TOP >作品データベース >デトロイト

デトロイト

みんなの感想/評価
「デトロイト」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    55
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
1,680
ポジティブ指数98
公開日
2018/1/26
原題
Detroit
配給
ロングライド
上映時間
142分
解説/あらすじ
「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー監督が、黒人たちの不満が爆発して起こった1967年のデトロイト暴動と、その暴動の最中に殺人にまで発展した白人警官による黒人たち...
(C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • koji911070
    『デトロイト』人類は成長しないのか! 1967年も今も根底は何も変わってない。もう『怒り爆発』だ!!
    いいね

    良い
  • arakazu_0125
    『デトロイト』1967年デトロイト暴動。142分間、まるでその場に居合わせたかのような強烈な臨場感。社会の分断がより深まっている50年後の今、観るべき映画。W・ポールターのイメージが完全崩壊。J・ボイエガ他若手俳優も好演。
    いいね

    良い
  • cocone_magical
    #映画 #デトロイト ビグロー監督作品は初めて。実話映画好きとして試写参加。評判通りの凄い撮影!冒頭からぐいぐい。ドキュメンタリーのような迫力がありながら、モータウンで心臓を一休みさせてくれる妙技。役者たちの表情にも胸を掴まれます。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『デトロイト』試写@映画美学校♪映画自体も劇中で起きるひとつひとつの出来事も、そろそろ終わりそうかなと思ってもなかなか終わらない…。その執拗さに過去のいち出来事としてではなく、差別や偏見の広がった社会の未来をみているようでもあった。
    いいね

    良い
  • megamarsun
    『デトロイト』試写会にて。実話を元につくられた再現映画。その再現性が本当に恐ろしく悲しい(ホラーみたいなショックではなく人間が誰しも持っている些細な偏見が増幅していく描写が恐ろしい)差別による殺人は構造的にはいじめと同じなんだよね。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『デトロイト』近年でも似たような事件があったが、半世紀前の人種差別事件に愕然となる。荒廃した街はまるで内戦状態。これが60年代のアメリカの真の姿なのか。目をそむけたくなる一方で見続ける使命感も感じた。ウィル・ポールター好演。
    いいね

    良い
  • Shimichin
    『デトロイト』@試写会。この事件は50年前のデトロイトだが、今も偏見や差別、暴力は存在している。我々もいつ加害者側、被害者側になるか分からない危うさと背中合わせで生きている事を再認識させてくれるビグロー監督渾身の衝撃作。観るべきっ!
    いいね

    良い
  • magenta_wing
    本日の試写会『デトロイト』。1967年のデトロイト暴動を題材とした、観終わった瞬間重いため息をつきたくなるほど、全編通して息苦しいまでの暴力と憎悪に満ちた作品。でも、だからこその実話でもあるのだろうと思う。差別とそこに権力が(→)
    いいね

    良い
  • mayumihyo
    『デトロイト』ジョン・ボイエガやウィル・ポールター、気鋭の若者を起用してなお握り拳で殴るような重量感。実話ベースの暗澹たる展開にモータウンサウンドや聖歌が滲むも銃声と怒号が重なる混沌。仮に無音でも緊迫必至の映像が語る、ザ・アメリカ。
    いいね

    良い
  • takeman75
    『デトロイト』暴動下のデトロイトという「戦場」で起きた地獄の一夜を「骨の髄」まで観客に体感させる、キャスリン・ビグロー監督、渾身の鬼畜作。終わった後のこの焦燥感、居たたまれなさを、どう表現すれば良いのか…。今はただ、胃の奥が痛い。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『デトロイト』試写会。1967年のデトロイト暴動をこの映画で初めて知る。当然アルジェモーテル事件の事も知らず。応援に駆けつけた筈のオハイオ州警が「人種問題は関わると面倒だから」と現場から立ち去る姿が身につまされるというかなんちゅうか
    いいね

    良い
  • mooovie
    『デトロイト』を鑑賞。デトロイトという都市でこんなにも非道な出来事があったのか?と驚愕した。白人警官と黒人との対立、差別。長引く暴動にそれを終わらせる為に、発砲。どちらも正しくはないけど、もがいて間違った方向に向いてるような?これが自由の国なのか?裁判の内容も釈然としないなぁ。
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『デトロイト』映画美学校試写会。モーテルでの拷問シーンが印象的だが、その後の顛末のほうにより憤りを感じる。溜飲が下がらない展開が続くので万人には勧めたくは無いが、実際にあった事として観ておくべき1本なのは間違いない。
    いいね

    良い
  • dai_1976
    ちなみに『デトロイト』はいわゆる「デトロイト暴動」についての話であると同時に、ヴォーカルグループドラマティックスについての物語でもあります。劇中歌のチョイス、エンディングで流れる書き下ろしの曲、共に素晴らしいです。
    いいね

    良い
  • dai_1976
    『デトロイト』は扱っているテーマは勿論のこと、暴動が始まってから拡大するまで、アルジェー・モーテルの事件の一夜、その後の顛末、と三部で上手くまとめられています。テンポも非常に良いので142分の尺ほど長く感じませんでした。
    いいね

    良い
  • nekojita
    ‪デトロイトをcoco独占試写会で鑑賞。ビグロー監督の前作『ゼロ・ダーク・サーティ』と同じくヒリヒリする映像体験を味わいました。拷問シーンはビンラディン襲撃シーンに匹敵する緊張感。ウィル・ポールターの胸糞悪い悪徳警官も秀逸でした。‬
    いいね

    良い
  • akumakko666poco
    『デトロイト』試写会!ドキュメンタリーかと錯覚しそうなリアリティのある映像にまるで現場の目撃者になったようで胸糞さが止まらなかったけど、時折差し込まれる当事者にも関係が深いモータウンミュージックにかなり救われた。 #デトロイト
    いいね

    良い
  • dai_1976
    『デトロイト』感想。アルジェー・モーテルで発生した事件の一幕の胃がキリキリするような緊迫感と言ったら・・・。ゼロ・ダーク・サーティの拷問シーンとはまた違った恐ろしさ。多くの人に観てもらいたい反面、観る人を選ぶかもな、とも思ったり。
    いいね

    良い
  • kanekone
    『デトロイト』観ている最中に感じるのは怒り悲しみ緊張感ばかりな傑作。67年の話だけど今日的な問題であるのが悲しい。憎たらしい事この上ないウィル・ポーターの悪役ぶりが最高。ジョン・ボイエガのデンゼルワシントンぶりも良かった。
    いいね

    良い
  • akiraman3
    ゲロ吐き演出について右に出る者はいないキャスリン・ピグロー監督の新作は『デトロイト』に喧嘩売るスタイル。デトロイト行きの飛行機でこの映画を見せられたら、もらいゲロ必須。『ハート・ロッカー』に継ぐ名作で最高にスリリングで面白いけどゲロ
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...