TOP >作品データベース >やがて水に歸る

やがて水に歸る

みんなの感想/評価
「やがて水に歸る」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
81
ポジティブ指数0
公開日
2017/12/2
配給
桜美林大学映画専修共同研究
上映時間
82分
解説/あらすじ
数多くの相米慎二監督作品で助監督を務め、1988年の「・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・」などで知られる榎戸耕史監督が、劇場公開映画としては97年の「渇きの街」以来20年ぶりに手がけた長編映画。榎戸監督...
(C)桜美林大学映画専修共同研究
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • koba84Q
    『やがて水に歸る』ただ景色の点では東京の川の手を満喫できる。川から見ると橋よりも日本橋川そのもの覆う高速道路の残念さ。奥多摩結ぶ中央線が他方のテーマかと思うとモノレールとか一貫性ない。聖橋工事前、神田橋撤去中など撮影は結構古い
    いいね

    普通
  • koba84Q
    『やがて水に歸る』近所舞台で興味持ったが、監督は物語に拘りなく景色と人を撮ったと。なので人物掘り下げもないが無意味なカット目立ち割り切り半端。珈琲時光よりだらたら歩く姿に北野監督の繋がり乞食思い出す。なぜ水かタイトルの必然がまず難
    いいね

    残念
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • mio_taniguchi
    『やがて水に歸る』変な映画でした!!(大喜び)鷲掴まれたわー憧れの榎戸監督に握手してもらってサインもいただいた。明日からまた頑張れます。
    いいね
  • cerse514
    やがて水に歸る感想 「時系列の反復横飛び激しずぎぃ!」
    いいね
  • yagatemizu
    『やがて水に歸る』、最後の上映が迫ってきました。 予告編なしの本編上映ですので、くれぐれもお早めの来場を! 21時~です! #やがて水 #榎戸耕史 #前田亜季 #永里健太朗 #趙珉和 #寺田農 #ユーロスペース #桜美林大学 #トークショー #レイトショー
    いいね
  • coldcoldlove
    『やがて水に歸る』そもそも冒頭の台詞を声ではなく字幕で出すところから一定の批評的距離を感じさせる。最新時制パートの永里健太朗の何かに憑りつかれたようなうわ言めいた芝居。前田亜季は何者なのか。「運命」とは何なのか。前田亜季のコートを纏った立ち姿に小川久美子の衣装の力を改めて思い知る
    いいね
  • coldcoldlove
    榎戸耕史『やがて水に歸る』俗っぽい寺田農パートと謎めいた2人の出会いパートと選び抜かれた抽象的恋愛言語(台詞の響きがとても美しい)が飛び交う最新時制パートが交互に現れては消え、水面に反射する光のような「映画」にはそう易々と耽溺させてくれないあたりがいかにも榎戸耕史らしい。
    いいね
  • yagatemizu
    本日が『やがて水に歸る』の最終日です。 たくさんの方にご鑑賞いただき、たくさんのご意見をいただいています。本当にありがとうございます! 21時~渋谷ユーロスペースにて。 上映終了後には、榎戸監督を始め、桜美林大学映画専修の講師でもある丸池、山本、窪田の各氏が登壇し、ご挨拶します。
    いいね
  • yagatemizu
    『やがて水に歸る』今日も多くの方にご覧いただくことができました。ありがとうございます! 明日15日金曜で、渋谷ユーロスペースでの公開は終了します。 皆さまのご来場をお待ちしています! https://t.co/gMAjvOTEsz
    いいね
  • yumiquro
    「やがて水に帰る」ふだん眠っている感性を刺激されるような映画だった。表面的な情報だけでは見なかったかもしれない。この映画を全く知らない人でも見てみたら大好きって人はたくさんいそうな気がする。明日までだからチャンスを逃さないで欲しい。(今日も間に合います)
    いいね
  • ayfmk
    映画『やがて水に歸る』 この際時間については気にせずに、受け身になるのもよいと思った。 何でも知ろうとするのはよくない。
    いいね
  • birdcage0313
    「やがて水に歸る」牡蠣バターを食べに行った時に御茶ノ水〜万世橋を徘徊したばかりなのでヴェニスとも違う東京の風景が前田亜季と共に美しく映し出されていたから今日も腰を抜かす。最近観客として見かけなかった榎戸監督は80年代と2千年代の東… https://t.co/wWLBEF3usf
    いいね
  • nsetz
    「やがて水に歸る」冒頭、画面左手にチラリと映る小松屋は柳橋に古くからある舟宿(明治14年創業)。「おとうと」の原作は幸田文だが、文は『流れる』を書く際に小松屋の女将さんに取材したと聞いている。花街だった頃の柳橋を肌身で知る方だった… https://t.co/R2qBYal8ZU
    いいね
  • akifusa0927
    今日は渋谷のユーロスペースで開催中の日芸映画学科学生による映画祭「映画と天皇」で『天皇と軍隊』『太陽』を鑑賞の後、中野の名店「和食なかむら」で忘年会。ユーロスペースに戻って桜美林大学映画専修による『やがて水に歸る』という美しくも不… https://t.co/rC4ettsJsF
    いいね
  • nsetz
    「やがて水に歸る」、見た。題名から当然の流れだが、冒頭は川を行くショット。しばらくすると小松屋が映る。私の知る限りでは、小松屋の日本映画への登場は市川崑監督の「おとうと」以来2回目。幸田文の弟(川口浩)が自棄になってボート遊びをするのだが、その請求書に「小松屋」と書かれている。
    いいね
  • seidodousi
    榎戸耕史「やがて水に歸る」@ユーロスペース 夏、冬、春…3つの時間が交錯し、交わされる目線もなかなか意味に着地しないのだけれど、そのイメージの強さによって惹きつけられ、ああこれが映画だという瞬間にひたる 前田亜季が素晴らしい そし… https://t.co/yhKRMAvERO
    いいね
  • hnaomilk
    ユーロスペースでの榎戸耕史監督『やがて水に歸る』(連夜21:00-)もいよいよ今週金曜日まで。急がなくちゃ! ☞https://t.co/u5V3AhA5p7
    いいね
  • yagatemizu
    ちなみに、13日水曜には、トークショー第四弾「木全公彦さんvs榎戸監督」があります。 『やがて水に歸る』 21:00~の回終映後です! お楽しみに! #やがて水 #榎戸耕史 #木全公彦 #前田亜季 #永里健太朗 #趙珉和 #寺田農… https://t.co/rhqouKHBdW
    いいね
  • TsumuTerrazzo
    『やがて水に歸る』…主軸となる正月の奥多摩でのエピソード。恩師を囲む宴会に紛れ込んだ二人の大学院生の立ち振る舞いの可笑しさと、そこから浮かび上がる恩師の娘との秘かな三角関係の予感。古風な仕草と視線のやりとりで、演出の厚みを久しぶりに味わった気がした。必見。
    いいね
  • yagatemizu
    新!🌟イベント情報🌟 映画『やがて水に帰る』トークショー開催! 12月13日(水)21:00の回終映後 登壇者:木全公彦さん(映画批評家)、榎戸耕史監督 皆さまぜひご来場ください! #やがて水 #榎戸耕史 #前田亜季 #永里健太朗… https://t.co/MURAv7hQHR
    いいね