TOP >作品データベース >海を駆ける

海を駆ける

みんなの感想/評価
「海を駆ける」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    12
  • 普通
    4
  • 残念
    2
総ツイート数
1,470
ポジティブ指数87
公開日
2018/5/26
配給
東京テアトル
上映時間
107分
解説/あらすじ
第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した「淵に立つ」の深田晃司監督が、ディーン・フジオカを主演にインドネシア、スマトラ島のバンダ・アチェでオールロケを敢行したオリジナル脚本による...
(C)2018「海を駆ける」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • h_itaba
    『海を駆ける』海は与えるだけでなく、奪うもの。決して不思議なだけのファンタジーではない、海のように深い物語。深田監督もいよいよ世界がフィールドに。これからどこに向かうのかとても楽しみ。インドネシア人にしか見えない大賀の役作りも圧巻。
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『海を駆ける』深田晃司監督作品、好き苦手かどちらかにしかならない。これは、苦手(;^_^A さっぱり解らなかった。
    いいね

    残念
  • chusingura
    『海を駆ける』日本とインドネシア、二つの国の過去と現在や、喜びや悲しみといったあらゆるものを共有しあう映画のように感じた。3.11とスマトラ島沖地震の対比を暗に描いているのも興味深い。 しかし、ラウとは何者だったのだろう…。
    いいね

    良い
  • a19660819
    #海を駆ける』6/14【#深田晃司 映画祭】イベントの スペシャルトークショーが夜ある前に、 2回目の「海を駆ける」観る♪ テアトル新宿まで歩けず、もう毎回タクシーだ💥 深田ワールド堪能して、夜に備える💕
    いいね

    良い
  • pipox2
    『海を駆ける』ドSな深田監督トーク。2カ月特訓した大賀のネイティブなインドネシア人がほんと素晴らしい♪順応性が高いらしい!鶴田真由も綺麗だなぁ~そして、CG無しで海を駆ける映像は凄い!!海男は何者なのかな?海は人に恵を与えそして奪い去りもする…海が吸い込まれそうなほど綺麗~♡
    いいね

    普通
  • yasuko_0101
    『海を駆ける』とても楽しかったです。海の色の美しさ、海を駆ける楽しさがとても印象的。「淵に立つ」が人間の不条理の辛さ・暗さを表しているとしたら、海を駆けるはその逆に不条理でも明るい面を表しておられるのでしょうか。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『海を駆ける』ディーン藤岡目当てで観に行くとかなりの期待はずれに終わると思う。太賀目当てだと大当たり!ただ、ディーン藤岡の使い方は見事!出番も少なくセリフもほぼ無い。太賀は見事なまでにインドネシア人!期待はずれではなかったよ。
    いいね

    普通
  • Q4Q7idKztBxBALR
    人生って、こんなんだよね、運良く助かる1人もいれば、運悪く死んでしまう人もいる。ラウは自然の象徴?
    いいね

    良い
  • kikuko80
    映画見て1週間経ち NETで深田監督の記事なども拝見し、ああそうなのか!と深田監督のファンになりました。きれいなアチェの景色に癒され、世界は海で繋がってること実感!!
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『海を駆ける』試写@イマジカ試写室♪考えながら観るか感じながら観るかで最後見えてくるものが変わってきそうで面白かった。公開されたら色んな人の感想を読むのが楽しみな作品!本人と知ってても現地の人にしか見えない太賀くんが凄まじかった…。
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『海を駆ける』恥ずかしながら「不思議な味わい」以上に何と言えばいいか困る… 特に問題解決せず投げっ放しなラストはズルくも感じるけど、心の傷や些細な喜びの自然な掬い取り方は巧いと思うし、ラウの“力”は映画で見れたら嬉しい類のだし…
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『海を駆ける』美しい景観の中に震災や紛争の影を淡く感じさせるスマトラ島の自然と海からやって来た穏やかさと危うい無邪気さを持つラウが重なる。導かれるように絡み合う4人の若者の心情を描く青春映画。結局彼は?の疑問と爽やかさを残す不思議さ
    いいね

    良い
  • amgswb2013
    『海を駆ける』鑑賞 何だろう…やりたい事は分かるんだが僕の期待してたタイプの映画ではなかった 富田克也とかが撮りそうなタイプの映画と言えばいいのかな…フワーッと始まってフワーッと終わる感じ 期待してただけにやや肩透かしかな
    いいね

    残念
  • akato2023
    海を駆ける 深田監督の創意と底力が最大限に発揮されている. 住民の目線を通してインドネシアと日本の異なる震災との向き合い方,自然の在り方が描かれている. 太賀が役にハマり過ぎ.
    いいね

    良い
  • aienkien1959
    『海を駆ける』 超越的で美しいものを前に、些細な恋のかけ引きとか無邪気に幸せなら手をたたこうを歌う4人の若者たちがいとおしくなります。そしてラウの後を疾走してついていった彼らに人間の希望のようなものが見えてこころ震えました。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「海を駆ける」日本とは違う、神が人々と一緒にいる場所で暮らしている人々は・・・。』 https://twitter.com/yukigame/status/1001173296484835328
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【海を駆ける】スマトラ島の長閑な景観。インドネシアの過去を下敷に、生命力を操る不思議な“海男”により手繰り寄せられた若い男女4人の淡い感情の表出や、終盤山場の高揚感が魅力。ただギクシャク感で不自然な会話繋ぎもあり惜しい。 #映画
    いいね

    普通
  • mooovie
    『海を駆ける』を試写会鑑賞。ディーン演じるラウの無邪気さや少年性が、時に残酷にも微笑みにも映るちょっと変わった作品だ。観察者のようにそこにたたずむ存在かと思えば、蝶を追いかけていってしまう。観ていても感情も意思も伝わってこないんだよね。人と違う価値観だから、恐れを抱くのかな?
    いいね

    普通
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • TamakinTheCat
    映画「海を駆ける」観了。インドネシアを舞台に、ニライカナイのような島文化の死生観が重なり、神話のような不可思議さ。今を生きる若者たちが、時間や場所を超えて、あらゆるモノと繋がっているコトの妙味。理屈で観れば疑問符だらけにもなるけれど、どこか鎮魂的で、得も言われぬ心地良さが残った。
    いいね

    良い
  • honane
    映画『海を駆ける』観てきた。インドネシアのパンダ・アチェの内戦の歴史と2004年の大津波を知らんと、映画だけで理解するのはちとしんどいけど、不思議なトーンで、画がめっちゃきれいで、「逃げ足が速い」とでも言うべき展開のうまさもあって、余韻はなかなかたっぷりやった。ほなね。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...