TOP >作品データベース >ロープ 戦場の生命線

ロープ 戦場の生命線

みんなの感想/評価
「ロープ 戦場の生命線」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    51
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
769
ポジティブ指数99
公開日
2018/2/10
原題
A Perfect Day
配給
レスペ
上映時間
106分
解説/あらすじ
紛争地帯で人々を救うため奔走する国際援助活動家たちの戦いを、「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ、「ショーシャンクの空に」のティム・ロビンス、「オブリビオン」のオルガ・キュリレンコ、「ゼロの未...
(C)2015, REPOSADO PRODUCCIONES S.L., MEDIAPRODUCCION S.L.U.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tsuccheee
    35本目『ロープ 戦場の生命線』』(@gardens_cinema)。紛争地帯の過酷な現実を描きながら殊更悲観的にならずユーモアを忘れぬ姿勢に共感。原題の「A Perfect Day」ってのが何ともイイ。キャストも皆魅力的な傑作。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ロープ 戦場の生命線』@ シネマ神戸観。「どこかの紛争地帯…」取り敢えず壱本の"ロ~プ"探して奔走するが"たかがロ~プされどロ~プ"。簡単に手に入る物でも様々な不条理が邪魔をするが「其処」でも人々の暮らしが在る。知恵と慣れ。伴奏とキャストの飄々とした演技の良作!嘲笑う雨の逸!w
    いいね

    良い
  • ta2mix910remix
    『ロープ 戦場の生命線』my映画館2018#35> 紛争地域でのロープ探しの話だが、原題"A PERFECT DAY"で、ラストでその台詞にニンマリし、その後のオチにニヤリ・・・また巧みな逸品に出会ってしまった。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『ロープ 戦場の生命線』この映画が最高にかっこいいのはタイトルバックが最後に出てくるところ。紛争地域のために命をかけて手を尽くしたのに、っていう虚しさと無力感で次の現場に向かうところで、どーんと最高の1日ってタイトルがなんたる皮肉。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ロープ 戦場の生命線】一個だけ残念だったのは、音楽の使い方が気になったんですよね。特にマリリン・マンソンの「Sweet Dreams」は浮いてたなー。あそこそんなに扇情的にしないほうが良いのに…。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ロープ 戦場の生命線】この題材で説教臭さやお勉強映画的な堅苦しさを感じさせないのがスゴイ。こちらも多少肩肘張って観に行きましたが、どんどん引き込まれて純粋にハラハラドキドキして見入っていました。人物造形も見事で、それぞれが魅力的。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ロープ 戦場の生命線】ロープを探すだけのシンプルな話ですが、銃撃戦のある戦争映画とはまた違った新鮮味とスリルに満ちた秀作。ユーモアや皮肉の織り込み方も絶妙で、OPとラストのカットと原題A PERFECT DAYの文字は痺れました。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『ロープ 戦場の生命線』面白い!原題が‘完璧な日’ってのも良い♪紛争地帯で井戸に死体が投げ込まれ水が汚染!「国境なき水と衛生管理団」はデブ死体引き上げ中ロープが切れ、ロープ探しに奔走する事に…不条理、不運が続き、ブライベートな事情も含めトラブルだらけ!それでも前に進むのが凄い☆
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ロープ 戦場の生命線』ことごとく徒労に終わる展開に心底へとへとになる。 ロープを巡って、現地の少年の水先案内で知る衝撃の事実は何よりも強烈。ベニチオ・デル・トロはもちろん、ティム・ロビンスの老け具合もよい。脚本家らしいまとめ方。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ロープ 戦場の生命線>原題(A Perfect Day)から1日の話かと思っていたら2日目に突入⇒この言葉は皮肉だと分かる⇒皮肉どころかマジでヤバい雲行きに⇒人力は非力だったなぁと。/地雷地域で暮らすおばさんの生活の知恵が凄い…。
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿武蔵野館で『ロープ 戦場の生命線』を鑑賞。死体を引き上げるロープが手に入らない国際援助活動家の話。いろんなことに遭遇しますね。なかなかうまくいかないジレンマですね。笑えない設定の話だけど、ユーモアたっぷりでおもしろかった。
    いいね

    良い
  • masaakiukulele
    『ロープ 戦場の生命線』平日の午前中に空いて、悩んだ結果これを観ることに。お客さん4人だったけど観て良かった。西欧諸国の援助って何なのか。噛み合わないのは当たり前なんだろうけど、非効率と無力感が埃っぽさといっしょに伝わってきた。
    いいね

    良い
  • daisuke_EIGA
    #ロープ 戦場の生命線』紛争地域における一つの井戸の中にある死体を引き上げるためのロープを探すだけの映画でこうも表現できるかって事をやってくれる。そこに住む民族間の争いや国連や支援団体ができる限界の闇を描きながらユーモアを忘れない最後
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ロープ 戦場の生命線』戦場であってもライフラインやユーモアが最重要だとわかっているはずなのに、法律を盾に理解してくれない指揮官がもどかしい。軍人に対しやってることはマクロだが、実際には大きい仕事をしてる。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ロープ 戦場の生命線』ポスターは南米版貞子に見えるが予告編では全然違う。かわいい少年もいるし、ヒロイン2人もすげーかわいい。好み。
    いいね

    良い
  • tatsunosuke246
    『ロープ 戦場の生命線』感想。ちょっと女にはだらしないけど、人間的魅力に溢れる。こういうデル・トロが観たかったのよ。(SWは...以下自粛)。戦場が舞台だけど、ハデなことは何も起こらず、ままならない日常がシニカルに描かれる佳作。ラストには脱力。
    いいね

    良い
  • arima_y
    『ロープ 戦場の生命線』停戦合意成ったボスニア・ヘルツェゴヴィナで、多国籍部隊のNGOスタッフが悪戦苦闘。相当辛いエピソードもあるが、ちょっとひねった視点と笑いで絶妙に回して面白い。邦題はなんだかなあ…て感じだったが観てよかった!
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ロープ 戦場の生命線』数えたカットは1585。会話シーンが多く、必然的にカットが増えた。紛争地域といえど戦闘シーンはなく、暗に危険であることを示すカットが巧い。1995年が舞台てはあるが、今でも世界にはあんな景色の地域があるんだよな、と感じた。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ロープ 戦場の生命線』鑑賞。紛争地域で、井戸の水を守るという地味だけど文字通り命の生命線にまつわるエピソード。あくまでも全体のことはわからず、何とか井戸の死体を引き上げるロープを探す一隊の話に終始しているのが徹底していて、それならではの人間関係も伏線もある。小品ながら傑作。
    いいね

    良い
  • tsururuto
    『ロープ 戦場の生命線』ボスニア紛争直後のバルカン半島を舞台に国際援助団体が直面する戦争の厳しい現実、とテーマは重いがユーモラスな会話やチームの一体感、ロックナンバーに乗せて疾走する車など語り口は意外と軽妙。希望があるラストも良い。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...