TOP >作品データベース >馬を放つ

馬を放つ

みんなの感想/評価
「馬を放つ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    6
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
765
ポジティブ指数95
公開日
2018/3/17
原題
Centaur
配給
ビターズ・エンド
上映時間
89分
解説/あらすじ
「あの娘と自転車に乗って」「明りを灯す人」などで国際的に高く評価されるキルギスの名匠アクタン・アリム・クバト監督がメガホンをとって自ら主演を務め、熱い信念を秘めた純粋な男の姿を通し、文化的アイデ...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • xsizuku
    『馬を放つ』テーマとしてはありがちだが、大国との関係やイスラムとの微妙な距離感、村民会議といった描写が面白い。日本から見れば他の村人たちも自然のなかで伝統的に暮らしているので、主人公に感情移入しにくかったのが欠点。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    馬を放つ・独特の地域性が余韻になってかの地の料理を食べたような気持ちにもなる。男女の気持ちがふわっと昂ぶる空気や見過ごせない隣人などリアリティ。私怨に駆られる男、強い力に押されていく人々に、自分たちが重なる。寓話。馬たちよ放たれよ
    いいね

    良い
  • Limawano55
    馬を放つ・昔々馬は人の翼だった。広大な草原、空、土埃。ああいう地があるんだ。村人からもケンタウロスと呼ばれる男は伝統の象徴でもあり、村も理解はあった。かの地でも疑いや噂はあるが更に時代は心も変えてゆくのか。彼は可哀相なのか本望なのか
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『馬を放つ』他人の馬を盗み野に放つ。という行為の真意の深さ。近代化に伴い民族の伝統や文化を置き去りにしてしまう事への憂い。懐古主義にも思える男の精神はその実、未来を見据えている。壮大な自然のビジュアルが物語のテーマを強く訴える。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【馬を放つ】地域や人々の変容を憂いた男の、大胆な行動の真意を考えさせられる。土埃舞う乾いた自然や馬の躍動感を映すショットが惹く。男とは違う、今の世俗的考え方が巧みに織り込まれたドラマなど、物語を寡黙に映像で伝えていて好感。 #映画
    いいね

    普通
  • pharmacy_toe
    『馬を放つ』キルギスの壮大な景色を背景にケンタウロスが馬を思う気持ちが切ない。かつては人間のパートナーだった馬を支配し、自然を敬う気持ちを失ってしまった現代をケンタウロスは嘆く。便利な生活と引き換えに無くしたものを考えさせられる作品
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『馬を放つ』東京フィルメックスで鑑賞。キルギスの素晴らしい自然につつまれた映画。馬が走るシーンは圧巻!監督が主演脚本。トークで実話にも触発されたと話されて。キルギスでなければ撮れない映画だと思います!感動!
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • ausnichts
    「馬を放つ」(ネタバレ)キルギスから、言葉を得て文明をもった人類の永遠の矛盾 #馬を放つ #キルギス #はてなブログ https://t.co/uyVUaW0Ow2
    いいね

    良い
  • takora1973
    『馬を放つ』観た。遊牧民族のDNAが騒ぐのか夜中に馬を盗んでは野に放つ主人公。変わり行く時代に取り残された男を自ら演じる監督の存在感。馬を走らせる幻想的なシーンも泣かせるがこの男が元映写技師と言う設定でその映写シーンも同様に泣かせ… https://t.co/ac8dZuObJx
    いいね

    良い
  • asapu918
    『馬を放つ』試写。キルギスの名匠アクタン・アリム・クバトが監督と主演を務めたドラマ。伝統を重んじる国民らしい文明批判が込められた作品。信念を貫く男と人々の間の溝が悲しく描かれる。キルギスの広大な自然、習慣、民族衣装などビジュアルが非常に美しく印象的。哲学要素も強く感じた。
    いいね

    良い
  • cinelibro
    『馬を放つ』シネリーブル神戸。 駆け込みで観てきました!これ、素晴らしいです!キルギスに暮らす人々と馬の描写もいいけれど、現代社会に広がる問題はキルギスにも押し寄せてる。映像の美しさ、物語、どれをとっても大満足でした♪ #映画 https://t.co/1XEJ54EINl
    いいね
  • FallingDown21
    アクタン・アリム・クバト「馬を放つ」 盗んだ馬で走り出す。青年ではなく、いい歳をした中年が。会話の間と表情から漂う閉塞感。祖先を語る誇らしげな声色。追い立てられる馬の切ない姿。繊細で叙情的な映像を積み重ね、突飛な行為に秘められた切実な願いに強い説得力を与える。でも馬肉は美味しい。
    いいね
  • hatttttti
    馬を放つはキルギスの美しい景色と文化と、時代の流れが切なくて、草原を駆ける馬はそれだけで価値があるくらいかっこよくて、 牧歌的な作品かと思ったらずっしり美しい映画でした。
    いいね
  • obao_cinema0206
    『馬を放つ』の良いところ(号泣したところ)を書きたいが、ネタバレになってしまうよね…
    いいね
  • sable_parole
    『馬を放つ』 観終わった直後はラストの衝撃に気持ちがいってしまったけど、時間が経つと全てにおいてジワジワと胸に迫るものがある。資本主義と伝統を守りたい男との静かで激しい闘い。邦題のとおり、夜中に馬が放たれるシーンはとても美しかった。
    いいね
  • uyijyu
    映画/馬を放つ あまり感情移入は出来ないかもしれない。語らない。主人公が帽子を被っている様は正にコロボックルwかわいかった。息子と奥さんも可愛いぞ!ポッpopポッポッポ。 馬の描写よりも村で起こった人の営みという感じ。俺は!こうしたい!こうだったのに!!こうじゃないのか!
    いいね
  • maruna3652
    『馬を放つ』 吊り橋を初めとして人と人が歩いていてすれ違うシーンの素晴らしいこと。
    いいね
  • blawhys
    『馬を放つ』キルギスってあんなところなのね〜"馬は人の翼"素敵なことわざだなぁ。 世界の大きな流れの中で民族伝統の生活、言葉、価値観なんかが失われていく切なさと怖さ。金と暴力と人を惑わす道具としての宗教への怒りを感じた。
    いいね
  • ikometani
    草原を疾走する馬を眺めて異国情緒に浸りたい願望で見た『馬を放つ』(アクタン・アリム・クバト監督、キルギス。岩波ホール)。世知辛い現代の狭い共同体で、やむにやまれず血が騒ぐ部分で生きる純粋な人をどう受け止めるか。映画人の物語として描かれている部分が面白かった。
    いいね
  • yako802
    金じゃなく古き良き文化が大事!という映画を撮る人は幾らもいるけど(それこそカウリスマキとかね)「馬を放つ」に全然のれなかったのは、陳腐な言い方だけど「男のロマン」にしか感じられなかったというか、そういう人がいるという面白さは勿論あるけど、それ、私はもう見る気無いし、みたいな。。。
    いいね
    もっと見る Loading...