。ミステリとして観ていた向きもあるので、途中で起こる事件はミステリの法則でいけばこうだよね、というところまでは当たっていた。しかしその先の物語が予想を超えていてちゃんと騙してくれた。斎藤工以下役者陣のよさも映画の物語性を支えていた。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『去年の冬、きみと別れ』鑑賞。原作未読。語り方が巧妙でとても面白い物語。岩田剛典始めメインのキャスティングも納得だ。2時間没頭できたが映画としてはパンチに欠ける感じも。12Rボディブローばかりで山がなく、話のための人物描写なので感情は動きにくい。最後はきっちりガラパゴス邦画に。
    いいね

    良い
  • DoughnutsCinema
    『去年の冬、きみと別れ』はい傑作🎞時系列の見せ方がアカデミー編集賞すぎて誰もが騙されるサイコスリラー・ミステリー!キャストの怪演が凄すぎるし、それを浮き彫りにする逆光の演出を多用した印象的な映像もお見事です🙌✨オススメ度5/5
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『去年の冬、きみと別れ』張られる伏線から真相への道筋は見えてくるが、ストーリー構成が巧みなミステリー。共業を凝縮した地獄絵から序章への転調。雲が晴れるような爽やかさに心が洗われる。そしてエピローグへ。謎解き作品という先入観が危険だ。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『去年の冬、きみと別れ』Tohoシネマズ新宿にて。もっとエグい叙述トリックかと思ったが、割とストレートな物理&心理トリックだった。香水のキツいカップルはなぜ紙袋に入ったポップコーンを予告編のうちに食べ切らないのか。
    いいね

    良い
  • repee12
    『去年の冬、きみと別れ』全然騙されないし先読めるやん…と思いはじめた中盤頃から急に伏線回収がはじまり…まんまと騙されていました!トリック素晴らしかったです👏もう全部が恐怖…。こわすぎる😱結末を知った上でもう一度見たくなりました。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『去年の冬、きみと別れ』中盤で大体話は見えたと思ったけれど、それからの話がまだあり最後までよく飽きさせない。人の復讐のために働くエネルギーは凄まじい。また、タイトルの意味も深かかった。斎藤工の狂気を帯びた表情がたまらなく上手でした。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『去年の冬、きみと別れ』 猟奇殺人サスペンスのフォーマットに擬態させた、壮絶な復讐譚。かなり早い段階で主要人物が消えたことで、コレはタダでは終わらないぞと観ているこちらにもスイッチが入った。邦画ミステリーとしてかなり上出来の部類。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『去年の冬、きみと別れ』裏があるのは分かってたので中盤情報で関係性見えて大した謎じゃないじゃんと思ってたら、そこからが色々と面白かった。やたら汗かかしてるのには意味あるとは思ってたけど映像中に色々ヒントを盛り込んでいたのには気付かなかったので、俺はまだまだだなとw面白かったす。
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『去年の冬、きみと別れ』AC多摩セン。いや〜中々どうして面白かったです。そ〜来たかぁ…ネタバレ厳禁の映画です。興味のある方は観て確認して下さい…全然感想になってませんが。事件の真相に近づくにつれ驚きの連続でした。
    いいね

    良い
  • tenkyouin
    『去年の冬、きみと別れ』僕は・・・ いや、上手く構成されていたな。面白かった。
    いいね

    良い
  • mmnt_me
    『去年の冬、きみと別れ』 主演に惹かれ鑑賞。丁寧な伏線を丁寧に回収したので驚きや騙された!というよりなるほど感が強かった。パズルを進めていくことによりそこに嵌るべきピースの輪郭が浮き彫りになっていく感覚。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【去年の冬、きみと別れ】全編に亘り人間の狂気を畳み掛け荒ぶが、後半で姿顕す清らかな序章と題意を表す結末が胸に迫った。伏線が巧みに貼られているため、真相は一つの可能性として早々に読めるが、騙された感や後出し感はない…良作。 #映画
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『去年の冬、きみと別れ』@ 109箕面観。原作未読やし「罠にはまる」の謡い文句さへ無ければ…現にちょいとしたスリル恋愛もんやと思っておったから…「謎解き」編も永いので驚きより「聞く」感じ。ただ終幕のあの眼は圧巻!!正直寒気がした…題名の「別れて…」の後に秘めた心情が痛かった。
    いいね

    良い
  • snow200
    『去年の冬、きみと別れ』タイトルの「きみ」は誰なんだ、最後まで見てわかる謎解きストーリー。役者揃いのなかで朱里役の浅見れいなさんが秀逸。哀しみのなかで光る妖艶さにどっきゅーんでした。
    いいね

    良い
  • snake954
    『去年の冬、きみと別れ』みる。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...