TOP >作品データベース >永遠のジャンゴ

永遠のジャンゴ

みんなの感想/評価
「永遠のジャンゴ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    10
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
812
ポジティブ指数92
公開日
2017/11/25
原題
Django
配給
ブロードメディア・スタジオ
上映時間
117分
解説/あらすじ
ロマ(ジプシー)音楽とスウィング・ジャズを融合させた音楽で、後のミュージシャンたちに多大な影響を与えたジャズギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの知られざる物語を描いた伝記映画。1943年、ナチス...
(C)2017 ARCHES FILMS – CURIOSA FILMS – MOANA FILMS – PATHE PRODUCTION - FRANCE 2 CINEMA - AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • nodatetu
    『永遠のジャンゴ』HTC有楽町で鑑賞。ナチスに迫害されたロマ族出身の仏ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの伝記映画。冒頭のライブシーンに心を掴まれた。ナチス官僚が集う晩餐会での演奏後の展開に手に汗を握った。ラストのレクイエムが胸に残る。総じて淡白な演出がやや物足りなく感じる。
    いいね

    普通
  • ma_MJ
    『永遠のジャンゴ』ガッジョ・ディーロを観たのが20年前か(^_^;)ジャズに明るくないのでジャンゴが実在とは知らなかった。だから最初と最後の演奏に力が入っていたんですね。でもロマ迫害はナチスだけじゃないよね。
    いいね

    良い
  • garancear
    『永遠のジャンゴ』ジャンゴ・ラインハルトのCDを持っているが知識がなく、フランスでロマ迫害に追われたとも知らなかった。音楽演奏はではあるがトーンはナチス映画だ。攻防がやや薄味な演出ではあるが。写真を見ると本人と似てはいないもののレダ・カテブがセクシー。 #映画
    いいね

    良い
  • yukolilina
    『永遠のジャンゴ』今年はナチ関連の映画が多いな。ただ好きな音楽を演奏していたいだけなのに、迫害を受けることのやるせなさ。冒頭と晩餐会の演奏シーンはとてもよかった。けど、場面のつなぎ方がちょっと・・単館系の静かな映画によくある感じ。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『永遠のジャンゴ』鑑賞。ナチスのジプシー迫害の中、命の危険に晒されながらも演奏を続けたジャンゴ。敵をも魅了する天才ギタリストをジプシーが誇りとするのも頷ける。優れた音楽の持つ力をまざまざと見せつけられた。#eiga
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『永遠のジャンゴ』ただ美しい音楽を永遠に奏でていたかっただけなのに、それすら許されない。政治に、時代に翻弄されたジャンゴの半生https://ameblo.jp/bird210bird/entry-12332500669.html
    いいね

    良い
  • nabe505
    『永遠のジャンゴ』音楽はローゼンバーグ・トリオなので悪かろうはずがない。実際最初のコンサートのシーンは鳥肌モノ。でも映画はナチスの迫害を受ける音楽家としてのジャンゴを描いている。これはこれで悪くはないが、やっぱりアナザーサイドだ。この時期は盟友S・グラッペリと共演してないしね。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【永遠のジャンゴ】ジャンゴ・ラインハルトの音楽的側面よりも、寧ろロマに対するナチスの迫害と彼の脱出劇を中心に据えた伝記。ルイーズの立ち回りがスリリングな展開を程々に盛るが、演出は割と淡白。オルガンによる劇伴と挿入曲が渋い。 #映画
    いいね

    良い
  • unlimitedjazz
    『永遠のジャンゴ』ジプシースウィングの旗手がナチス占領時代にこんな決死の逃避行をしていたとは。ジャンゴの伝記的な要素よりむしろ、ナチスによるロマへの迫害を強調した脚本となっている。ライブシーンは少ないながらもなかなか充実した内容。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『永遠のジャンゴ』これまであまり描かれることがなかったナチスによるロマ族への迫害に胸を痛める中、ジャンゴが弾くジャズギターの音の素晴らしさに癒される。音楽がなければジャンゴも殺されていたかもと思うと、改めて、音楽が与える力を感じる
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『永遠のジャンゴ』ベルリン国際映画祭。ドイツ占領下のフランスでコンサートをしているところから始まるあたりから、ああ、なんとなくナチスの追ってから逃れるギタリストの話かな、とは想像ついた。が、ナチス高官のためにライブ、ジプシーになる道を選んだりと、なかなか紆余曲折あるお話でした。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「永遠のジャンゴ」伝説のギタリストはナチスに迫害され、沢山の仲間を失った。』 #永遠のジャンゴ #ジプシー https://t.co/34lioae85f
    いいね

    良い
  • asapu918
    『永遠のジャンゴ』試写。ナチス支配下のフランスで活躍したギタリストのジャンゴ・ラインハルを描く伝記ドラマ。壮絶な人生だったと思うが、衝撃的な冒頭を除いて全体に穏やかな演出。もっとサスペンスが欲しかった気も。演奏シーンはやはり見所で、特に終盤の晩餐会はなかなか緊張感あり。
    いいね

    良い
  • shunshun008
    映画【永遠のジャンゴ】面白かったンゴ🎸
    いいね
  • 410Siratama
    鎌倉ものがたりと迷った結果永遠のジャンゴにしたんだけど面白くなかったのでテンション低め……
    いいね
  • ShuheiYamazaki
    新宿武蔵野館で「永遠のジャンゴ」観た。ナチス占領下のフランスのジプシージャズの映画。面白かった。
    いいね
  • takaoharada
    永遠のジャンゴ、MINOR SWINGのかかるシーンのスリリングさは、演奏中の脱出劇、ナチスという共通点もあり、「サウンド・オブ・ミュージック」を思い出した。
    いいね
  • hdya_aydh
    「永遠のジャンゴ」。Dラインハルトの偉大なギタリストとしての顔は多くの人の知るところだが、ナチス独支配下のフランスで名高い演奏家の立場を用いてまで民族と同盟国のために闘い抵抗し生き抜いた姿を、迫害で命を落とした同胞へ捧げる鎮魂の楽曲を創り上げた逸話を知る者は少ないだろう。必見。
    いいね
  • kuraqula
    「永遠のジャンゴ」見た。音楽は当然のごとく良かった。ギター一本でナチスを踊らせてやるよ!というクライマックスにはやはりドキドキする。音楽の高揚感ここにあり。しかし彼が救えたものはあまりにも少ない。レクイエムは見殺しにしてしまった諸々への贖罪だったか。
    いいね
  • gleamstate
    お、永遠のジャンゴの音楽、ウォーレン・エリスか。なら間違いないな。
    いいね
    もっと見る Loading...