TOP >作品データベース >リュミエール!

リュミエール!

みんなの感想/評価
「リュミエール!」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    12
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
290
ポジティブ指数100
公開日
2017/10/28
原題
Lumiere!
配給
ギャガ
上映時間
90分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
「映画の父」と称されるリュミエール兄弟が遺した膨大な作品群からセレクトした映像で構成された、リュミエール兄弟へのオマージュ作品。1895年12月28日パリ。ルイ&オーギュスト・リュミエールの兄弟...
(C)2017 - Sorties d'usine productions - Institut Lumiere, Lyon
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Mochina1984
    『リュミエール!』映画の父、リュミエール兄弟の膨大な映像作品の中から選ばれた100数本の映像たちを解説付きでひたすら見るだけだが、これほどの至福の時間もない。面白い映像はカメラの置く位置と演者への指導が全てと納得。
    いいね

    良い
  • xsizuku
    『リュミエール!』楽しい!この時から映画にはすべての要素があったのだ。しかも歴史的価値ではなく、今見てもすごく面白いレベルで。50秒のなかに。編集もナレーションも素晴らしい。これで千分の百。もっと観たい。ずっと観ていたい。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『リュミエール!』リュミエール兄弟の残した映像の中から厳選された108本。最初から単なる記録映像ではなく演出されていたというのも、当時の動かない写真ですら演出して撮影されてたことを思えば当然か。「映画は世界に開かれた窓である」最高。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『リュミエール!』鑑賞。工場の出口ぐらいは観たことがあったが、リュミエール兄弟の撮影したフィルムをこれだけ観られるとは。記録映像ばかりだと思っていたので、コメディ作などちゃんと作品として撮影していたとは全く思っていなかった。正に映画原初の作品を味わえる体験ができてよかった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『リュミエール!』フィルムだから擦り切れてしまうので何パターンもリメイクが作られたという。群衆は後に作られたのは馬車が出て来る。有名な汽車のムービー。水を撒く人の喜劇も面白い。交通事故はカットで人形をバラバラの死体に見せていた。これは見事。あと有名な色付けされたダンサーの奴。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『リュミエール!』フランスの映画の父と言われるリュミエール兄弟の短編映画108本。煩悩の数だけっというのは意味があるんだろか?除夜の鐘を聴きながら観るのもいいのかもしれない。ホームビデオから喜劇的ショートショートや旅行記。日本の剣道の試合もあった。一番最初が工場から出てくる群衆。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『リュミエール!』鑑賞。映画の父の珠玉の108本が修復されて美しく復活。構図とアイデアが本当に素晴らしく、ホームドラマ、ドキュメンタリー、コメディ、スペクタクル、サスペンス、様々な要素の萌芽があって驚く。最後にはもう言葉にならない映画への敬愛で胸が一杯に。解説も洒落ていた。
    いいね

    良い
  • OnlyTheDesire
    『リュミエール!』現代的な映画を生み出したリュミエール兄弟の映画を軸に、インタビューとか入れた映画史的な切り口なのかと思ったら、全編リュミエール兄弟の映画のみという至福の映画創世記語り映画。
    いいね

    良い
  • atsucurry
    →彼らが先頭を走り冒険して深めてくれた芸術のおかげで、今のわたしはつらいときにはおバカな映画をみて助けられたり、世界の理不尽さや愛情の形を映画から体験できたりしている。上映終了後は拍手したかった。『リュミエール!』
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『リュミエール!』映画の父、リュミエール兄弟作品。1895年のものから。解説のおかげで構図の素晴らしさやユーモラスな点、どんな演出なのかを理解しながら観られる。映画の日にふさわしい作品。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『リュミエール!』#movie ナレーションの立川志らく師匠が 大統領じゃないけど と名前に掛けたギャグ飛ばしたけど監督には受けなかった😓 #リュミエールは最後の開発者で最初の監督
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『リュミエール!』#movie リュミエールがシネマトグラフを発明した時に特撮もやっているのにビックリ。 #リュミエールは最後の開発者で最初の監督
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • jujunoshippo
    【リュミエール!】固定カメラの構図を絶賛するので、構図気になるがな、これから見る作品。
    いいね

    普通
  • asapu918
    『リュミエール!』試写。映画の父・リュミエール兄弟が遺した作品群を見るだけのシンプルな構成だが、解説が入っており、これが絶妙な突っ込みになっていて笑わせてくれる。記録から始まり、演出を付けた娯楽へ。人々が映画を必要とするようになった歴史が興味深く、植民地時代の衝撃作品も。必見!
    いいね

    良い
  • JunkoIio
    テアトル梅田で「リュミエール!」を観た。すばらしかった。涙が出た。映画を撮る喜びにあふれてた。映画でやるべきすべてのことはリュミエールが、そして同時代のパイオニアたちがすべてやってしまっていて、その後はもうそれを繰り返してるに過ぎない、のかもしれない。
    いいね
  • MementoMorimoto
    『リュミエール!』は今年見てよかった映画ベスト3に入る。
    いいね
  • karashimayo1889
    『リュミエール!』完璧な映画。モノクロ&無声映画に、サン・サーンスの音楽とナレーション乗っけただけだけれど素晴らしい!これは円盤欲しい。
    いいね
  • junsan43042426
    『リュミエール!』 1本50秒の音声なしモノクロ・19世紀末の映像が延々続くのをリュミエール研究家がやさしくコメントしていくんだけどたまにまじめくさったひょうきんを交えてきてクスッとくる。次のコメントを期待して観ちゃう
    いいね
  • junsan43042426
    『リュミエール!』 滑り込みで観に行ってきました。この古いパリのどこかに30歳のルブラン先生がきっと…33歳の先生がきっと…と面影を探しちゃう。面白かった。
    いいね
  • IwaieIwao
    伏見ミリオン座にて『リュミエール!』を鑑賞。 映像はモノクロ、音楽は落ち着いたクラシック、音声はナレーション…と、眠くなる要素満載なんだけどこれがこれが。めっちゃ面白かった。 1分弱の映像のオムニバス。日常だったり創作だったりで、良い意味で、とにかく落ち着かなかった。
    いいね
    もっと見る Loading...