TOP >作品データベース >聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

みんなの感想/評価
「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
82%
  • 良い
    125
  • 普通
    19
  • 残念
    3
総ツイート数
6,029
ポジティブ指数91
公開日
2018/3/3
原題
The Killing of a Sacred Deer
配給
ファインフィルムズ
上映時間
121分
解説/あらすじ
「ロブスター」「籠の中の乙女」のギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、幸せな家庭が1人の少年を迎え入れたことで崩壊していく様子を描き、第70回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したサスペンスス...
(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yudutarou
    『聖なる鹿殺し』物語の輪郭が見えてくると人間の醜悪な内面を抉りだす的安っぽさになったが、そこへ至るまでの淡々としつつも不穏過ぎる日常は繊細かつ緊張感に満ちていて美しかった。あと『トゥモローランド』のアテナが出てて嬉しかったな。
    いいね

    普通
  • nm_ikabutamodan
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』ベースとなっている物語は何だろうと観ながらずっと思っていた。ただでなくともバリー・コーガンの不気味さが秀逸過ぎるし音楽効果がそれに拍車をかける。
    いいね

    普通
  • st_yokohama
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』この作品でやっとこの監督の作品はどういう心算で観ればよいのか解った気がする。今回はシュールと言うより純粋に怖かった。タイトルの意味は後でググればよろしい。見応えあった!
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』上からそして下からのカメラワークに、不穏な音楽が恐すぎ。そしてマーティン演じるバリー・コーガンが不気味過ぎる。オカルト?ホラー?復讐は科学や医学をも越える感が面白い。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』バーン!不穏、そして意味不明!「ロブスター」でも監督と組んだ髭男コリン・ファレル、体張ってるニコール・キッドマン、とにかく不気味なバリー・コーガンが凄すぎ!私の理解を遙かに超えた不条理サスペンス
    いいね

    残念
  • youpon0gou
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』不条理で、不穏。音楽というか不愉快な音が、不安を煽ってくる。感想が「不」の付く単語で埋め尽くされる。画面は白っぽいのに、これはもうホラー。不気味な余韻。 #映画
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『聖なる鹿殺し』鑑賞。カメラが人間界を眺めて悪戯してやろう目線。音楽でもこづかれる。バリー・コーガンのキャスティングが成功、不気味だ。ワンアイデアで2時間じわじわ見せる監督の手腕はさすがだがやや手詰まり感も。シュールさもギリシャ悲劇っぽさも家族のドラマも映画プレイで終わった印象。
    いいね

    普通
  • nogik_desu
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』どれにも括れない、奇妙で恐ろしくて可笑しくて、それでいて端正。呪いの現象がこんな普通にリアルに腑に落ちるとは。監督の才能と強気で観客の心理をキリキリさせる不快系の新たな傑作!
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア>バリー・コーガン演じるマーティンの台詞が単語単位でクリアに聞こえて不気味。そして彼が登場するたびに鳴り響く不協和音! 不条理だらけだったけど、ラスト、勝者の表情で気分爽快!?
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』いやいやいや、ヨルゴス監督の「ここでこんな不条理な笑いをぶっこんでくる?!」が健在で嬉しい限り。ハズレない。最高です。バリーもほんと、16歳の役で全く違和感ないの、すごい。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『聖なる鹿殺し』タイトルから崇高な感じ想像してたら完璧ホラー。笑えない「Drag Me to Hell」じゃないすかw「死」の前では誰もが跪き首を垂れるだろうという、製作陣の「家族愛なんて甘っちょろいもの描かないよ」って気合入ってる感じがイイね。バリー・コーガンいい顔。
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』『ダンケルク』で異彩を放っていたバリー・コーガンくんが、ここではその得体の知れない不気味さを発揮する! 父親のある過ちから理不尽な呪いをかけられてしまった家族がなんとか助かろうと足掻く姿が哀れであり滑稽でもある。つか怖い。
    いいね

    良い
  • a19660819
    #聖なる鹿殺し 』鑑賞5日後も、娘キムが口づさむエリー・ゴールディングあの曲「Burn」が不気味に頭の中ヘビロテ♪得体知れない恐怖圧倒的! 「ダンケルク」でも存在感あった #バリーコーガン 1人勝ち!ヨルゴスランティモス監督最高
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』@ HTC渋谷♪バリー・コーガンの一人勝ち状態…(>_<) 不穏さと何が起きてるのか分からないところが面白かったんだけど、結局さっぱりで何を見てたのかよく分からなかったw
    いいね

    普通
  • Hanashi_Sagashi
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』終盤は正直、無数の“意味深”な演出(に対するこちらの読み取り)が、“家族どうなっちゃうんだ!?”サスペンスのハラハラを追い越しちゃってる気が… 端的に言ってちょい長かった…?
    いいね

    普通
  • Hanashi_Sagashi
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』マーティンという目立つ存在だけでなく、家具に対し微妙に広く感じる部屋や廊下を歩く場面等の、突き放したような空間演出からも“抵抗不能・不可逆的”な冷たい怖さが窺える…
    いいね

    良い
  • MondMasa
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』最後のぐるぐるバットみたいなシーン怖すぎる。信じてなかった医者がどんどん呪いに飲み込まれていき、決断を迫られ出す場面のヒリヒリ感。止められない運命。理不尽さ。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』冒頭のむき出しの心臓が表してる通り、家族はあの状態で為すすべもなく我々もただただ見守るしかない圧倒的に不条理で不愉快で恐ろしい。精神的な負荷が凄まじいとんでもない傑作。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』‪鑑賞。ホラーな展開に戦慄。主人公に迫られたのはこれ以上ない程残酷な選択で、見ているのも辛かった。人間の身勝手さを見せつけられる不快感MAXの映画。#eiga
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『聖なる鹿殺し』@シネマカリテ|医師役コリン・ファレルが招き入れたひとりの少年が、家族を侵食していく。裕福に暮らしてきた医師家族が、利己的で保身に執着するあまり、状況は悪くなるばかり…恐ろしくもおり哀れでもあり、ホント滑稽な。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...