TOP >作品データベース >女は二度決断する

女は二度決断する

みんなの感想/評価
「女は二度決断する」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
79%
  • 良い
    28
  • 普通
    7
  • 残念
    0
総ツイート数
1,648
ポジティブ指数97
公開日
2018/4/14
原題
Aus dem Nichts
配給
ビターズ・エンド
上映時間
106分
解説/あらすじ
「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」「ソウル・キッチン」でカンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭それぞれで受賞歴を誇るドイツの名匠ファティ・アキン監督が、ダイアン・クルーガーを主演に迎...
(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production, corazon international GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • TaulNcCar
    『女は二度決断する』鑑賞。テロで家族を失った主人公に寄り添い描くある顛末。ダイアン・クルーガーの悲しみと憎しみを彷徨うその美しい顔付きが映画を支配。彼女がカッコ良過ぎ、作劇が上手く面白過ぎて社会劇とすると違和感を覚える程だ。結末は答えでなく知り考えるためのメッセージととりたい。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【女は二度決断する】何度か絶望を味わうカティヤに吸い付く様に寄り添う描写は観るものを片時も離さぬ。彼女の決断を窺わせる場面も何度かあるが、最後の着地は展開上威力に欠け結局何が言いたかったのかと考えてしまうほど凡庸に映った。 #映画
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『女は二度決断する』②熱演なんて言葉では収まらない。当事者として、そこに存在するD.クルーガーに圧倒される。憎しみと恐怖が蔓延し、連鎖するこの世界には「その場所」は無いかもしれない。それでも・・・と、F.アキン監督が希望を示す。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『女は二度決断する』①最愛の家族を理不尽に奪われる1人の女性。悲しくて、悔しくて、それでも顔を上げ闘う。上告を諦め、新たな幸せを見つけ、母となる事を諦め、残された人間性と戻らない日々の思い出を胸に復讐のその先へ踏み出すカティヤ。
    いいね

    良い
  • normanaddiction
    『女は二度決断する』 ダイアン登壇の先行プレミアで鑑賞。 ダイアンの演技は情熱的です。観終わった後、決して清々しい気持ちにはなりません。悲惨なテロ事件を社会に伝えるメッセージ性のある作品で、凄く心にズシンときました。
    いいね

    良い
  • 1sugar9
    『女は二度決断する』2018.4.4 Filmarks試写会 東京ドイツ文化センター 気が付いたら手を強く握りしめてて震えてくる程だった。時間配分とかカメラワーク、一つ一つも無駄がない。 試写会終了後のトークショー面白かった。
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『女は二度決断する』最愛の人の命を奪われ、悲しくて悲しくて。 裁判では悔しくて、どうしようもない気持ちの女性をダイアン・クルーガーは演じてる。彼女の行動にエールをおくりたい。
    いいね

    良い
  • nozawa_gekijo
    『女は二度決断する』圧巻ダイアン・クルーガー。決断の悲壮。覚悟。その二度。ネオナチテロ。事実から着想を得た先の深い哀しみ。折れた心は二度と治らない。想いを遂げて、想いを遂げる。彼女は今、愛する者と浜辺でにこやかに笑っているんだろう。
    いいね

    良い
  • 624ken
    東京ドイツ文化センターで『女は二度決断する』試写会鑑賞。突如家族を奪われた女性。移民やら人種とか根強い問題を感じますね。裁判は腹立たしいかぎりだね。ダイアン・クルーガーさん、力強い女性を熱演してて素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • PUJ920219
    人種差別&移民排斥を掲げるネオナチに家族を奪われた女性の復讐譚…と単純にはくくれない。実はその意識は一般人にも根付いているという実態が一番怖い。それは女性の「二度目の決断」を持ってしても消えないのかも。終始天候がぐずつく1~2章に対し、快晴シーンで構成される最終章が余計重く映る。
    いいね

    良い
  • maimaiglitter
    『女は二度決断する』ダイアンが熱演で、手に取るほど感情の辛さが伝わってきた。誰に向けてよいのかわからない怒りを持ちながら映画を観ていた。あっという間に終わってしまい、色々考えさせられた。カティヤの決断を、多くのかたに観てほしいです。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『女は二度決断する』一瞬で絶望が訪れた時、人はどうなってしまうのか?一人の女性が理不尽すぎる現実に立ち向かう強さと自暴自棄に陥いる弱さをダイアンさんの熱演で見せてくれた。引き込まれる展開の後の余韻が当分残ります。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『女は二度決断する』先行プレミア上映会@ HTC渋谷♪この決断こそハッピーエンドなんじゃないかなと思いたい。これは予告が面白かったから観るのを決めてたんだけど、予告の内容すら知らない方が俄然楽しめる作品だったよ…(>_<)
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『女は二度決断する』極右団体に全てを奪われたカティヤ。そこから彼女の報復がはじまる。ヨーロッパの多くの地域が右傾化し「外国人排斥」の動きが強まる中、誰もが外国人になる可能性があり、彼らの主張が破綻していることをこの映画は証明する
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『女は二度決断する』 問題作。これは見た人で話し合わなくてはいけないタイプの作品ですね F・アキンは切り口違えど家族の物語が多い。今回もそうでした。今の欧州や独の国内の暗黒面を正面から捉えた中々勇気あるなと思いました。日本だと国内の闇と対峙する作品中々出てこないと思いますので
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • kazuhiro_uraga
    『女は二度決断する』法廷劇のような展開になるけど、この作品もミステリっぽくはなかった。実際のテロ事件に対する義憤によって作られた映画のように思う。ラストはなかなか衝撃的。こんな終わり方をするとは思わなかった、という意味ではこれも一種のサプライズエンディングか。
    いいね

    良い
  • togeari
    「女は二度決断する」重い(法廷シーンなど緊迫感があり楽しめるが)。最後のネオナチの女の何かを察知したかのような表情。ダイアン・クルーガーの悲しみに満ちた眼に向かって、心の中で私は「止めろ、止めるんだ」と叫んだ。燃え上がる松が憎しみの連鎖を不吉に暗示する。正義とは何なのだろうか。
    いいね
  • masak11ch1
    女は二度決断するミオワタ‼お母さん…それは切ないのです…( ノД`)…。決断迄の描きかたが丁寧なので納得させられるんだけど、丁寧で有るが故に追い詰められてる様にも見える。ifも二箇所しか見えない念入りさ…ゥーァー…( ;∀;)
    いいね
  • Mt9999G
    「ウィンストン・チャーチル」と「女は二度決断する」鑑賞。 どちらもよく出来た映画。 前者はNHKの「映像の世紀」以来、興味をもっている題材で、伝記映画としても政治劇としても最高に楽しめた。 後者はラストで納得感は目減りしたけど、法廷劇として秀作だと思った。
    いいね
  • hage_365
    今日は午前中に「女は二度決断する」を鑑賞。強い女性の悲しい物語。移民と極右という“いま”の問題がテーマ。ハラハラドキドキしつつ最後は……。良い映画だった
    いいね
    もっと見る Loading...