TOP >作品データベース >わたしは、幸福

わたしは、幸福

みんなの感想/評価
「わたしは、幸福」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
71%
  • 良い
    18
  • 普通
    4
  • 残念
    2
総ツイート数
147
ポジティブ指数82
公開日
2017/12/16
原題
Felicite
配給
ムヴィオラ
上映時間
129分
解説/あらすじ
2017年・第67回ベルリン国際映画祭審査員グランプリ(銀熊賞)受賞作で、フェリシテ=幸福という名前を持ちながら、幸福の意味を知らずに生きてきたひとりの女性を通し、アフリカの現実と愛を描く人間ド...
(C)ANDOLFI - GRANIT FILMS - CINEKAP - NEED PRODUCTIONS - KATUH STUDIO - SCHORTCUT FILMS / 2017
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kerakuten
    『わたしは、幸福』レビューが少な目だったので、前に書いたブログを貼っておきますhttps://ameblo.jp/kak-dela/entry-12334407450.html
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『わたしは、幸福』オープニングが酔っぱらいで喧騒のバーでのライブ。フェリシアは毅然としているが歌は特別というほどでもない。むしろ周りの人達と一緒に盛り上げていく歌。息子の事故で歌えなくなったり、クラシックのアリアのような合唱があったり、一つの世界に収まらない猥雑さかな。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『わたしは、幸福』コンゴの貧しさの中で生きている人々。その中には盗みや窃盗などもある。フェリシアも金持ちに金を工面して貰うために恐喝まがいなことをするが逆に金を渡され暴行を受けてしまったり。絶望のキンシャサの中で希望があるのだろうか?入水の夢の中に現れた聖獣オカピのシーンがいい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『わたしは、幸福』コンゴのキンシャサの女性歌手のフェリシア。息子がバイクの事故で手術費が必要となり金策に奔走するが息子の足は切断、フェリシアも失意に見舞われるが周りの人々に支えられて再び歌い出すまで。終わり方が結構グダグダと感じてしまうのはきっちりした結末に慣れきっているからか。
    いいね

    良い
  • xsizuku
    『わたしは、幸福』政治状況が悪く貧しいコンゴ民主共和国に生きる、でっかい体の人たちの、でっかいバイタリティーの物語。馴染みのない世界だがそれでも感情移入できて、なかなか笑わないフェリシテが笑ったシーンではすごく嬉しくなった。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『わたしは、幸福』アフリカの地のうだる様な湿度、喧騒を体感できました。少ないセリフで淡々と非常な日常を見せつけられて辛い展開だけど、ささやかなユーモアと優しさを持つ奴に救われる。ラストの曲がリズミカルな歌だったら尚後味が良かった。
    いいね

    良い
  • garancear
    『わたしは、幸福』珍しいコンゴを舞台にした映画。音楽の良さ、生活のリアル、医療事情と息子のためのなり振り構わぬ金策が印象に残る。しかしそういう話でもない。むしろそこから先の筋があるようなないような部分で体感時間が長かった。フェリシテの生き様は逞しい。 #映画
    いいね

    普通
  • 624ken
    ヒューマントラスト渋谷で『わたしは、幸福』を鑑賞。お金がないと医療を受られないのは厳しい現実だね。フェリシテの表情がいい。最後はちょっと感動。アフリカ舞台の映画を見る機会がないので、音楽や住居、街並みが新鮮。音楽のリズムがいいな。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『わたしは、幸福』@ HTC渋谷♪タフなその行動に一歩引いてみちゃってて、感情が微動だにすることなく終わっていった。。
    いいね

    普通
  • Hanashi_Sagashi
    『わたしは、幸福』前半は「ローサは密告された」をどうしても連想してしまい、“衝撃”という点ではあちらに軍配が上がるかな…などとも思ってしまったり。 後半は主人公が(実際に、又は精神的に)途方に暮れて彷徨う場面の長さが少し気になった。
    いいね

    普通
  • Hanashi_Sagashi
    『わたしは、幸福』「後遺症で喋らない訳ではなく…?」と薄々思われ始めてからは、「こんな非情な世界でもお前さえ笑っててくれれば母ちゃん笑ってくれるから!」と、タブーさん的な、知り合いのおっちゃん視点になってたw 冷蔵庫の着地も暗喩的。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『わたしは、幸福』@HTC渋谷|近代化が遅れている街並みや暮らしぶり、そこはかとなく大地の匂いや暗闇になにか宿っているようなコンゴで無力感と対峙するフェリシティ。歌手より「歌姫」がふさわしい生き方は体の大きさと同じくらい力強い。
    いいね

    良い
  • tomochan2013101
    『わたしは、幸福』アフリカ舞台の貴重な作品。お金をかき集めようとする主人公の迫力。親子の情愛たっぷりの映画でした!音楽も素敵!
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【わたしは、幸福】息子の事故で不幸の底に落ち、金策に磨り減った女性シンガーが再起していくまで。粗野だが優しいタブーと次第に癒されていくフェリシテの表情を寄りのショットが見事に捉える。彼女の歌うアーシーな曲もコーラス曲も魅力。 #映画
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『わたしは、幸福』紛争や飢餓で描かれないアフリカ、コンゴの日常を怒りや不満に満ちたフェリシテを通して映し出す。享楽的だったり、神に対し厳かだったりと捉えどころの無い人々はとにかく逞しい。暗闇に自身を投影させ真理を見出す様も興味深い。
    いいね

    良い
  • damb_hy8
    『わたしは、幸福』自分にとっては少し難しい映画でした。主人公の感情がわかりづらいところがちょっとあって。でもフェリシテな感じでの終わりが見られたのはよかったです。
    いいね

    普通
  • cryforthemoon02
    『わたしは、幸福』久々に何が言いたいのかわからない作品でした。何故息子は何も語らなかったのか。金持ちの家で喚き散らす程プライド捨ててるのに物乞いではないと言い放つ母親の愛もよくわからなかった。幸福についてというより日常?
    いいね

    残念
  • yamicoke
    『わたしは、幸福』この一本の映画の中で流れる時間の速さが変わる。バイク事故で片足を失いかけた息子を救おうと母が文字通り血まみれの金策を続ける間、時間は苛責なく淀みなく流れる。それがある瞬間から時は歩みを止め無時間的なたゆといを見せる
    いいね

    良い
  • kerakuten
    『わたしは、幸福』「街」が主役のアフリカ映画を観るのははじめてかも。内戦も天災も飢餓も猛獣も出てこなくても、タフでなくては生きられない。ほこりっぽいキンシャサの街が、だんだん愛すべき日常に思えてくるから不思議。
    いいね

    良い
  • snow200
    『わたしは、幸福』なりふりかまわず生きる。圧倒的なアフリカンパワーを見せ付けられた。ぼーっとしてたら生き抜けないコンゴ・キンシャサの庶民生活は大変そう。主人公フェリシテ役のヴェロ・ウァンダ・ベヤの主張する造形に魅せられた。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...