TOP >作品データベース >女は二度決断する

女は二度決断する

みんなの感想/評価
「女は二度決断する」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
84%
  • 良い
    53
  • 普通
    8
  • 残念
    1
総ツイート数
2,633
ポジティブ指数93
公開日
2018/4/14
原題
Aus dem Nichts
配給
ビターズ・エンド
上映時間
106分
解説/あらすじ
「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」「ソウル・キッチン」でカンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭それぞれで受賞歴を誇るドイツの名匠ファティ・アキン監督が、ダイアン・クルーガーを主演に迎...
(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production, corazon international GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『女は二度決断する』鑑賞。テロがむざむざ分かっていながら無罪になる裁判には憤りを覚える。しかし、犯人が捕まる直前に彼女がしたことを考えると、彼女自身の物語として哀しさが強く残る。ドイツの社会的背景のことはもちろんあるのだが、犯罪被害者について深く考えさせられた。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【女は二度決断する】見た目、人種、"属性"で全てを決めつける愚行と正面から戦うD・クルーガーがかっこいい。復讐それ自体の是非より、復讐するか否かの間で揺れ動く感情にこそ、何か新たな答えを見出そうとする映画でした。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『女は二度決断する』劇場で鑑賞。テロで家族を喪った主人公に只管寄り添い続けるカメラは、彼女の内に去来する感情、その変遷全てを具に捉える。D・クルーガーの熱演はまさに眼福だが、断罪と逃避混じり合うラストの"決断"はやや消化不良。良作
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『女は二度決断する』最愛の息子をテロリストによる爆破事件で失った悲しみを抱えた彼女は、そうか、そこでそんな決断するのかと思いやられる。私だったら1度目の決断だろうなと思うが、彼女にとってそれでは意味のないことだったのかもしれない
    いいね

    良い
  • koring95
    『女は二度決断する』最後までずっとしんどい、つらい。しかし、これが移民大国ドイツの現実でもあるのか。監督はトルコ系ドイツ人なんですね。ダイアンクルーガーの迫真の演技が良い。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『女は二度決断する』ずっと胸が苦しい、第2章で観客もテロリストカップルと弁護士に激しい憤りを覚え厳しい罰か復讐を願うけど、第3章海で実際復讐をするとなんだか戸惑ってしまう。タイトル二度決断するはカティヤが一度我々が一度なのだろう。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『女は二度決断する』人生において自分には非がないのに理不尽な不幸に見舞われることはあり、その時にどのように行動するのか、理性と感情の狭間で揺れ動く衝動を抑えつけるのか解放するのかなど、様々な命題を投げかけてくる秀作だと思います。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    39本目『女は二度決断する』(@gardens_cinema)。これは「はじめてのおもてなし」でも描かれた移民大国ドイツの闇の側面。刑事司法の限界にやるせなさを感じる。途中からはバッドエンドの予感しかなくてハラハラしどおしだった。
    いいね

    良い
  • aienkien1959
    『女は二度決断する』→『#希望のかなた』『#ラジオコバニ』『#否定と肯定』等と合わせて見るといいですね。ダイアン・クルーガーの入れ墨のせいか「じゃあ聞くがのう、正義とはなんじゃぁ」(#孤狼の血) ともシンクロ!
    いいね

    良い
  • nekotaimu
    『女は二度決断する』ネオナチについての知識があればもっと深く感じられた作品なのかなと。日本人発想だと復讐物語にしか見えなくなる感じ。裁判内容がやや薄く感じたかあちらはあんな感じののかなぁ。色々知識入れてまた観賞したい。
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『女は二度決断する』自身がトルコ系ドイツ人であるアキン監督によって、ネオナチが移民を狙ったテロに有効な手を打てないドイツへの失望感がひしひしと伝わってくる。最後の決断をせざるを得なかった女性の姿をダイアン・クルーガーが見事に演じた。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『女は二度決断する』男おばさんで上半ベスト3の方いたので、ダイアンクルーガー来日も逃したが鑑賞。人種差別移民問題の大きさ、愛する家族を奪われ、裁判でも怠られ正義は何処にあるのか?そして女は決断する…でも私、この解決嫌い!罪人は罰せられず、誰の魂も救われない。強く生きなくちゃ
    いいね

    残念
  • bamuse47
    『女は二度決断する』閉塞感のある街にはネオナチが行脚する。ダイアンクルーガーの深い深緑の眼差しに潜む悲愴感の重さたるや凄まじい。何もしないことが過激と思いきや、絶望した人間の渾身の一撃に呆然とする。家族の絆に感涙する。魂よ永遠なれ。
    いいね

    良い
  • snake954
    『女は二度決断する』みる。
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『女は二度決断する』最初の裁判が終わったあとにサムライタトゥーを彫り進める。ドラッグもするし、よくある悲劇の女主人公という描かれ方ではなく、深く傷ついているけれども強さがあるのがヨーロッパぽかった。
    いいね

    良い
  • atsucurry
    主人公が自死しようとするところで法廷で戦うことを決める。事件のショックで止まっていた生理がまた来て、次の決断をする。自分の血が流れることで生きることを思い知らされたのか。悲しかった。『女は二度決断する』
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『女は二度決断する』トルコ系移民の夫と息子をネオナチに殺された女の話。スマホで撮影した動画が、主人公への距離を近くさせ、気持ちが辛い。自分が生きていてもしょうがないと思う場面がさらに辛い。良い作品だけど2度は観られない辛くて。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『女は二度決断する』テロで夫と息子を失う妻の法廷復讐劇。必ずしも正義が勝つとは限らない矛盾と移民への差別と偏見が裁判を進むにつれ想いがよぎり一喜一憂する。ダイアンクルーガーが殆ど派手な化粧も衣裳もないけど、美し過ぎる。 #映画
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『女は二度決断する』実話なのか。無差別テロで夫と息子を失った女性の復讐劇。感想書くとネタバレになるんだよなぁ。展開は面白いんだけど、パンチがもう1つ欲しいと思ってしまった。
    いいね

    普通
  • Kubric2001
    『女は二度決断する』法廷ドラマとして、復讐ドラマとしても興味深かった。裁判では、決して正義が勝つとは限らないことを思い知らされる。テロの酷さ、移民に対しての風当たりの強さも現実問題なんですよね。ラストは悲しすぎたかな。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...