TOP >作品データベース >羊と鋼の森

羊と鋼の森

みんなの感想/評価
「羊と鋼の森」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
80%
  • 良い
    28
  • 普通
    6
  • 残念
    1
総ツイート数
4,554
ポジティブ指数91
公開日
2018/6/8
配給
東宝
上映時間
134分
解説/あらすじ
ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。将来の夢もなく生きていた外村は、高校でピアノ調律師の板鳥と出会い、板鳥の調律したピ...
(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • takajan72
    『羊と鋼の森』お薦めです!観ていると心が静まり、そのまま余韻へ導かれます。ピアノと森の繋がり、草原に群れる羊までイメージできました。笑いを取ったり恋愛を期待させたりせず、音と無音の世界にマインドフルネスできる森のように深い作品です。
    いいね

    良い
  • ponchansss
    『羊と鋼の森』映像の美しさや人々の優しさが心に沁み入る。キャストが素晴らしい。特に三浦友和氏は、大人としてこうあるべきという姿を見せている。先輩から後輩へ。その想いが引き継がれることに感動。演奏者を支える調律師は単なる裏方ではない。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『羊と鋼の森』人生でふと出会ってしまう事象には無限の可能性が秘められている。それを守るには覚悟が必要だが、同じ感覚を持つ人々の中で育つことも大事で…人が優しくあらねばならない理由もふと考える。音と沈黙の存在感、山崎賢人も良かった。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『羊と鋼の森』@ 109箕面観。原作知らず。音と淡やかで静謐な画。楽才は全く無い手前でも解ったかのように調律前後の音を気が付けば目を瞑ってを聴き比べていた。出来れば雑音を立てない音響良い環境観が望ましい作品。予告で流れてたあの”音”は正直寒気がして凛となった…『ちはやふる』面子!
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『羊と鋼の森』『ピアノの森』を想起させるタイトルだけど、これは若い調律師の物語。わずかな雑音すら立てるのが憚れる、『リズと青い鳥』並に緊張を強いられる映画でした。ただ糞耳のせいか調律前後の音の違いがわからなかったのが悔しい。悪くないけど成長物語としてはやや物足りないか。
    いいね

    普通
  • nagasumi_hasi20
    『羊と鋼の森』笑いの無いとても真面目なお話だった。ピアノの音を出すのは弾く人だけではなかったのね。 音も映像もきれいな作品でした。
    いいね

    良い
  • ruruo
    『羊と鋼の森』うわー、こんなにいいと思ってなかった。またしても机くんこと森永悠希が反則技を繰り出してきてオイオイ泣いてしまった。・゜・(ノД`)・゜・。
    いいね

    良い
  • nami__hana
    『羊と鋼の森』原民喜は、詩人的な作家。なるほどあんな言葉があったのか!
    いいね

    良い
  • nami__hana
    『羊と鋼の森』山崎賢人は、こういう無表情の役があっている。板鳥さんの言葉、いちいちメモしたい。辻井伸行のピアノのタッチは、妖精が舞っているよう。森の中でなら生きていけそうな気がする。じわじわ沁みる言葉の数々。
    いいね

    良い
  • iChiCo_7
    『羊と鋼の森』試写会にて 期待してたよりずっとずっとよかったです 音と光がとてもいい はじける、おどる、届く!って感じ 夢描くって素敵!ってなる とてもいい映画でした
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『羊と鋼の森』試写@東宝試写室♪すごく良かった!映像も美しいし曲の余韻も心地いいんだけど、何よりも迷いや苦悩、想いもひっくるめて人生を目と耳で感じれるというか、とにかく好きなやつだった。また山崎賢人かよ…と観ないのはもったいないよ。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『羊と鋼の森』一人の青年が真摯にピアノ調律と向き合う姿。凛として美しい!故郷の森の気高い空気感とピアノ調律が連動。彼の回りの人々も真剣に生きて清々しい!近年稀な凛とした映画!ピアノ演奏も素晴らしく音響効果を考えた場所で鑑賞をお勧め。
    いいね

    良い
  • masala0517
    『羊と鋼の森』原作未読で判らないが抽象的表現の多い物語を手堅くまとめた印象だ。山崎賢人は「四月は君の嘘」で天才ピアニストだったのが、本作では調律師と対の関係で面白い。うるさい邦画が多い中これだけ「無音」に拘った作品は近年ないだろう。
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『羊と鋼の森』原作の静謐な雰囲気をうまく映像化している。逆光を活かした柔らかい映像、調律時に鳴らされるポンというピアノの単音の余韻、そして、森の匂いまでもが画面から漂ってくるかのよう。北海道の景色がまた、詩情豊かに心に染み込む。
    いいね

    良い
  • yousan330
    『羊と鋼の森』 ピアノのことを知らなくても丁寧に描いているので問題なし。調律師もピアニストも大変な仕事である。音響の良い環境で見ていただきたい作品。 #eiga
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『羊と鋼の森』試写。象徴的なシーンを映像で表現するのは難しかっただろうと思う。調律師を必要とし、時に「借り物」を使うピアノは特別な楽器。演奏家と調律師は一心同体でなければならない。文字通り心の琴線に触れる音を生み出すため、調律師は人の心が分かる者にのみ許される職種だと思った。
    いいね

    良い
  • shimi_watari
    映画「羊と鋼の森」観てきた。儚い自然風景、山崎賢人の透明な瞳、澄んだピアノの音色という私が弱いもの3つ揃ってて震えたわ… ラストのテーマ曲が、曲だけで泣かせてきてやばかった 仲里依紗だけを除いて全部よかった
    いいね
  • sailor_sata
    羊と鋼の森 観に行った🎬 専門の時の事をやや思い出してあぁああああああぁあとなった。映画自体は面白かった
    いいね
  • MihoShimizu1203
    「羊と鋼の森」 この映画、とても良かった!この映画を見て改めてピアノの素晴らしさに気づけた気がするの✨ピアノは、やっぱり嫌いになんかなれませんね😂 ピアノの事が好きな人は、是非とも見て欲しい😭
    いいね
  • s_couronne
    羊と鋼の森、めっちゃよかった…原作未読だけど作品の空気感と感覚の表現がすごく好きだった。音楽も久石譲だし、ピアノの森が好きな人にはとてもおすすめできる。わたしも鈴木亮平みたいな先輩と三浦友和みたいな尊敬できる上司がほしい
    いいね
    もっと見る Loading...