TOP >作品データベース >ゆれる人魚

ゆれる人魚

みんなの感想/評価
「ゆれる人魚」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    25
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
3,459
ポジティブ指数85
公開日
2018/2/10
原題
The Lure
配給
コピアポア・フィルム
上映時間
92分
解説/あらすじ
共産主義下にあった1980年代のポーランドを舞台に、肉食人魚姉妹の少女から大人への成長物語を野性的に描いたホラーファンタジー。海から陸上へとあがってきた人魚の姉妹がたどりついた先はワルシャワの8...
(C)2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • akafundosi
    『ゆれる人魚』@ 塚口サンサン劇場特音観!「毒は頭に回る…」思てたんと違うぅ!!w「サントラが…」「絶叫上映が…」等は聴いてたが…予想の遥か斜め上を揺らされまくった!「泡」は普通ならホロッとなる所だが途中からコメディ宜しく変な壺に入り笑い過ぎてそれ処では無かった!クセになる!w
    いいね

    良い
  • alsyandlv
    『ゆれる人魚』話の意味わからなかったけど美術と音楽の煌びやかな雰囲気がよかった。人魚の話にはなっているがティーンが新しいものと出会って変わっていき人生を大きく左右する選択を迫られるという現実の人間と同じことをしている。
    いいね

    良い
  • overmanendwar
    『ゆれる人魚』説明無しの荒唐無稽で歌の雰囲気でグイグイ進んでいくので難解。アンデルセンを意外と丁寧になぞっているからそこを頼りになんとか付いていけた感じ。冒頭の歌詞は姉妹で全然意味が違ってたんだと気付く。姉の上昇妹の下降。切ない。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ゆれる人魚】これもジャンル不明の奇作。"ポップでキッチュな"と紹介されそうなシュールかつアートな装いですが、蓋を開けてみれば血生臭さと艶かしさが漂う異常な光景が広がります。童話が持つ暴力性と残酷さを過剰介錯したショッキングな世界。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『ゆれる人魚』人魚姫の現代版リブート。人魚の美しさと恐ろしさをポップな音楽に載せて繰り広げる演出は見事。運命に身を委ねた妹と強い意志を決して曲げない姉とのコントラストも素晴らしい。とにかく最後まで予断を許さない展開に目が離せない良作
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ゆれる人魚』アンデルセンの「人魚姫」を踏襲しているストーリー。現代のポーランドの最先端のナイトクラブなのかな。音楽はポップなロックからパンクまで。アートな映画だけど人魚の尻尾がうなぎみたいなのはなんだろう。蛇みたいな感じもするからいいのか。ラストは以外に純愛だった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ゆれる人魚』思った以上に過激でキテレツだった。ミュージカルだね。淫靡でダークなロック・ファンタジー。ナイトクラブのミュージシャン(小林幸子に似たリードボーカルとイケメン・ベーストオヤジ・ドラマー)に見出された人魚の姉妹。姉がベーシストの兄ちゃんに恋をし妹はナンパ男を喰いまくる!
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『ゆれる人魚』奇妙でキラキラした音像のテクノポップやハードロックなど様々なミュージカルナンバーが楽しい。エログロだけど美しい映像も好み。人魚だろうが人間だろうが、全力で愛してくれる人に悲しい思いをさせてはいけません。
    いいね

    良い
  • maccha6madame
    『ゆれる人魚』不思議な世界に迷い込んだ 音楽が生々しさを緩和してくれる
    いいね

    良い
  • maccha6madame
    『ゆれる人魚』 いつか あなたはやって来る 深い涙の底へ 私を目醒めさせるために やがて 薔薇色の朝になり あなたはささやくのよ 哀しい夢だったと 叶えられぬ 想いたちは 泡になってく by ユーミン 人魚姫の夢
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『ゆれる人魚』共感と突き放し、陰と陽、美と醜、ポップで怪奇、グロテスクでセクシャル…ジャンルの垣根をズカズカ行ったり来たりする自由さに振り回されてくらくらするけど、そこが気持ちいい! 童話と同じラストも驚かされた! おすすめしたい!
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『ゆれる人魚』@シネマカリマ♪ホラーかと思ってたらミュージカルw 歌謡曲のような曲調が心地よかった。人魚の存在をすんなり受け入れてるとこからして面白かった。どうすればみんな幸せになれたんだろうね…(>_<)
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ゆれる人魚>台詞より歌で語る感じで、ほぼミュージカル♪ 人魚姫がヴァンパイアでフランケンシュタインだったりするホラーっぽさもある。人間の男に恋をしてしまった人魚、シルバーの究極の選択の頑なさ潔さ、そして穏やかな表情に圧倒される。
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『ゆれる人魚』これが共産主義時代のポーランド?といぶかしくなるほど自由過ぎ。エロチックなファンタジー、ホラー、ラブロマンス、そしてミュージカルのようでもあり。アンジェイ・ワイダの印象が強いポーランド映画のイメージをぶち破る怪作。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ゆれる人魚』想像以上のダークファンタジー!お伽噺人魚姫をグロくエロチックにした感じ。うわー、って思う箇所も連続。浅草のシタコメにかかった作品。コメディとは言えないと感じだけど。悲しい部分や男の心変わりもリアルな感じがしました。
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿シネマカリテで『ゆれる人魚』を鑑賞。ポーランドのダークな人魚姫の話。ブラックな小悪魔的な人魚で、魅力的ですね。いかがわしい感じのナイトクラブの雰囲気に音楽もとっても素敵でした。この人魚の尻尾はでかくて生々しいなー。おもしろかった
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ゆれる人魚』②人間になる為に姉が捨てたい魚の下半身は過去への哀愁や大人になる為の犠牲のメタファーに感じる。美と醜悪を併せ持つアンバランスな姉妹はグロテスクなモンスターではなく「少女」そのもの。ラストに気づかされる。これは恋物語。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ゆれる人魚』①80年代共産政権下のポーランドで起こる人魚の姉妹の悲恋。退廃的でダークなムードを醸しながらポップに歌い踊るファンタジック・ホラー・ミュージカル。全く予測不能な展開に翻弄されるが脳裏に焼きつく美しい姉妹と映像と音楽。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『ゆれる人魚』ミュージカル仕立てなの知らなくて驚き。舞台の80年代っぽさ残しつつ90年や70年代っぽい感じもあったりで楽しいし人魚姉妹が唄うポルノバーの雰囲気が素敵。手術シーンの奇矯さには声を殺して笑う。一部登場人物の立ち位置不明だったり編集のブツ切り感も含めて好きな感じの作品。
    いいね

    良い
  • ryuzimoney
    『ゆれる人魚』新たなる人魚伝説ですね。 ポーランド発のホラーミュージカル!初体験な映画でした。一見の価値あり!!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...