娼年

みんなの感想/評価
「娼年」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    34
  • 普通
    5
  • 残念
    3
総ツイート数
33,320
ポジティブ指数91
公開日
2018/4/6
配給
ファントム・フィルム
上映時間
119分
解説/あらすじ
「娼夫」として生きる男を主人公に性の極限を描いた石田衣良の同名小説を、2015年に上演した舞台版が大きな反響を呼んだ監督・三浦大輔×主演・松坂桃李のコンビで映画化。大学での生活も退屈し、バイトに...
(C)石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • sa9237a
    『娼年』女性が男を買う。昔でいえば、のみとり侍か。だが、それぞれの彼女達の背景には、それぞれの理由があり、かれによりその欲望が満たされていく。なかでも心音ちゃん夫妻のそれはまた独特の滑稽さがあったね。それにしても女性で満員
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『娼年』今、“松坂桃李”で!逃げのない!SEX描写!もうそれだけでも拍手喝采だよ!フィニッシュ直後の惰性の尻の痙攣とか偉い! “普段・日常の皮”を脱ぎ去る瞬間に立ち会える、この感動の擬似体験こそ映画の醍醐味のはずだよなー…
    いいね

    良い
  • FFFFigaguri
    『娼年』色々と凄すぎて見終わった後頭がポカーンとなる凄まじい体験だった。ギリギリを追求した濡れ場の数々は圧巻。性とは何かSEXとは何かをメインに置いたストーリーも興味深く美しかった。松坂桃李の新たな一面も実に勇ましかった。
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『娼年』激しいセックスシーンがたくさんあるのに、不思議なほど淫靡さを感じさせない。子供時分に母親を亡くして以来、喪失感を抱えてきたリョウが、年上の女性たちにかしずく姿は、まるで神に仕える巫女。そして巫女は、神懸かって激しく乱れる。
    いいね

    良い
  • okayadomidorin
    『娼年』桃李君、よくこの役をやったなあという感想。彼女がその名を~の時も思ったけど比じゃなかった。欲望の形は人其々は分かるが、真飛さん母娘の関係は全く理解できない。いかにも元男役演技の異質感がこの役には合ってたかな。
    いいね

    普通
  • yagi_gabu
    『娼年』平日昼間の上演だったけど、ほぼ満席。上演最終週のせいかな?桃李君見たさの鑑賞だったけどファン心理としては微妙。想像以上に濡場が長かった。もっと短くて良かったかな。俳優さん全員体当りの熱演の中で西岡徳馬が笑いを誘って好きだった。性‘サガ’、性的マイノリティの話。
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『娼年』AVかと見紛うほどの描写を両隣女性に囲まれて見るという不思議な体験。性描写だけが見所でないのはわかるが、物語自体にそれほどの興味を感じなかった。真飛聖が脱ぐのかという変な期待と西岡徳馬が出るシーンのコミカルなところは好き
    いいね

    普通
  • snake954
    『娼年』みる。
    いいね

    残念
  • yuzutsuki
    『娼年』思ってた以上にがっつりヤってたwどこにでもいそうで、でもどこにもいなさそうな青年が、自分の居場所を見つける物語といった印象。桃李君頑張ってたw舞台版は見てないけど、それがベースにあるからか、少し駆け足な印象なのがちと勿体ない
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <娼年>話題になっていたので、つい鑑賞。女性について描いた作品でもあるけど、あくまで男性側から見た女ってファンタジーな気がした。だけど、領くんが客から人気が出るのはよく分かる。彼の言葉や表情には嘘がなくて安心できる。普通って何だろ。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『娼年』松坂桃李で完全にAVをやろうというコンセプトが潔い。行為があれば、その結果があるというリアリズムにおいて物語的に心理的なドラマなど設定せず、淡々と展開していく作りは悪くない。三浦監督の役者の潜在力を引き出す才は突出している。
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『娼年』人の数だけ欲望の形はある。それは広大で深遠なものだ。目を輝かせてもっと知りたいと思えて初めてプロと呼べる。その出会いは大きな喜びだ。欲望を通して見える人間の喜びや悲しみ。それを見せるべきものは見せて描いてくれたのは良かった。
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『娼年』人を買うということ。
    いいね

    普通
  • st_yokohama
    『娼年』松坂桃李のケツに始まり、松坂桃李のケツに終わる。昭和のコンビニエロ漫画雑誌を実写化したらこんな感じ?BGMのジャズも下世話な使い方で感心しない。イケメン俳優の殻を脱ぎ捨ててバンバン脱いだ松坂桃李の心意気だけ評価する
    いいね

    残念
  • Kubric2001
    『娼年』原作読了、舞台も観劇。石田衣良の作品は嫌いではないけれど、この作品は薄い。松坂桃李に女優陣の体当たり演技は凄いけれど、色々な嗜好の人がいるのを知るだけで、行為優先で心情の変化の描き方かあまりに杜撰で何も残らないんだな。
    いいね

    残念
  • Pooh_kuru_san
    『娼年』男性に比べて複雑である女性の、多様化する欲望を充していく事でその奥深さに魅了される男娼。清濁併呑の赤裸々な性描写の潔さと応える役者陣の心意気。娼夫ではなく、娼年のタイトルを体現する松坂桃李の純度の高さ。笑い所まで多数の怪作。
    いいね

    良い
  • aienkien1959
    『娼年』女性の性的欲望と多様性を発見し静かに心寄せていくというスタンスに好感が持てます。松坂桃李さんの執拗までの腰振りとか声とか精液の入ったコンドームとかディテールを端折らないで丁寧に撮ったのがGoodです。
    いいね

    良い
  • nozawa_gekijo
    『娼年』桃尻全開ピストン全開延々アンアン白目痙攣連続射精焦燥暴発放尿絶頂寂しさ空洞愛欲熱海倒錯グラサン純愛よもやの老齢神的熟女男色痛覚Tバック居酒屋母親高田馬場と再試もどかし母娘まやかし摘発横浜奇妙な縁(えにし)指マン信仰唾棄すべし
    いいね

    良い
  • Au0223
    『娼年』思った以上に大分ヤバい内容だった変な笑いが止まらず。三浦監督の中でも一番過激な内容なんじゃないでしょうか。 芝居ができる松坂桃李君の「下手くそな謎の三文芝居」が途中見られるよ。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『娼年』 いきなり松坂桃李のキレイなオシリから始まる映画。三浦大輔監督作だけあって、人間の欲望を赤裸々に描くことへの衒いのなさが清々しくもある。男役時代から観続けてきた真飛聖の濡れ場がないのは、ホッとしたような残念なような。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...